2015年11月20日 (金)

伊東線全線開通77周年記念

 久し振りのブログです。伊東線が全線開通して今年で77年、人間で言えば㐂寿(喜寿)にあたります。SINCE1938昭和13年12月15日に熱海伊東間が全線開通して東海道線と繋がったのですから伊豆観光の夜明けでもあった訳です。その年に生まれた伊東高校卒業生の有志から相談を持ちかけられたのが今年の6月初旬でした。早速、77歳のお仲間の会名を「伊東線全線開通に生まれた㐂寿の会」としました。全通70周年の歳に彼たちで写真展を開催した実績があるので歴史的背骨は整っています。事務局を仰せ付かった私は、6/26第1回会議までに約10項目の企画案と協賛&協力要請案を作り提案し、以後10回余の打ち合わせを経て現在に漕ぎ着けたところです。先ず伊東線全線開通77周年記念ロゴマーク公募です。23名と1団体から38点の応募を頂き、市内岡の大門さんを最優秀に選んで缶バッヂを制作しています。このロゴは77周年の象徴なので、ポスターやチラシにデンと位置付かせています。

Photo   Dsc05617 Dsc05621 Dsc05619 記念事業は12/15(火)の「伊東線㐂寿歴史ウォーク」から始まります。宇佐美駅から伊東駅、そして懐古写真展会場商工会議所までのおよそ3時間を伊東自然歴史案内人がサポートして下さいます。同日から19日までは伊東商工会議所ロビーにて「伊東線㐂寿懐古写真展」を開催します。全線開通までの厳しい道のりや当時を思い起こす写真が約100点展示されます。もしかしてお知り合いの方に出会えるかも知れません。同様の日程で「伊東線㐂寿お湯かけ七福神スタンプラリー」も開催します。湯の花通りの七福神で7つ、懐古写真展で77周年記念スタンプを押して8つ集めると伊東線全線開通77周年記念缶バッヂをプレゼントします。(缶バッヂは先着300名様に限らせて頂きます)

 そして、19日(土)は駅前広場で記念式典を開催します。この日のために伊東のシンガーソングライター島田すがこさんに作詞作曲を依頼した「伊東線物語」を発表します。勿論振り付けは清美ジャズダンススクールの岡崎清美さん、歌って踊るのは御当地アイドルユニット「スパッチャITO」の皆さんです。そして、駅裏ではJRによる77周年地域ふれあいフェスタが始まります。記念お座敷列車に伊豆急100系電車の展示等々興味深い体験と「伊東線物語」ライブが盛り上げる予定です。皆さん是非お越しになってください。

 「伊東線全線開通に生まれた㐂寿の会」77歳のオールドパワー全開で当日に向かって張り切っています。

 一般的には77歳の祝いを喜寿と書きますが、あえて喜を㐂に変えました。それは77歳と77周年、7にこだわったからです。七福神も7・・・ラッキーセブン良いことありそう~。

2015年8月 9日 (日)

第165回東海館みがき隊

 8/3(月) 朝からの厳しい暑さにもかかわらず、福田隊長以下、竹内、仲田、稲葉、堀、手老、佐藤、里見、杉山、横尾、渡辺の各隊員に伊東高校定時制青野教諭、県立特別支援学校伊豆高原分校バレー部生徒6名、教諭3名、そして私と私の後継者青木の23名が集結し、第165回東海館みがき隊の始まりです。生徒それぞれに複数の隊員が指導係を受け持つのですが、あれこれ面倒をみる隊員達の笑顔は孫を見る爺婆の眼差しそのものです。丁寧で一所懸命な生徒達の玉の汗が、故郷の宝物を輝かせます。特に今回は授業としてではなく、自主参加による有志でもあり、取り組みへの意欲がひしひしと伝わってきました。また、伊高定時制の青野教諭は、数ある貢献活動の中から東海館みがき隊を選んでの参加とのこと、嬉しいかぎりです。地域活動に対する学校の方針とのことですが、伊東を知る・人を知る課外授業として素晴らしいことです。これもまた感動ものです。更には、23名の熱中症対策に冷たいお水を御用意下さった東海館のホスピタリティにも大いに感謝するところです。

Dsc05454  Dsc05455  Dsc05456  Dsc05457  Dsc05458  Dsc05465  Dsc05462  Dsc05466  Dsc05472  観光も教育も、表舞台の裏側にある地道な下支えの精神と行動があってこそ、次世代へ繋ぐ架け橋になるのです。終礼は恒例の感想発表です。純真な生徒達が伝える身振り手振りの言葉は、今日を共有した23名の心に響く感動の時間となりました。次回は9/7まだ暑いぞ!

