« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

伊豆温泉所在5都市議会議員研修会

 5/30(金)熱海・起雲閣において「伊豆温泉所在5都市議会議員研修会」が開催された。伊東市議団は、13時市役所前を老朽化したマイクロバスで出発した。伊東市が所有するマイクロは、今やこの一台である。利用度、維持経費、運転人件費等を考えれば大型タクシーを活用した方が財政の軽減につながるものと思う。さて、起雲閣に着いた。Img_2232 

Img_2235 Img_2236

 およそ100名は集まったと思う。先ず、熱海市による「伊豆の温泉と観光について」の講話から始まる。概要は、金太郎飴同様、何処の観光地戦略的思考であり、取り立てて目新しさは感じられない。我が伊東市も同様だが、「思考」より「試行」を披露したいものだ。メイン講演は「これからの地方議会の進む道について」は大変参考になった。全国都道府県議会議長会 元議事調査部長 野村 実講師の実体に基づくお話しであった。議会の裏表経験の中で、議会関係人の目・一市民の目、双方から見たそれぞれの見識を、飽きさせない饒舌で話された。議員の見識を掘り下げる貴重な2時間だった。    

2008年5月28日 (水)

NPO法人まちこん伊東平成20年総会

 5/27(火)伊東市ひぐらし会館会議室においてNPO法人まちこん伊東平成20年定時総会が開催された。

Img_2231 Img_2228

正会員41名中、出席18名、委任状13名、定款第27条に基づき半数以上の出席を充たすことから総会が成立した。

 19年度事業報告&収支会計決算、20年度事業計画案&収支予算案、役員改選と、滞りなく承認され、今年度への船出となった。我々「まちこん」の活動は、多岐多様に亘る。まちづくり・文化財保全・教育・観光・環境改善・健康推進・生涯学習・コミュニティまで活動実数も100を簡単に越える程の事業数である。当然、他地、他団体、教育機関、公的機関等からの視察、取材も多くなる。今年も頑張るぞ~っと熱き雄叫び~だが、もう少し仲間が欲しいのが本音である。

Img_2229  今回も総会に先がけ、特別講演会を行った。城ヶ崎文化資料館副館長で伊東市文化財審議会委員の 小林 一之 氏による「伊東の俗信」を演題とした興味深い講演だった。俗信は「日本人の心の宝」として、「世間で広く信じられてきた言い伝え」の数々を紹介しながらの、ユーモア溢れる話術に引き込まれたひとときだった。

温銭・C-リングと交流調印

 5/27(火)地域エコ通貨温銭とちがさき地域通貨C-リングの交流覚え書調印が伊豆シャボテン公園大講堂で行われた。

080527cimg5692 080527cimg5706 Img_2220

 シャボテン公園皆様の全力を挙げての応援に感謝の思いである。8時48分伊東着で来東したC-リングの皆さんを乗せて愛車PTクルーザーが緑の高原を走り抜ける。昨日から準備を整えてくださったシャボテン公園スタッフの方々の手際良い調印式場づくりに感心しきりである。暑い中着ぐるみを着てくださったり、オウムの特別参加があったりの楽しい企画に大感激である。伊東市と茅ヶ崎市の民間交流が相互の地域通貨によって活性化することを期待している。調印後シャボテン温室を見学させていただいた。

Img_2222 Img_2225 Img_2226 Img_2227

 園内のシャボテンは色とりどりの花を付けている。久し振りの来園だったが、茅ヶ崎の皆さんには伊東の大きな印象として心に残ったようだ。

080527ccimg5743 080527cimg5740 080527cimg5744

 その後、市内に戻り温銭会員店「トスカナ」でイタリアンランチを味わい「にし村」と「平田屋」でお土産のお饅頭と干物を購入になった。勿論、支払いの一部に温銭を使ったことは言うまでもない。6月には茅ヶ崎環境フェアが開催される。その際に地域通貨を利用した伊東温泉ツアーを企画している。地域通貨が取り持つ地域間交流は、観光地伊東としての切り口であると期待している。今度は茅ヶ崎に押しかける企画を提案する。乞うご期待!

「527.doc」をダウンロード

伊東小室桜台木の定植作業

 5/24(土)伊東小室桜育苗事業の一環であるオオシマザクラ台木の定植を行った。NPO法人まちこん伊東・伊東里山クラブ・森のボランティアの皆さんに御協力いただいた。

Img_2198 Img_2187 Img_2191

 耕耘機で掘り起こし、鍬で畝を作る。見事な手作業で桜畑の形が整っていく。およそ30㎝間隔に苗を植える穴を開けていくのだが、素人用には物差しが準備されていた。田畑さんは慣れたもので目分量に狂いは無い。その中に一本づつ定植することになる。

