« 「温銭」忘年交流会 | トップページ | かってに感謝状 »

2009年12月11日 (金)

湯の花フラッグ完成

12/9(水)湯の花通り街路灯に待望のフラッグが設置された。

Img_3719 Img_3717 Img_3716  溯ること約10年、私が湯の花共栄会の副会長の時だった。色あせた街路灯の塗り替えをするにあたって、フラッグバーを取り付けたのだ。その間には、お湯かけ七福神の建立、路面改修等々の商店街基盤が充実され今日に至っている。日本中の商店街が疲弊している昨今、当湯の花通りは役員と会員の頑張りで様々な活性化施策を実行している。

 昨年9月議会において元気のある商店街づくり応援事業として提案し、21年度新規事業としての行政施策である。上限50万円として事業総額の50%を市から補助として受け取ることができる。するこのフラッグは、この補助事業を利用して実行された。Img_3718

 今では湯の花通りと七福神は切っても切れない間柄になった。平成12年に県・市・湯の花共栄会が1500万円を投入して設置した観光賑わいづくりから始まった。全国へ投げかけたデザイン公募には110点の応募があり、その中からの最優秀を7種の石で表現した。伊東のシンボル「温泉」と繋ぎ、湯の花お湯かけ七福神として通りの守り神になっている。観光客はもとより地元の子供達までがスタンプラリーに走り回る。これからもずっと湯の花商店街の元気を見守って欲しい。

12/11(金)13(土)の両日、同商店街の現金つかみ取りガラガラ抽選会を開催した。

Img_3723 Img_3726 一日目は目を覆う程の雨降りで来客は通例の半分以下である。アルバイトや各店が当番をするのだが、もったいない!二日目は素晴らしいお天気だ。昨日の倍以上だが取り返すまでには到らなかった。定番となった千円のつかみ取り、百円のつかみ取りでは大騒ぎになる。気を寄せ・人を寄せ・金が寄る!市内商店街全体が、もっともっと頑張らなければいけないと思う。

« 「温銭」忘年交流会 | トップページ | かってに感謝状 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/32571278

この記事へのトラックバック一覧です: 湯の花フラッグ完成:

« 「温銭」忘年交流会 | トップページ | かってに感謝状 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30