« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月31日 (土)

和田湯会館改築

 3/28玖須美財産区が運営する共同浴場「和田湯」会館を改装する為の安全祈願祭が行われた。私は、玖須美区選出の市議会議員として列席させていただき、玉串を奉奠して工事の安全と地域の活性を祈願した。施主である玖須美区長はもとより伊東市長他沢山の列席者が此の地を守っている神様に安心を祈られた。

Img_1163a Img_1161a

Img_1160a Img_1162a

 和田の古文書によると慶長3年(1603)に湯舎が建てられた記述があり、江戸3代将軍家光公に「和田の湯」を献上したとの歴史的史実が残されている。伊東市には枯渇したものも含めて600以上の源泉があり、その湧出量は全国4位と言われている程の温泉地なのだ。特に和田湯の温泉は温度が高く格調も高い。ここ数年の江戸交流行事として、ヨットに温泉を載せて東京は佃島に運ぶ歴史的海運を継続している。

Img_1164a Img_1165a

平成10年の伊東線開通・伊東駅開設60周年事業から、市内7ヶ所の銭湯を七福神の湯として親しまれている。この和田湯は寿老人の湯として位置づけられ、地元民は勿論、観光の方からの評価も高い。

 海に近い和田の地は、鍬で掘っても温泉が出たと言われ、塩分を含むことで田畑に向かなかったらしい。また、松川に添う地域は温泉の湧出によって、北里柴三郎博士が別荘として居を構えたことから著名人の別荘が多くなり、観光地の前段としての別荘文化が伊東に変化を与えて行ったと言える。

 玖須美区の行政自治組織は活発で市内15の行政区の中でも1,2を競う大した地区である。区長をはじめ前向きな区議会各位のご尽力に感謝している。

2007年3月24日 (土)

湯の花道路完成&売り出しイベント

 3/23(金)待望の道路が完成した。20数年を経過して劣化した前インターロッキングに比べて、安全・明るい・歩き易い、歩行者に優しい道路になった。市・県から450万円の補助金と、湯の花共栄会会員の積み立て550万円は、まさに官民協働のたまものである。完成記念式典は厳かに、そして華やかに執り行われた。

Img_1123 Img_1127

Img_1130 Img_1133

 市長・県議・会議所会頭・共栄会会長によるラストロッキングと、湯川幼稚園児によるテープカットで完成を祝った。

Img_1137 Img_1139

 記念の花苗2000鉢・お汁粉600杯・そして伊豆サボテン公園のチンパンジー「ピンキー」の学習発表会ショーと盛りだくさんの企画である。子供から大人まで大喜びだった。

Img_1135 Img_1142

Img_1143

 翌日からは記念の売り出しである。我が湯の花商店街恒例の現金つかみ取りが当たるガラガラ抽選会だ。今回の目玉は、千円札のつかみ取りなのだ!従来の百円・五十円・十円と500円の商品券に加えたスペシャルである。それも直径50㎝のアクリル球体の中を乱舞する50枚の千円札をつかる取るビッグプレミアムである。

Img_1146 Img_1144

Img_1149 Img_1152

 ちなみに、平均的つかみ取り金額は、10円が900円・50円が5000円・100円が10000円・千円札が12000円位である。

 様々な活性化への取り組みの主役は商店主自身であり、行政や地域を取り込んだ感動的な行動を継続的に打ち続けることが、郊外の大型SCに肩を並べ追い抜いていく成すべきことと思う。魅力の無い所には人の交流はあるはずもない。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30