« アダプトシステム | トップページ | スティールパンライブ »

2008年7月20日 (日)

和田の湯江戸献上

 7/19(土)午前10時から「伊東和田の湯江戸献上」の出港式典に出席した。Img_2462 Img_2466 Img_2471 Img_2461 Img_2470

 慶安4年(1650年)徳川三代将軍家光公に、和田の湯が献上されたと言う史実に基づき、玖須美文化振興会がヨットマンを中心とする市民有志の協力のもとに主催した。平成15年の開始から6回目を迎える懐古イベントである。

 家康公の命により1603年から始まった「江戸城普請」から約50年後の史実であるが、3代将軍家光公は慶安2年(1649年)頃から病気がちになったために、温泉治療を施すことになった。予てから徳川御三家の紀伊家が、伊東の富戸にボラ納屋を持ち、網に入ったボラを将軍に献上していたこともあって、伊東和田の湯が選ばれ運ばれたと言う。この搬送に使われた船を「お汲み湯送りの船」と呼ばれたそうな!湯田の湯の薬効は見事に家光公を回復に向かわせ、「公方様の病を癒したいで湯」として城下の評判となって伊東は、湯治場として賑わうようになったと伝えられている。

Img_2475 Img_2477 Img_2484

 式典も終了し、樽詰めにされた200リットルの和田の湯は、海の男達のヨットに積み込まれ、見送りの中を一路「江戸」佃島の住吉神社へ向かった。このお湯が、高齢者福祉施設に運ばれ、入居されている方々の身体と心を温め癒してくれることになる。

« アダプトシステム | トップページ | スティールパンライブ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/22421613

この記事へのトラックバック一覧です: 和田の湯江戸献上:

« アダプトシステム | トップページ | スティールパンライブ »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30