« どんど焼き | トップページ | 国文祭ミュージカル「ありがとう北里先生」 »

2009年1月14日 (水)

第88回東海館みがき隊と月刊ソトコト取材

1/12(月)10時から第88回東海館みがき隊だ。どんど焼きの途中を抜けて走った。御船歌の半被のままで走った。竹内隊員にお願いしてスタートは済ませてもらったが、月刊ソトコトの取材陣が待っている。マネーを通したコミュニティづくりのNPOやNGOの特集なのだ。Img_1405 Img_1402 Img_1401

 お正月らしく飾られた玄関正面の投げ入れが見事である。いつものように「みがき」に合流し、掃除の合間を縫って温銭の主旨や思い、今後への抱負などを述べる。来館のお客様が第1である。お見えになる度に場所を移動する。編集者もライターも荷物を持って動く楽しい取材風景である。今回は7隊員と少なかったのには原因があるのだ。第1月曜日5日に来てくれた隊員があったのだ。第2週12日と先月に伝えておけばよかった・・・と反省した。私の独り合点で「東海館浪漫日記」のみの伝達では余りに間接的だった。この人数では、みがきも骨が折れたに違いない。皆の頑張りに感謝である。終了して桔梗の間に集まり次回の日程と「かたり隊」の勉強を伝えた。Img_1408 Img_1407

 竹内隊員も取材を受けた。昨年12月のエコツーリズム車座会の際もCVAで事前広報をお願いした。要点をしっかりとお話ししてくれるのでいつも安心している。

 カメラマンは温銭券の撮影に余念がない。市指定文化財保全と地域通貨活動のバックは80年余の歴史を刻んだ廊下の板目が一番マッチすると実感した。

「東海館みがき隊」今年もよろしくお願いいたします。

« どんど焼き | トップページ | 国文祭ミュージカル「ありがとう北里先生」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/27125222

この記事へのトラックバック一覧です: 第88回東海館みがき隊と月刊ソトコト取材:

» 電子マネー 比較 [電子マネー]
電子マネーを徹底比較 [続きを読む]

« どんど焼き | トップページ | 国文祭ミュージカル「ありがとう北里先生」 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30