« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月29日 (火)

イングリッシュ・サムライANJIN

12/28(月)市役所の仕事納めを済ませ、家内と東京は天王洲の銀河劇場へ向かった。ホリプロ創立50周年記念事業「イングリッシュ・サムライ ANJIN」を観賞するためである。伊東の歴史に欠くことの出来ない三浦按針をマイク・ポウルトンが英国人の視点で脚本を書き、グレゴリー・ドーランがシェークスピア劇の演出で仕上げた興味深い舞台だった。

Img_3915 Img_3914 Img_3917 浜松町からモノレールで天王洲アイルにつくと駅ビルの中に銀河劇場があった。まさに駅から0分で、雨が降っても傘がいらない便利さである。大きなANJINのポスターを横目に見て玄関を入ると著名人の祝い花がロビーを飾っていた。いきなり長嶋茂雄&松井秀喜の花が目に飛び込んできた。藤原竜也との交友はどんなものなんだろう・・・?

Img_3916 Img_3919 受付を済ませて二階に上がるとポスターや関連グッズを販売している。黒山の人だかりである。ふと横に目をやると、按針縁の地のPRコーナーがあるではないか!横須賀・平戸・臼杵と並んで我が郷土「伊東」が日本初の洋式帆船発祥の地であり、その建造責任者が家康の命を受けた               ウィリアム・アダムスこと三浦按針であることのメッセージを発信していた。ヴェンツーラ号の模型が展示されている。

Img_3922 Img_3920 重岡建治先生の按針像(木彫)がデンと控えて我先にと・・・居並ぶ藤原ファンを見据えている。私たちの席は下手2階のボックス席の前列である。ボックスは2列各2人の4人なのでゆったりとして、隣に気遣いせずとても見やすかった。3時間半の長丁場にはうってつけだった。

Img_0002 配役は、徳川家康/市村正親、三浦按針/オーウェン・ティール、北条氏の末裔&日本人宣教師/藤原竜也である。残念だったことは、伊東の「伊」の字も出てこなかったことだ。イギリスも日本も四方を海に囲まれた海洋国であるから「船」の位置づけはもっと大きなモチーフになると思っていたのに出てきた帆船は模型だったし・・・。仕方がない!でも、徳川家康から秀忠、家光までの按針かかわりは大変良い勉強をさせていただいた。親と子、殿と家臣、敵と味方等々、愛と欲、名誉や宗教との葛藤の狭間にある人間観察は脚本家のスポットなのだろう。それはそれで堪能できた。

 伊東ミュージカル劇団「青い目のサムライ」は、伊東での按針と日本初の洋式帆船建造にスポットを当てた脚本で、郷土伊東の歴史と日本&江戸との関わりを掘り起こした歴史浪漫だった。故牧野正観光協会専務の生涯をかけた研究が実を結び、文化の振興とまちづくりが一体となった市民活動へと進化してきた。その実績は、国文祭市民ミュージカル「ありがとう北里先生」の成功と評価につながったと言えるものである。

 いずれにせよ観客の皆さんが、伊東と按針の「赤い糸」を感じ取って頂ける機会になったと思って天王洲を後にした。品川から最後の新幹線に乗り、熱海に置いておいた車で帰宅したのは24時をとうに回っていた。びっちりの一日が終わった。

2009年12月26日 (土)

ミュージカル「ありがとう北里先生」打ち上げ

12/25(金)18時半から国文祭ミュージカル「ありがとう北里先生」に参加したキャストやスタッフの打ち上げを開催した。子供達の部は16時から始まっていたので私は早めに顔を出した。

Img_3904  11/8公演のビデオが流れ、写真が飛び交う中で飲んだり食べたりの大騒ぎになっている。もう一月半も経ったのだが、鮮烈に脳裏に甦るシーンの数々に新たな感動がこみ上げてくる。この感覚は私だけでは無いはずだ。その後に耳にする評価の殆どが嬉しい言葉ばかりである。応募で参加したキャストの一人は、伊東に住んで心から良かったと言う。このミュージカルに出逢えた幸せ、充実した日々を集約的に体感できた感動!そして達成した心からの感激が人生に大きな実感を証として印せた嬉しさを語ってくれた。私も縁の下のスタッフとしてこの場に立ち会えた喜びを感じている。

Img_3891 Img_3910 18時を回ると続々と大人達が会場入りする。その度に乾杯をするのだ。何度乾杯をしたのだろう?ビールがドンドン私の体を浸食してくる。みなあの時間にタイムスリップしている。心地良い時間は過ぎていくのも早いようだ。そして島田須可子バンドのミニライブで佳境になった。今年の締めくくりはメリークリスマス・・・来年が佳き年でありますよう!