2015年7月 9日 (木)

第164回東海館みがき隊

 平成27年7/6(月)梅雨と台風の余波であいにくの悪天候、福田隊長以下、鈴木、稲葉、堀、手老、佐藤、里見、菊間、杉山、平田、横尾そして私の雨にも風にも負けない12隊員が第164回みがき隊です。朝礼の際に、92才高齢の母のこと、介護が真っ直中の義父母のことなど、市議としての責務を全う出来ないだろう今後を考え、9月29日の任期を以て退くことをお伝えしました。が、20年以上している多様なまちづくり活動やみがき隊活動を継続することは言うまでもありません。相変わらずのお付き合いをお願いする次第です。

Dsc05433 Dsc05434 Dsc05437 Dsc05441 Dsc05445 
Dsc05449_2  さて、窓ガラスに吹き付ける雨のため、廊下と畳の集中磨きとの隊長指令です。昨日開催された60回目のタライ乗り競争も雨中の熱戦でした。関係者や見物客で東海館への出入りが多い時は汚れが際立ちます。雑巾は、みるみる黒くなり、埃が毛糸のようにこびり付いてきます。望楼は鈴木隊員の一人舞台、ご苦労様です。手老隊員持参のエコキャップは雨のためユニーの駐車場に移動して積み替えました。次回は真夏8/3です。城校の特別支援校バレー部有志が参加するとのこと!張り切りましょう。

2015年6月 6日 (土)

エコキャップ第9回搬出520㎏

 6/4(木)第8回の搬出から南熱海の伊豆総業様の協力を戴き、キャップのストック管理や搬出搬入の作業など、活動の利便性が大きく進化した温銭エコキャップ事業の第9回搬出を行いました。我が家の車庫にある200㎏のストックバッグ3個が満タンです。朝から2トントラックに積み込み沼津のミナミ金属KKに搬入しました。このエコキャップはチップにされて横浜の非営利活動法人Reライフスタイルに納入することになります。

Dsc05414 Dsc05417 Dsc05423 今回の総重量は520㎏でキャップ数が223600個です。ポリオワクチンは860個で一人分ですから260人分となりました。累計では1844300個、ワクチンは2251人分です。皆さんの協力のたまものが、途上国の子ども達の命を守る運動となるのですから地道に進めてまいります。勿論、ゴミを分別する一人ひとりの意識と実行が活動の底辺にあることを忘れてはいけません。

2015年6月 2日 (火)

第163回東海館みがき隊

 6/1(月)真夏のような暑さの中、福田隊長以下、頭部負傷の竹内、仲田、鈴木、稲葉、戸塚、堀、エコキャップ手老、佐藤、里見、菊間、杉山の各隊員にベテランの古瀬&加藤隊員が加わり、第163回東海館みがき隊は15名が集結です。佐藤隊員は、みがき始めて苦節?1年の記念回・・と感慨深げです。とにかく楽しみなのだそうです。私が思うところ、堅苦しい使命感や、やってるぞ!!感が無い自由で自然な活動が「東海館みがき隊」の魅力なのです。ちょっと自画自賛が過ぎますか?
Dsc05361 Dsc05365 Dsc05369 Dsc05378 Dsc05380 Dsc05401 Dsc05400 Dsc05405 Dsc05411  さて、掃除する中で行き届かない場面も多々あります。擦れ落ちた壁材が雑巾では拭き取りにくいのです。掃除機が良いのですが、電源や機能性で不都合だし、時代の生き証人を扱うのにはデリカシィさに欠けそうです。ハンディタイプの充電掃除機ならば解決できるかも・・今後の課題として検討することにしました。翻って、浪漫日記のスケッチも150枚を越えると描くネタが尽きて四苦八苦です。何度かチャレンジしたお風呂の湯口「唐獅子」の写真を撮っていると、山下館長が電灯を点けてくれました。果たして御親切に報いるスケッチになったでしょうか?次回は7/6です。暑いですね!!

