« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

ビッグ・ワン・パーティin伊東

 2/25(日)ビッグワンパーティは寒かった!!そんなことを言っていると茨城・埼玉・東京・浜松等々遠路来てくださった皆さんに申し訳ない。何と約200頭の大型犬と300人の愛犬家で城星市民グランドはにぎやかだ。

Img_1091 Img_1084

大きな犬ほど穏やかである。躾けもしっかり出来ている。Img_1103

今時の若者に見習って欲しいものだと思ってしまう。

グランドでは椅子取りゲームが始まった。音楽が終わった瞬間にお座りをさせ、飼い主が椅子に掛けると次ぎに進むことができる。だんだん椅子が少なくなって取り合いも厳しい!しかし、お利口な犬たちだ。

Img_1105 Img_1104

Img_1107 犬の美容院施術中!

はい!できあがり。綺麗になりましたでしょ?

Img_1108 青いリボンを選んだことは、男の子かな?

Img_1109 ダルメシアンは見物です。

今度は着せ替えゲームです。

Img_1110 Img_1112           

Img_1111 やっとの思いで着たのですが、体が大きすぎて入りません。

富士山も祝福して、真っ白な山体をのぞかせています。

Img_1098 風光明媚で自然たっぷりの伊東は、ペットと愛犬家のパラダイスですよ!来年も企画しますので、チョコチョコ遊びにきてください。観光の新しい提案として、ずっと続けていこうと思っています。

しずおか町並みゼミin伊東

 2/17(土)18(日)、数日間の好天が嘘のように、寒さと雨の伊東開催になった。第3回しずおか町並みゼミに参集くださった「まちづくり馬鹿」(失礼)はおよそ110人となった。

Img_1068 始めに写真家の田畑氏による伊東の町並みや文化財の紹介と共に、説明が行われた。皆さんの大脳にインプットしていただいてから昼食をとった。伊東の伝統的祭り寿司「箱ずし」に舌鼓を打ち、早速町歩きにはいった。Img_1069

 伊東自然歴史案内人会の方々の協力を得て、9グループに分かれて案内を受ける。ここ温泉・文化施設「東海館」は、伊東市の指定文化財だ。

 およそ90分で、旧家、石碑、モニュメント、足湯、遊歩道、神社、築城石等々、伊東の文化に触れながら成果を集約する会場「山喜旅館」に戻った。ここも昭和15年竣工の歴史的木造三階建旅館なのだ。

Img_1070  各グループごとにテーマを決めて模造紙に構成していく。それぞれの意見や思いは様々で、発表するリーダーはまとめるのに大変だ。我がグループの名前は「天城」だった。最初に決めたことは発表者だった。発表者が発表し易い聞き取りやまとめをすることが大事と考えたからだ。案の定、高校教師の新井さんは、心地よい発表をしてくれた。

Img_1073  夜が明けての朝食風景である。昨夜の夜なべ談義に口角泡を飛ばした人達の顔色は悪い。地場名産の鯵の干物が美味そうに焼けている。少々もったいなく思ったが、お土産に買っていけば経済効果が増幅する。期待をするところだ。さぁ、雨の中の町歩きが始まった。

Img_1078 Img_1075

明治の頃、ロシアの無敵艦隊バルチックを撃破した日本艦隊の東郷平八郎元帥の別荘で興味深いお話しを聞いた。書やプロペラ材でできたオール、掛け流しのタイル張りのお風呂等々、観て聞いて情報満載である。

次は、木下杢太郎記念館だ。郷土が生んだ偉人は、医師であり、文人であり、画家であり、数々の才能をいかんなく後世に残した伊東のレオナルド・ダ・ビンチなのだ。

Img_1079 Img_1080

Img_1083 雄弁な渡辺先生の解説は流れるせせらぎのようだ。生い立ちから学生時代、医学時代、文を書き絵を描いた一生を懇切丁寧にお話ししてくださった。芥川・漱石・与謝野鉄幹・北原白秋等々すごいビッグネームが次々に語られていく。

Img_1074  最後の会場は、伊東市民活動支援センターpalである。各団体や個人が感じた伊東や、今後の町並みゼミへの思いや感動を述べてくれた。

何よりも、遠路山梨、浜松、東京や静岡県内からご足労頂いた皆さんに感謝である。伊東は気に入ってくれたのか?是非また来て欲しいと思う。松川周辺まちづくり推進協議会の総力を結集したイベントが終わった。疲れた!!!

