« 第52回松川たらい乗り競争 | トップページ | 亜細亜大学まちづくりゼミ »

2007年7月12日 (木)

第70回東海館みがき隊

 7/2 平成13年10月から始めた「東海館みがき隊」も今回で70回を迎える事が出来た。NPO法人まちこん伊東の呼びかけで参集下さる市民有志の協力で、伊東市指定有形文化財の保全活動は、日常の風景となり市民力の象徴的活動として、様々なメディアや各地の非営利活動団体、大学のまちづくり視察と幅広い視点を捉えるに至っている。延べ700人余のみがき隊員の、伊東を愛する思いにあらためて感謝したい。

Img_1357_1 Img_1358_1

Img_1371  120畳の大広間は、かなりの磨きでがある。堅絞りの雑巾がけのあと、乾拭き雑巾が追いかける。次は、望楼の床磨きと窓ガラス拭きだ。今回は10名の隊員に亜細亜大学の学生5名+教授1名が、伊東の民間まちづくり活動の視察として「みがき隊」に参加した。総勢16名の文化財保全大作戦となった。福田隊員からのお土産だ。朝採りの新鮮なインゲンをみんなで分けて戴いた。勿論自家菜園の手作りである。このインゲンは、蔓なし・筋なしの優れもので、調理の手間も省け、おまけに味も良いのだそうだ。私は夕食に早速食べさせてもらった。言葉通りの美味しさであった。

Img_1373_2 東海館みがき隊は、かたり隊も含めて着実に観光来館者とのコミュニティを深めている。来遊地での地元民との交流は、思い出に残る旅の一ページとして伊東温泉のホスピタリティになるものと、皆の協力の中で今後もモクモクと続けていく。

« 第52回松川たらい乗り競争 | トップページ | 亜細亜大学まちづくりゼミ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/7113131

この記事へのトラックバック一覧です: 第70回東海館みがき隊:

« 第52回松川たらい乗り競争 | トップページ | 亜細亜大学まちづくりゼミ »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30