第6回伊東温泉寄席/菊千代☆伊東会

 5/10(日)老舗の旅館「山喜」で恒例の伊東温泉寄席を開催しました。落語会初の女性真打ち古今亭菊千代師匠を迎えて6回目を迎えました。

Dsc05329 Dsc05331 Dsc05335 Dsc05341 Dsc05351 菊千代師匠は、噺家30周年を迎えて益々円熟味が増してきました。いや、決してお歳が円熟されたと言うことではありません。伊東会会員30名に一般客20名がすっかり楽しませて頂きました。また、寄席終了後の懇親会も、師匠と膝を交えて大盛り上がりです。最近は、伊東温泉情緒とマッチングする伝統文化を来客へのサービスとして提供する旅館もちらほらです。インバウンドも目に着く昨今ですが、先ずは日本人が日本文化を楽しむ場づくりが大切です。また、来年の5月開催に向かって着々と準備を進めて参ります。
 

2015年5月 5日 (火)

第162回東海館みがき隊

 5/4(月)GW真っ最中、二階中広間ではお菓子体験、案内人会も館内ガイドツアーで大忙しです。第162回東海館みがき隊は、久し振りの茅ヶ崎隊加藤&杉村隊員がパフォーマー長野&メディア藤原を帯同し4名、汗の会は片山以下布施家族4名、角田夫妻、田村そして斉藤の計9名に福田隊長以下竹内、仲田、鈴木、稲葉、堀、手老、佐藤、里見のみがき隊に私の合計23名が参集です。大型連休の中、大勢の協力に感謝しつつ文化みがきが始まりました。

Dsc05316 Dsc05321 Dsc05323 Dsc05324 来館者から観た我々は東海館の一部です。おはようございます、いらっしゃいませ、ありがとうございます・・・挨拶は心地良いおもてなしです。ここから伊東の印象が始まるのです。地方創生は地元の「やる気」で決まります。伊豆半島ジオパーク世界認定や韮山反射炉世界文化遺産も目前の今、全国各地で「おらが街の宝物」競争が熾烈です。しかし物の価値は、取り巻く環境、とりわけ関わる人々の熱意と行動、温かな心持ちと相俟ってこそ評価されるものと思うのです。お金を出す人、知恵を出す人、汗水流す人、民・官・産・学・金(金融)それぞれの出来ることを示し合うことで地域力が発揮されると思っています。終了後、茅ヶ崎隊といつものイタリアンを堪能します。彼らにとっては、既に「伊東の味」になっているようです。今回はまさに、市内外&老若男女織り交ぜての伊東創生に感謝申し上げます。

2015年4月10日 (金)

三浦按針観桜会in横須賀

 4/8(水)みぞれ交じりの寒い雨の中、「伊東小室桜を育てる会」萩原会長と共に横須賀市の三浦按針観桜会に伺いました。前日の第3回按針サミットに引き続き、佃市長も鳥居議長も列席されています。実は、私達の本番は、観桜祭終了後、三浦按針菩提寺である浄土寺様での「按針が紡ぐ伊東・横須賀市民交流の樹」事業なのです。昨年の第2回按針サミットin伊東の際に御講演賜った浄土寺の逸見道郎住職とお約束した伊東小室桜植樹の記念式なのです。4月の植樹では根付きに支障があることから、去る2月6日に伺い、事前に植樹しておいた伊東小室桜のプレートを作り、「日本初の洋式帆船建造410周年記念」として贈呈・設置しました。また、第4回按針サミット開催の大分県臼杵、中野市長とも伊東小室桜の植樹を約束出来たことは大きな収穫です。