2007年2月13日 (火)

伊東ミュージカル劇団第2回アトリエ公演

 2/11 「さぁ、夢と冒険の世界へ」伊東ミュージカル劇団第2回アトリエ公演の開演だ。

Index109

 急きょ頼まれて仕上げた講演のポスターである。本当はもう一枚描いたのだけど、余りに眠くて彩色しなかった。当然ミュージカル劇団の担当に渡ったのは、この一枚である。

 第一部は、ミュージカル ピノキオ

会場は補助椅子を出すほどの大入りだ!緞帳の隙間からのぞき見して一安心した。

Index015 Index014_1 メイク、ヘアの準備もできた。衣装も着けた。さぁ始まりだ。

Index033 Index068

 

 ゲネプロから、今朝のリハーサルを思うと心配で仕方なかった。でも、子供達は乗りに乗って想像以上の舞台を創り上げた。大したものだ!!

 私は、ヘアの仕上げにてんてこ舞い!一部が終わって15分の幕間にヘアチェンジとなる。今度はドリームディズニーメドレーのダンスステージだ。

Index073 ミッキーマウスが登場してディズニーメロディーに乗せたダンスで仲間達を紹介していく。

こぎみよいダンスはとても気持ちがよい!

Index074 Index087

第1部に出演した子供達は、切り替えが早い。今度の自分の役柄になりきってしまう。大したものだ!!

Index104 Index106

あっと言う間のダンスステージだった。それくらいテンポが良く、リズムに引き込まれた20分だった。

Index108 会場のひぐらし会館前で記念写真となった。

子どもも大人も、先生も舞台裏役も、みんなの頑張りで盛況に終わることができた。執行部の一人としてヤキモキ~万歳までの長い一日だった。

2007年2月10日 (土)

神奈川大和市講演会

 2/7(水)予てから要望頂いた大和市企画部情報政策課の事業である地域通貨の講演会へ出向いた。コーディネートはアースデイマネーの嵯峨氏である。ご参加の約20名は、市民・NPO・大学・農園家・商業者・市&県の関係部署員等々である。残念ながら商店街関係者の少なさは、此処だけのことではないが、疲弊感からの脱却を自前で取り組もうと言う意識が低い!!商店街の根本的問題である。

Img_1037  アナログ人間の私は、相変わらずの身振り・手振り・口振り講話だ。

パワーポイントになると不安で仕方がない。途中でおかしくなってらどうしよう?とついつい心配してしまう。

 のどがカラカラになるほど話してしまった。質問も沢山出て良いコミュニケーションができたと思う。

 帰りは246バイパスで小田厚道路に入った。奇しくも車の走行メーターが11111を示した。数字の並びは結構気になる方だ。一昨年の5月に納車してから21ヶ月の1並び記念だ。Img_1039

 路肩に停車してパシャ!!

今度は12345、その次は22222・・・その頃には別の車に乗っているかも!!

2007年2月 4日 (日)

ペットと観光

 2/4(日)超大型犬およそ20頭が商店街を闊歩した。

Img_1033  Img_1032

これは、来る2/25(日)に開催するビッグワンパーティのデモンストレーションなのだ。

Img_1030 Img_1031

大きな犬ほど優しい様だ。昨今アニマルセラピーと言う言葉を耳にするが、セラピー犬もいるそうで、2/25ビッグワンパーティへの参加も決まっている。市内養護学校の皆さんにもお声がけして参加のご返事を頂いている。風光明媚な伊豆伊東は様々な癒しを体感できる自慢の郷土である。観光の新たな切り口としても大変意味のあるイベントであろう。

Img_1034 全国から200頭くらいの超大型犬が城星グランドに集合する。地元の愛犬家も自慢のワンちゃんと一緒に遊びに来て欲しい。

新たな交流の提案がリピートに繋がることを願っている。

2007年2月 3日 (土)

小室桜植栽

 2/3(土)今日も先週に続いて小室桜の植栽である。NPO法人まちこん伊東が実行主体となり、小室山周辺・松川河岸・御石ヶ沢・伊東市役所・水道山・大川浄水場・城の平と約70本の苗木を植えた。

この人が小室桜の産みの親です。Img_1022 Img_1020

幹を布で巻き、優しく紐で縛ります。根は伸ばしながら土を入れ、水を与えながら、空気を入れるように柔らかく納めました。

Img_1019 8年前小室山の山腹で、早々と咲くこの桜を見つけて接ぎ木で育てました。昨年準備した200本の苗木が、伊東の桜として着々と根付いて行きます。来年用も700本の接ぎ木に成功しているそうです。

 この事業は、産みの親とNPO法人まちこん伊東の協力を頂き、市街地の桜前線を形成しようとの提案を一昨年、昨年と伊東市議会の一般質問で市長へしたことによる事業です。桜は日本人の心のふる里であり、卒業・入学の人生の節目を見事に飾ってくれる日本を象徴する花木です。伊東にしかない伊東の桜として市民に親しまれ、訪れる方々の心を癒す「小室桜」として成長を見守ります。

Img_1028 今年一番の小室桜です。やや大柄のピンクの花びらと一緒に黄緑色の葉が顔を出しています。このコントラストの美しさが、自慢です。

Img_1029_1

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30