Img_2188 Img_2189 Img_2190

 3~4000本はあるだろうオオシマザクラの苗木から育ちのよさそうな物を選別する。初々しい黄緑色の葉っぱが元気よく伸びている。

Img_2195 Img_2196 Img_2192 Img_2193

一本づつ丁寧に、深植えにならないよう、そして倒れないように押さえる。電車のレールのように2本の緑線ができた。

 苗木はまだまだ残っている。

Img_2211 Img_2207 Img_2192_2

   今で約670本を植えたが、1000本まで頑張ろうと萩原会長が言う。また耕耘機が登場して畝づくりが始まった。そして緑のレールが一本、また一本と増えていく。

Img_2212 Img_2213

 気がつくと1100本を越えていた。今回定植したオオシマザクラの苗木は、昨年6月に拾い集めた種を土中に埋め、12月頃掘り起こして蒔いたものが4月頃発芽して約10センチに成長したものだ。このオオシマザクラを台木として、伊東小室桜を接ぎ木をするのである。

Img_2200 Img_2199

 昨年接ぎ木したが新芽が出なかったものと、新芽が育ち、台木のオオシマザクラを切った伊東小室桜の比較である。継ぎ方やテープの巻き方、押さえ方で成否が決まってしまう。難しいものだ!

Img_2205 Img_2203 Img_2204

 この写真は昨年度の成功作である。大きな葉っぱの元に出た脇芽を摘む作業である。これによって幹の長い伊東小室桜の植樹用苗木となる訳だ。

Img_2214 朝9時から始めた定植作業は、各団体の有志の協力によって無事終了した。汗をかいた後の甘夏蜜柑は、格別の甘さだった。産地/伊東市・萩原農場、生産者/伊東小室桜を育てる会萩原直義会長みずから洗ってくれた。地球からの恵みに感謝である。

桜小公園「桜のお手湯」計画提案

 5/26(月)伊東小室桜を育てる会が提案申請している「桜のお手湯」(仮称)計画の現地視察が県グリーンバンクの関係者、市職員によって実施された。我が会からは、萩原会長と私が立ち会い、実施計画や今後の活用と管理についてヒヤリングを行った。

Img_2217 Img_2218 Img_2219

 県が掲げる桜で彩る景観づくり事業に呼応した民間活動である。およそ160坪の敷地に、伊東小室桜を植栽し、2月~初夏までの花ごよみを小公園内に演出しよう・・・との思いである。更には敷地内に保有する源泉を活用して「桜のお手湯」も作りたいと考えているところだ。県の支援と市の協力、そして民間活力との協働によって、松川遊歩道散策のレストポイントとして利用されるものと考えている。伊東小室桜を育てる会、20年度事業として、具現に導きたい。

祐親祭り「松原御船歌奉納」

 5/25(日)伊東の祖・伊東祐親公を讃える「祐親祭り」が開催された。前日24日の薪能は、台風で流された水上舞台を突貫復旧したものの、またも雨で観光会館ホールに移された。関係各位の無念さはいかばかりかと察するところである。

20080528112750 この写真は水上舞台で奉納した昨年のものである。今年は観光会館大ホールで舞台に立ったのだが、出演者の一人なので写真を撮ることができなかった。舞台構成は、松原八幡神社島田宮司による清め祓いと、巫女による鈴祓いののち、御船歌「初春」「船ぞろい」の奉納である。秋期例祭同様、言葉を発しないしきたりの中、口紙を咥えて勢揃いした。館内に響き渡る抑揚豊かな御船歌は会場の皆様に、家内安全と長寿福徳をお届けできたものと思っている。進行上の反省はあるが、この日の為に稽古を重ねた甲斐があったものと感じている。さぁ次は、秋のお祭りだ!!

2008年5月22日 (木)

5月の台風

 5/18からの台風で伊東松川(大川)が増水した。今月の24・25によていされている祐親祭りの水上舞台が気になり行ってみた。見るも無惨に濁流に流され浸水していた。

Img_2182 Img_2183 Img_2184 Img_2185

 復旧は大丈夫なのか?主催する伊東史跡文化保存会皆様のご努力で全国に発信されている薪能は、何としても開催に漕ぎ着けたいと思っているだろう。私たちの思いも同様である。

わんこ達のお祭りだぁ~い!

 5/18(日)伊豆シャボテン公園において「春の大イベント/わんこ達のお祭りだ~い!」が開催された。昨年2月の「ビッグワンパーティ」に続く、新たな観光イベントの切り口として、家族の一員として生活の潤いに欠くことの出来ない「わんこ達」と一緒に、伊東・伊豆高原の癒し空間を体感していただこうとの企画である。

Img_2171 Img_2166 Img_2167 Img_2168 Img_2170

 11時の開始を、今を遅しと待っている皆さんもワンちゃんと一体となって何とも楽しい風景を醸している。

Img_2169 Img_2173 Img_2174 Img_2175

 オープニングセレモニーの後、150匹のわんこ達と200人の家族が園内に入った。早速「黄金の犬」を探すオリエンテーションだ。日曜日のシャボテン公園には通常の入園者が多い!お行儀の良い可愛いわんこの散策に目を見張っている。

Img_2172  折しも、大講堂ではチンパンジー「ピンキー」のショーが真っ最中である。昔から犬猿の仲と言われるが、果たしてその実体は如何に?