Dsc05230 Dsc05237 Dsc05250 Dsc05251 Dsc05256 Dsc05257 浄土寺様の御用意下さった「按針の昼食会」は、茶室での歓迎の一服からホスピタリティ溢れるもので、按針所以の地場食材を御住職婦人の手料理によって美味しく、心地良く頂きました。私は、茶道創偏流を少しだけ習ったことがあるので、狸筆庵(按針が乗っていたリーフデ号と読みが同じ)の意匠や按針に由来の茶器、お菓子、菓子盆など、一連の心遣いが御馳走となりました。按針の繋いだ赤い糸が、4市の交流を深め、連携した歴史文化を更に深めることを期待し、その末席で関わらせて頂く幸運に感謝するものです。関係の皆様に御礼申し上げます。

第161回東海館みがき隊 

 4/6(月)激戦の県議会選挙の中を縫って第161回東海館みがき隊へ参加しました。車は、商工会議所の御厚意で止めさせて頂くようになり、大変助かっています。松川遊歩道のソメイヨシノ満開の中、福田隊長を先頭に竹内・鈴木・仲田・戸塚・稲葉・堀・佐藤・里見・杉山・渡辺・横尾の各隊員に私の13名が参集です。大広間では、端午の節句までを繋ぐようにお雛様達が華やかに来館の方々を歓迎しています。山下館長のお話では、来館者数も順調で、観光の賑わいが戻ってきてる・・・との嬉しいものでした。来館者数増と汚れ度は正比例するようで、雑巾の濯ぎ数が増えるほど伊東の観光経済は活況を呈すことになるのです。

Dsc05218 Dsc05221 Dsc05226 東海館は、2020年東京オリンピック&パラリンピックを見据えたインバウンド政策に、伊東のランドマークとして更なる重責を担う訳ですから、郷土の宝として多様な「おもてなし」が求められます。具体的な施策提案を示し、予算の上乗せが必要と考えるところです。さて、人口減少や少子高齢化が大きな課題となっている昨今、みがき隊の皆さんも、初期から紐解くと随分変わったな~と思うのですが、コンスタントで円滑な入れ替え?が自然循環となって平均参加者数も若干ですが右肩上がりです(平均年齢はどうかな?)。郷土文化への関心が、楽しく貢献できる着地型活動として「東海館みがき隊」が位置付いているのでしょうか?有り難いことです。相変わらずの活動です。皆で楽しく磨きましょう。

2015年3月26日 (木)

「伊東アンテナショップ」in勝どき

 3/24(火)伊東市が企画しているアンテナショップの現場視察に会派有志で訪ねました。「フーダーズショップ勝どき」内の設置スペースを確認し、担当から施設のコンセプトと周辺状況、今後の展望に対する説明を頂きました。天にそびえる巨大なマンションが林立し、今も大きなクレーンが起動して建設の息吹が伝わって来ます。新世代富裕層が息づく勝どきから郷土伊東の発信が機能すれば、ひと・もの・しごとの伊東流入の大きな起爆剤になる筈です。斬新で興味をそそる運用の仕方に期待をするところです。

Dsc05168 Dsc05173 Dsc05176 Dsc05177  Dsc05172Dsc05191 Dsc05194 Dsc05204  Dsc05201

 次ぎに「築地にっぽん漁港市場・網代定置網」を訪ねました。網代水揚げの魚を早朝に運び込んでの販売宣伝拠点です。伊豆半島の魚介で東京や関東周辺住民の舌をうならせたいものです。更に有楽町の東京交通会館地階にある静岡県観光案内所です。県内各地のお茶をメインに東・中・西の観光商品や情報を配信する出城です。ここでは県内お好みのお茶とお菓子を選んで頂き、400円で提供しています。伊東のぐり茶とお菓子が無かったのは寂しい気がしました。改めて感じることは、市県の情報交換をもっともっと密にしなければ成果や効果は生まれません。出店するだけではもったいないことです。活用への創知協働が必要です。

«国際交流フェス&伊東ジオセンターオープン

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30