松原仲町青年部活性化活動「灯りロード」

 12/24(木)25(金)松原仲町青年部による地域活性化活動「灯りロード」が具体化された。秀英予備校交差点からオレンジビーチに向かう一直線に手作りの「灯り」が光の帯を形成した。ピンクのスタジャンを着た青年部の面々の行動は頼もしく新鮮に思えた。何故ならば、まちづくり活動の参画者は残念ながら団塊の世代以降が多いのだ。よく言われる「若者・よそ者・バカ者」なのだが、伊東では地元のバカ者と若者が少ない!仲町のように地域に根ざした活動とともに、若きパッションをまちづくり活動に注入して欲しいと思う。

Img_3902 Img_3894 Img_3901 ペットボトルを下3分の1の所でカットし、水を入れてロウソクを灯すシンプルなつくりであるが、大黒天通りの両側に光の帯ができると、寒々しい暗闇がほのぼのとした雰囲気を漂わせた。

 クリスマスにタイムリーな企画を組んでくれた仲町青年部に感謝を申しあげたい。同時に、今後の展開を大いに期待するところだ。

 

2009年12月24日 (木)

まつまち会/案内サイン実証実験

 12/24(木)9時半から案内サインの実証実験を実施した。松川周辺地区まちづくり推進協議会の活動の一環で、町歩き観光客から見た親切な案内サインはどのようなものか?現状のサインと比較しながら、設置箇所・方向・色・形・高さ等々を確認した。

Img_3858 Img_3859 Img_3862  ベースカラーが濃茶で白文字だったサインを白地に濃茶の文字を入れて比較してみた。解り易さでは後者が明らかである。この茶色は静岡ブラウンと言うのだが、風景に溶け込み過ぎてしまうようだ。対面する歩行者が気づかないようだ。既存の設置物との兼ね合いや交通の障害にならないように気をつけなければならない。四方からの視線に理解を得るポイントを探した。

Img_3868 Img_3873 続いて通りの名称を彫った陶板やテラコッタで水先案内とするアイディアを試してみた。小さなプレートなので、警察や道路管理者への気遣いは少なくなるが、民間の協力が不可欠である。観光客へのホスピタリティは行政施策だけでは足りない。民間の協力があってはじめて成り立つのだ。Img_3874_2

  依然イタリアのベネツィアへ行った折、大きなサインばかり探して、探せず途方に暮れたことがある。何気なく民家の壁を見ると著名な場所への案内が印されていた。めいった気持ちはすっ飛んで街中を歩き回った経験がある。伊東は家・市民は家族・観光客は訪れるお客様だ。もてなして当たり前!官民一体となった「まちづくり」を推進する。

第10回「冬のよさこいソーズラ祭り」&とっておき冬花火

 12/22(火)18時からの伊東市農業委員会・太田会長の県農水省功労賞&市功労賞受賞記念会へ出席させていただいた。農業委員から要職を22年間も歴任されたご苦労に敬意と感謝をお伝えした。宴途中ではあったが、なぎさ公園で開催している「よさこいソーズラ祭り」へ合流するために失礼ながら中座した。会場は人の山である。18時半から最終の20時半の総踊りまでに20のチームが独自の「よさこい」を演舞する。私は、日頃からお付き合いが深い「きよみジャズダンススクール」の応援があるのだ。一番前に陣取って拍手喝采をした。今日のような良い天気ばかりではなく、激しい雨にさらされ、凍える寒風に向かい合う時も総力で乗り越えてきた実行委員会の皆さんには敬意と御礼を申しあげたい。地震をも蹴散らしたパフォーマーの面々にも感謝を申しあげる。継続は力なり!来年もまたお会いしましょう。

2009年12月23日 (水)

松川親水計画の社会実験

 12/21(月)10時から松川の親水計画に基づく社会実験を実施した。このブログでも度々書いてきたが、伊東松川は伊東の中心として、自然景観と人工景観とが融合する理想を具体化するキーポイントとして位置づけている。伊東温泉としての経済や日常の生活、自然環境や生態系そして、それらを集大した松川の在り方を検証し、矯正しながら地域社会と協働していく意識づくりと行動を表現する。その一つがこの社会実験である。

Img_3696 Img_3829 露出した温泉排水管から垂れ流された跡が醜く黒ずみ、植物も根を伸ばさない左写真の状態と、竹の生け垣で被覆した景観の変化である。もっともっと工夫はあると思うのだが、この実験を「変わることのアクション」として捉える観光施設や個人が増えることを望んでいる。

