« 第1回西島あきら市政報告会 | トップページ | 温銭+教育+観光 »

2006年5月31日 (水)

松原御船歌保存会・祐親まつり奉納舞台

 5/28(日)第31回「祐親まつり」水上舞台での御船歌御奉納である。実は昨日から降り続く雨に心配をしていた。午前中は公務として、ゴミゼロクリーン作戦に出陣予定だったのだが、中止になってしまう。自身が推進する地域エコ通貨「温銭」運営委員会としても協賛の中、温銭の使える事業所メニューに100温銭を添付して1200部を作成していたのだ。参加者全員に配る予定だったのに、とにかく残念の一言である。

 お昼近くに藤の広場へ出向く。NPO法人まちこん伊東の同志が、この祭りへ協賛出店してコーヒーやレモンを販売している。また、役員をしている伊東ミュージカル劇団の公演もあるので、団員を激励し舞台準備を手伝うことにした。400年前、伊東で日本初の洋式帆船ヴェンツェーラ号を造船したウィリアム・アダムスこと三浦按針の物語「青い目のサムライ」を演じた。子供達は、歌や踊りの先生達のレッスンを小さな体に受け止めて、立派なステージをつとめ上げた。大喝采である。その後、伊東祐親を顕彰するセレモニーへ市議として参加し、いよいよ御船歌奉納舞台が近づいてきた。

 久しぶりに着物に手を通すと気持ちが引き締まる。保存会揃いの袢纏を羽織り東海館へ向かう。水上舞台の出待ちは「鏡の間」である。水面に勇姿を映し心を整えることからの命名であろう。いよいよ出番だ!!松原神社杉本宮司を先頭に、あげ歌三名・がわ歌十名、そして御船歌「初春」と「八幡丸」の紹介役の私が位置付いた。風の流れをマイクが拾っている。ゴーゴーと音が耳に当たってくる。心を落ち着けて曲紹介に入った。

 最初の曲は、「初春」でございます。この歌は、激しい戦の中で、武勲、功を成し、やがて戦を納め、心のなごみを取り戻す時の移ろいが、四季の彩りになぞられて歌われた御船歌でございます。この御船歌は、松原神社秋期例祭におきまして、神社から御輿が発御するにあたり、最初に奉納する御船歌です。

 あら~めで~たいな~・・・・・・・・とあげ歌が入り、がわ歌と声を合わせる。出だしは上々、風に流されずに最後まで歌い上げた。次は「八幡丸」だ。一段と力が入る。

 万葉から江戸の世に連綿と伝わる、伊豆の造船にかかわる海人の思いが歌われております。400年前、家康の命を受け、この松川に注ぐ唐人川の河口で日本初の洋式帆船「按針丸」が建造されました。そして、その26年後、家光が乗船したとも言われる巨大軍船「安宅丸」の新造にも至った歴史ロマンでございます。松原は、八幡山に生い茂る楠で建造された戦船「八幡丸」の戦勝と航海への安全を、船内に祀る「船玉神社」の船神様に、海人の思いを祈願する様が歌われてります。この御船歌は、松原秋期例祭におきまして、海上渡御の際、松原海岸に祀られております海津美神社を御輿が発御するにあたり、御奉納申し上げる御船歌でございます。

 先にも増して、力強い「八幡丸」が14名の特訓の成果として、神々しい抑揚をもって歌いあげられた。観客席の真ん中に座した「御船歌師」山本義治師匠の満足そうな顔が印象的であった。一つの目的の為に、大の大人が素直に一つになれた意義深い奉納舞台であった。やり遂げた同志それぞれは、松原御船歌保存会の先行きに新たな意欲をかり立たせたに違いない。

20060611190212_edited (後列左端しが私です)

« 第1回西島あきら市政報告会 | トップページ | 温銭+教育+観光 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/2012947

この記事へのトラックバック一覧です: 松原御船歌保存会・祐親まつり奉納舞台:

« 第1回西島あきら市政報告会 | トップページ | 温銭+教育+観光 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30