« 第26回伊豆フィル定期演奏会 | トップページ | NPO法人まちこん伊東第64回まちづくり講座 »

2008年6月25日 (水)

第2回くらしのみちゾーン沿道協議会

 6/23(月)午後7時、松原温泉会館において「くらしのみちゾーン」沿道協議会が開催された。国交省が登録する全国で53番目の事業である。

Img_2283_2 Img_2285_2

 松原温泉会館のある通り「大黒天通り」の安全安心の道路づくり、賑わい再生の周遊道路づくりへの説明と意見交換である。自分が住まう、生活する道路をどのようにしていくのか?を地域住民と市、国県が協働の中で研究し、具体化していく施策である。国は経済成長の基盤として公共事業としての道路づくりを推進してきた。流通の迅速化、大量化は車の為の道路づくりであり、その結果、かって隣近所や子ども達のコミュニティの場所だった「道」は失われて、様々な弊害が生まれてしまった。国道の管理者は国であるが、市町村地域の再生に必要な道路整備を歩行者優先の安全安心道路として認定することで、道路整備に50%の補助をする制度を進めているのだ。これが「くらしのみちゾーン」事業である。伊東市は、今年この事業に約3700万円の予算を付け、東海館前、松川通りの電線類地中化工事を開始する。策定したゾーン内には、松川通りを主体に合計6つの道路修景をノミネートし、5カ年内に出来得る最大限の「通り整備」を進めたい考えだ。

 時代の変化とともに、地域それぞれの道路機能も変化している現在、改めて自身の生活環境の動線である道路を根本から見直すことが必要なのでは・・・と思う。それも、現状の利便性ではなく、将来の伊東、そしてそれを担っていく子ども達へのメッセージとして「先人の知恵」を具現に導きたいと思う。

« 第26回伊豆フィル定期演奏会 | トップページ | NPO法人まちこん伊東第64回まちづくり講座 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/21877006

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回くらしのみちゾーン沿道協議会:

« 第26回伊豆フィル定期演奏会 | トップページ | NPO法人まちこん伊東第64回まちづくり講座 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30