 今回は、このことをふまえて観光協会やホテル旅館組合にも立ち会いへの御案内をしたのだが・・・残念だった。川にはゴミ類は勿論だが、缶やビン、皿や管、自転車などなどが野放図だ。みんなで松川のことを気にしたい。松川が汚いことは、伊東温泉が汚い!伊東市民が汚いことと同じになってしまう。観光地なんだから・・・。

Img_3826 Img_3827 今作成中の「松川の親水計画」の中で、中洲を利用したビオトープ風緑地を考えている。そこで、この環境に育つ植物を探す為に10数種の植栽を実験することにした。植物の生態系に準じた鳥や虫が集まってくる環境づくりは、綺麗な水管理が必要であろう。一つ一つ課題が見つかる。それもまた楽しみでもある。

Img_0001_2 伊豆新聞掲載

大室高原チェリーロード整備2年次事業

 12/20(月)・21(月)の二日間にわたって大室高原遠笠道路沿いにチェリーロードをつくる作業に取り組んだ。私が事務局長を務める「伊東小室桜を育てる会」(萩原直義会長)が、静岡県(財)グリーンバンクの景観づくり団体支援補助金35万円をいただいて1500㍍区間を伊東小室桜が咲き誇るチェリーロードを景観形成するための伐採作業である。

Img_3755 Img_3765 Img_3770 8時半、萩原会長の挨拶から作業が始まった。我々育てる会は勿論だが、地元大室高原自治会からも10名の応援隊が駆けつけた。何よりも重機を駆使して大木をなぎ倒す増井香花園と伊豆総合産業の各商社の協力には頭が下がる思いである。美容師が生業の私としては、鋏より重い物は持たないのだから、それはもう大変な重労働である。切り落とした枝をチッパーにかける役目だ。61歳・男の意地にかけて張り切った。そして100㍍の視野が開けた。

Img_3834 Img_3837 21日8時、今日も萩原会長ほか15名が自然と闘った。 私は「松川の親水計画」社会実験のために一端松川へ向かった。そして午後から改めて合流した。今回の伐採予定は500㍍区間なのだが、大室の岩盤地質と大樹の多さに進行は遅い。増井グループ・伊豆総グループの技能&力自慢の活躍は目を見張るばかりだ。私は相変わらずチッパーに切り取った枝を差し入れる係に余念がない。ポイント的な作業シーンや景観の変化を写真に撮ることも大事な仕事だ。

Img_3854_3  樹木との格闘は200㍍に達した。遠笠道路とシャボテン公園別荘地に挟まれた県有地の雑木林はスッキリと変貌した。昨年の実施区間と併せて700㍍の整備が進行したことになる。見通しが開けたことで併行する遊歩道の散策者が増えたと大室高原自治会の役員さんが言っていた。嬉しい事である。

 さて、年が明けて1/17(日)に伊東小室桜を植樹する。このペースだと20本くらいと想定している。3カ年で1.5キロメートルはきつそうだ。やっぱり5年事業になりそうだ。県グリーンバンクの協力を期待している。

Img_2 伊豆新聞掲載

2009年12月22日 (火)

伊東温泉紅白合戦

 12/20(日)12時50分から観光会館大ホールで第5回伊東温泉紅白合戦が開催された。大ホールでの開催は昨年からで2回目なのだが、紅白に分かれた12チームが歌・ダンス・和太鼓などのパフォーマンスを競い、倍旧のグレードとパワーアップをステージ一杯に表現した。私は、その審査委員長として参加させていただいた。4歳のパフォーマーからナイスミドルまで日頃のレッスンの成果を遺憾なく発揮していた。結局は紅組の勝利だったが、そのどれもが素晴らしくて感動を沢山頂いた。泉代表が唱える「市民による市民のための伊東温泉イベントは、先ず市民が楽しもう!」を実践していた。12のパフォーマンスが一体となったインターテイメントとして伊東から全国に発信できたものと思う。余りの元気に地震も恐れおののき、退散したようだ。伊東の元気に乾杯!

Dsc_2390 Dsc_236720 私は審査委員長として優勝トロフィーを紅組キャプテンの清美先生に手渡した。勿論、白組の健闘は言うまでもない。今回の出場者と関係者170名と応援に駆けつけてくれた観客の協働イベントは滞りなく終了した。

Img_3781Img_3807 Img_3809 Img_3810 Img_3814 Img_3815 Img_3808  Img_3784 Img_3801 Img_3800 Img_3798 Img_3796 Img_3795 Img_3791 Img_3790

2009年12月18日 (金)

地震だ!

