« 第31回大室山山焼き | トップページ | 国交省「住まい・まちづくり担い手事業」報告会 »

2010年2月19日 (金)

日本ユニシス伊東エグゼクティブセンター訪問

 2/16(火)昨年12月、伊東オレンジビーチの清掃活動を共に実施した日本ユニシス伊東エグゼクティブセンターを訪問した。「ICTが社会にできること・・・」をテーマに社会や産業経済、環境に於ける様々な活動に情報通信技術によって貢献するIT産業有数の企業である。伊東エグゼクティブセンターの袴田所長の案内で施設内を視察させていただいた。40年の経済時空を支えてきた経営ノウハウと頭脳集団の道場としての尽くされた設備に感嘆した。我が伊東市に対する貢献を申し出て下さった。

Img_4469 Img_4459 Img_4460 Img_4461 Img_4466 小川沢を登りに登った絶景のロケーションにシンプルで清潔な容姿を表した。途中、土留めの竹柵が自然への配慮を感じさせ、その後の印象には予想がついていた。多様に対応すべく、会議室のバリエーションもさすがだが、翻訳機能を有した設備はIT企業の成せる技なのだろう。伊東でこのような施設にお目にかかった事はない。

設備管理の村松氏、レストラン部の加藤氏とも意見交換をさせていただき有意義なひとときであった。

Img_4467 実を言うと、今回の目的はエコキャップ事業への協力を戴いたのだ。私が主宰する地域エコ通貨「温銭」事業の一環で「世界の子供にワクチンを・・・エコキャブ活動」へ45リッター袋3個を集めてくださったのだ。袴田所長は、今後も地域との連携の中で多様な貢献活動を展開していきたい・・・とおっしゃっていた。心と心・手と手を繋ぎ紡ぐコミュニティづくりを共に進めて行こうと話し合った。

« 第31回大室山山焼き | トップページ | 国交省「住まい・まちづくり担い手事業」報告会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/33447159

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ユニシス伊東エグゼクティブセンター訪問:

« 第31回大室山山焼き | トップページ | 国交省「住まい・まちづくり担い手事業」報告会 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30