« 東海館「孔雀の間」修復 | トップページ | 山形視察 »

2006年7月29日 (土)

湯布院と伊東

 旧湯布院町が作成した「建築環境デザインガイドブック」を手に入れた。以前から興味をそそられる町であり、住民の郷土を守る活動に心揺すられる思いがあった。そんな折、静岡県の職員でありながら、2年間湯布院温泉環境協会&旅館組合の事務局長を勤め上げた溝口氏との出会いを得た。NHK朝ドラ「風の遙か」でもおなじみの町・人の姿は現実のようである。そこで「旧湯布院町に学ぶ、伊東に見合ったまちづくりのヒントを!」と題したシンポジウムを開催することになった。主催は松川周辺まちづくり推進協議会である。

20060701154656 (当日の新聞報道)「2006-07-01-1546-56.jpg」をダウンロード

  当然私もこの推進協議会のメンバーである。同志を含めて50名の参加者は、会場の東海館二階中広間は目一杯である。私たちの活動よりも湯布院のネームバリューに助けられた思いだ。結局、ふる里を愛する心が人を動かし、街を動かす。ここでも素敵な馬鹿者達が存在するのだ。一方、我々協議会も松川周辺の希望の姿を模索し形に示そうと住民主導・行政協働の中で地道な活動を進めている。

Img_0668 (分かりやすい模型提案)

 シンポ終了後、溝口氏を囲み約20名が打ち上げである。それぞれの名調子による一分間自己紹介の中、呑む・飲む・のむ・喰う・・・が続いていく。市民活動家、行政マン、建築士・街の親父・人の母等々・・様々な生活観の言葉が飛び交い、伊東の街のあり方をシャッフルさせる。時計はとっくにてっぺんを過ぎた。今晩は我が家が宿となる。結局他に二名が加わり酒盛りの再開であった。

Img_0701 (絶好調の面々!!)

« 東海館「孔雀の間」修復 | トップページ | 山形視察 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/2847703

この記事へのトラックバック一覧です: 湯布院と伊東:

« 東海館「孔雀の間」修復 | トップページ | 山形視察 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30