 12/17(木)23時頃、布団に入り・・うとうと・・・45分すごい揺れが来た。ドスンと突き上げて斜め縦横に揺さぶられた。テレビが落ちた。サイドボードからは物が飛び出す。階下のリビングとキッチンはグラスやティーカップが割れて散乱状態だ。平成元年の群発地震で勉強した筈なのに私自身の怠惰で万が一の周到準備を怠っていたツケが回ってきた。家自体には問題は無いようだ。

Img_3748 Img_3747 眠気はすっ飛び片付けを・・・と思っても何処から手を付けて良いのかとまどうばかりだ。外からは消防車のサイレンが幾重にも響いている。ショッピングセンターの警報器が誤作動したらしい。ぐるぐる回る赤色灯を横目に、段ボールに割れ物を詰めた。娘の思い出の品やバカラのワイングラスも、エインズレーやウエッジウッドのティーカップもお気に入りの置物も・・・それから掃除が始まった。終わっても結局眠れない。そうだ!店はどうなっているのだろう?

 早めに店に来て被害を確認する。良かった!思うほどの事もない。棚から物が落ちていたが、心配したパソコンは無事でホッとした。その時突然2回目の震度5弱が襲う!8時45分だった。気を取り戻して・・さぁ、役所に向かった。議会改革特別委員会だったが急遽中止になった。10時から緊急記者会見に入り込んだ。地震の状況が報告された。水道・道路・家屋・倒木等被害は107件在るという。いずれも大した被害ではないようだ。人的には7人の負傷があったらしい。自力の緊急外来で病院へいった人達だ。それにしても大事が無く安心した。このことが観光に響かないように期待している。

松原八幡神社大祓式

12/15(火)15時から松原八幡神社の大祓式が行われた。大祓は、この年に生じた病気や災害への邪気を祓い、健康で幸せな毎日を過ごす感謝を夏と冬の2回、式典として実施している。通例では大晦日にするようだが、松原に於いては平成元年12/15に発生した大火の不幸を繰り返さない為に、15日に前寄せしている。

Img_3739 Img_3746 今年は特に沢山の崇敬者が参加され、区議会・町内会・氏子会・地元選出市議・消防団・御船歌保存会の面々が顔を揃えた。神殿に入りきれない程の皆さんが、共に祝詞をあげ、玉串を奉奠して祈願した。そして、恒例となった御船歌「初春」を奉納して大祓の幕を閉じた。

Img_3741 この人形(ひとがた)を自身の悪いところに擦りつけるのだ。足が悪い、目が悪い、胃が悪い等々治癒をお願いする。頭はなかなか良くならないようだが・・・神様は大変ご苦労されていると思う。きっと「自分で努力しろ!」って言っている筈だ。いずれにせよ、人間が心身ともに健康であれば生活・経済・環境文化・・・良い循環が生まれてくる。一人一人が頑張ることと理解している。今年も一年、ありがとうございました。

2009年12月16日 (水)

かってに感謝状

12/15(火)9時から、松川周辺まちづくり推進協議会が行っているプロジェクトKは、街の美観や景観づくりに貢献しているお宅やお店を勝手に表彰している。その「勝手に感謝状」贈呈を行った。

Img_3732 Img_3733 松原の森田さん宅は、花で玄関から二階ベランダまでを飾っている。その丹精と周辺への美観づくりに感謝しての表彰である。もう一つはメガネのいわまつさんへ贈られた。こちらは、ウインドーディスプレーを評価しての表彰である。親子3代が試案、協力して季節毎のディスプレーは楽しい。道行く人々の目を注目させるアイキャッチは販売促進にも大変な効果を上げていると思う。まつまち会では、常に候補をセレクトして花部門・建物部門等の候補をストックし、定例会議の中で投票によって決定している。評価れると責任が増すのか?更に頑張ってくれるから嬉しい。このような活力の輪がドンドン広がっていくことが、人や自然や街が元気になる事でもある。それが活力のネットワークにもなる筈だ。

2009年12月11日 (金)

湯の花フラッグ完成

12/9(水)湯の花通り街路灯に待望のフラッグが設置された。

Img_3719 Img_3717 Img_3716  溯ること約10年、私が湯の花共栄会の副会長の時だった。色あせた街路灯の塗り替えをするにあたって、フラッグバーを取り付けたのだ。その間には、お湯かけ七福神の建立、路面改修等々の商店街基盤が充実され今日に至っている。日本中の商店街が疲弊している昨今、当湯の花通りは役員と会員の頑張りで様々な活性化施策を実行している。