 伊東市・観光協会の後援の中、協力商社のシャボテン公園グループのバックアップも大きな励みである。勿論主催伊豆わんこタウンの皆さんのご努力は言うまでもない。市民が伊東を愛している証である。眼下には広大な緑の風景が広がっている。此処はヨーロッパか??と見間違える癒し空間である。

2008年5月11日 (日)

伊東ミュージカル劇団稽古風景

 5/11(日)午後2時、ひぐらし会館2Fトレーニング室を覗いた。5/25(日)祐親祭り出演の為に稽古に励んでいる伊東ミュージカル劇団のちびっ子エンターティナー達がにぎやかだ。

Img_2146 Img_2148 Img_2150 Img_2164

 昨年12月公演の「不思議の国のアリス」からの抜粋で構成した歌と踊りを是非観に来て欲しい。

 来年11月には静岡県「国民文化祭」が開催となる。我が伊東市では、歴史文化部門で「木下杢太郎」を、温泉文化で「北里柴三郎」を取り上げる。伊東市の別荘文化の先駆けである北里別荘には、千人風呂があった。後期高齢者保険制度で物議と混乱に陥れた昨今を予知したように、予防医学を温泉に見いだした証でもある。病気にならなければ医療費の増大も無くなる訳である。横道にそれたが、北里博士のミュージカルを上演する。老若男女たくさんの市民に参加して欲しい!!秋頃には募集をかけて「市民ミュージカル劇団」を結成することになるだろう。一緒に楽しみませんか!!

 

第18回松原区民親睦体育祭

 5/11(日)伊東市立西小学校体育館で松原区民のコミュニティイベント「第18回親睦体育祭」が行われた。

Img_2136 Img_2139 Img_2142

 夕べからの雨も開会式にはあがったものの、ぬかるんだグランドを横目に体育館で行うことになった。

 実は、私の住まっている玖須美富士見町でも恒例のソフトボール大会が予定されていた。あいにくの雨に城星グランドは使用できず、中止となった。当初の日程では午前中はソフトボール、午後は体育祭と振り分けていたのだが、結果としては9時半には西小体育館に着いていた。従って、いきなり順送球出場である。見事第2位!!景品はカップラーメンだ。間髪を入れずバトミントンリレーである。還暦の左右の足とボールを落とさないようにコントロールする右手は酷使状態だ。今度は見事1位である。洗剤を戴いた。

 ここで止めておいた。年寄りの冷や水と笑われないようにすることが大事である。この三日間、人知れずスクワットを200回していたのだ。ちょっと腿が痛い、今日この頃・・・・・。

2008年5月 8日 (木)

湯の花通り道路補修

5/8(木)湯の花通りの道路改修から1年が経過し、劣化・破損等の補修工事が行われた。歩きやすくなった路面の評判は良好だ。透水性の特性からか、やや割れやすい傾向がある。20年は耐久して貰わないと困るのだ。大切に、綺麗に心掛けて使いたい。

Img_2133 Img_2132 Img_2131

松川周辺まちづくり協議会第5回総会

5/7(水)第5回松川周辺まちづくり推進協議会総会が東海館で行われた。

Img_2130 Img_2129

 20年度は、国交省くらしのみちゾーンとしての登録53番目の事業に突入する。伊東の温泉文化のランドマーク「東海館」の前の松川通り電線類地中化と実施設計に入る。大切なのは、地域居住者・事業者との意識共有と合意である。この街に訪れる人々に感動を味わっていただけるような情緒溢れる「みち」を具体化したい。

2008年5月 6日 (火)

息子夫婦GW来訪

 5/5(月)先月は大阪に息子夫婦を訪ねた。そして、今日は大阪から訪れた。この2月に所帯を持った長男は、同様の価値観を持った連れ合いによって、家族・社会・世間・仕事等への視野が広くなった感がある。様々な事柄について親子で語り・呑み・食す楽しくも有意義なひとときに乾杯!!

Img_2127 Img_2128

 ひと箸つけてしまった金目鯛の煮付けと磯料理の盛りつけである。伊東松原海岸に面した「開福丸」におじゃました。ここの当主は、松原御船歌保存会の仲間である。地域の伝統文化を伝承していく同志のつくった料理に舌鼓を打った。当主が今日つり上げた鯵の塩焼きも絶品だった。感謝!!

2008年5月 1日 (木)

第37回小室山つつじ祭り

 4/29(火)早朝、小室山のツツジを見に行った。この日から「小室山つつじ祭り」が始まるからだ。

Img_2122 Img_2123 Img_2125 Img_2126

 40.3ヘクタールの小室山公園内の3.5ヘクタールに40種、10万本のつつじが植えられた「ツツジ園」は昭和32年に開園した。5/5までに是非お越しいただきたい。

 小室山は、椿・ツツジと季節を追って鮮やかに彩られるが、私たち民間力で、椿とツツジの間をつなげる彩りに「伊東小室桜」を植栽している。既に200本に近いところまで来ている。勿論、毎年続けていくから、また見所が増えることになる。乞うご期待!!

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30