 昨年9月議会において元気のある商店街づくり応援事業として提案し、21年度新規事業としての行政施策である。上限50万円として事業総額の50%を市から補助として受け取ることができる。するこのフラッグは、この補助事業を利用して実行された。Img_3718

 今では湯の花通りと七福神は切っても切れない間柄になった。平成12年に県・市・湯の花共栄会が1500万円を投入して設置した観光賑わいづくりから始まった。全国へ投げかけたデザイン公募には110点の応募があり、その中からの最優秀を7種の石で表現した。伊東のシンボル「温泉」と繋ぎ、湯の花お湯かけ七福神として通りの守り神になっている。観光客はもとより地元の子供達までがスタンプラリーに走り回る。これからもずっと湯の花商店街の元気を見守って欲しい。

12/11(金)13(土)の両日、同商店街の現金つかみ取りガラガラ抽選会を開催した。

Img_3723 Img_3726 一日目は目を覆う程の雨降りで来客は通例の半分以下である。アルバイトや各店が当番をするのだが、もったいない!二日目は素晴らしいお天気だ。昨日の倍以上だが取り返すまでには到らなかった。定番となった千円のつかみ取り、百円のつかみ取りでは大騒ぎになる。気を寄せ・人を寄せ・金が寄る!市内商店街全体が、もっともっと頑張らなければいけないと思う。

2009年12月10日 (木)

「温銭」忘年交流会

 12/6(日)地域エコ通貨「温銭」の忘年交流会を開催した。友好団体ちがさきC-リングクラブから4名の参加を得て17名で有意義な一夜を過ごした。

Img_3708 Img_3711 恒例の温銭オークションは今年も大盛り上がりである。それぞれが持ち寄った至極の逸品を一年間のボランティア対価として獲得した温銭で競り落とすアトラクションだ。温銭を沢山持っている人が「人に自然に街に良いこと」をした証なのだ。呑んで食べてお土産どっさりの交流会になった。

 会場は、温銭会員のホテル緑風園である。料理と飲み放題6000円を4800円+1200温銭で利用できる貢献事業所である。勿論、自慢の掛け流し温泉に入って良い気持ちになれるからこんな良いことはない。伊東での仲間の輪を広げることは勿論だが、地域間の交流を相互の地域通貨を等価交換することによって更に深めていく!日本中で1000近い地域通貨活動が始まってから生き残っている活動団体は1割くらいだろう。温銭の活動が継続することで地域の活性と心地良いコミュニティが構築できるように頑張っていく。

2009年12月 5日 (土)

市議会12月定例会一般質問登壇

12/3(木)今日から一般質問が始まった。私は2番目の登壇である。平成17年9月に初登壇して今回で丁度10回目の質問となった。

「21.doc」をダウンロード Img  大室山文化財、商店街施策、地域コミュニティ、景観の保全とまちづくり・・・など様々に地域の要望を取り上げ施策や事業として形になっている。これらの検証と進化を更なる成果に繋げるために追跡をしている。

 今後も新たな課題を求めて自身ができる最大を表して行きたい。

2009年12月 3日 (木)

まつまち会松川社会実験

12/1(火)9時に川口公園から松川の社会実験調査をした。都市計画課の片山氏・造園関係の村山氏と3人で相応しい実験箇所を探し、実験の方法を確認した。

Img_3696 Img_3699 むき出した温泉排水管を修景するのだ。予算に限りがあることから、東海館下の汚れた石垣とむき出した排水口を被覆する。話し合いの結果、竹垣を立て掛けてしっかりと設置し、横に伸びているヒメツルソバを絡ませようとの考えだ。温泉が石垣かかると植物が繁茂しないことが歴然である。汚い表現だが、はな垂れ小僧のように石垣が黒ずんでいる。乾くと白く浮き出てくるのだ。この修景を他の旅館や観光協会の皆さんに見てもらおうと思っている。

Img_3703Img_3700  上から見た配管状況である。ここは植栽でカバーすることになるだろう。東海館・旅館いな葉の雨水排水口は手を掛けた対応がされていた。今は使用していないために醜い垂れ流し状態がないのでホッとした。幾本もの筋が石垣を流れ、黒っぽい縦線が何本もある姿は想像したくない。また、石垣の間や土部分を利用してシダやササ、葦など数種を実験植栽して成長と定着を確認しようと思う。親水計画にはビオトープも含んでいるので、その為の確認である。松川護岸に排水している皆さんに、観光伊東の景観形成に興味を持っていただくことが川の親水文化を創ることになる。一人ひとりの意識を変える実験でもある。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30