« まつまち会・松川の親水計画第3回勉強会&EM培養液散布 | トップページ | 伊東小室桜初咲き/プレスリリース »

2010年2月12日 (金)

第6回協働事例発表会

 2/11(木)寒々しく小雨がけむる中、静岡へ向かった。第6回協働事例発表会に参加する為である。市都市計画課2名と共に会場の木犀会館に到着だ。県内各所から300名は下らないだろう人息で充満している。第1回の時に我々「まつまち会」が発表した。私はパネリストとしても参画させていただいた事を思い出す。あれから5年も経ったのだ。

Img_4373 Img_4374 Img_4376 Img_4383 Img_4386 開会挨拶は岩瀬副知事である。以前参加の際は石川知事がはせ参じたのに・・・と少々不満だ。続いて、この事業を運営している協働の底力組による「協働」がどういうものなのか?を解って貰う寸劇だ。思いの外演技をするので平凡になる。もっと大根の方が印象強い。県下協働事例は680に及んでいるが、その中から6事例が選ばれて発表するのだ。①熱海市地域活性化プロジェクト ②森町体験の里アクティ森 ③藤枝市本郷ふる郷普請の会 ④清水市NPO法人Be-club ⑤NPO法人東海道・吉原宿 ⑥掛川市倉真まちづくり委員会がそれぞれ個性的な協働活動を発表した。何れも参考になる貴重な事例であった。

Img_4391 Img_4392 続いて静大日詰教授がコーディネートするパネルディスカッションになる。県建設技術管理センターの堀野副所長・民間としてアクティ森の永田氏・市民活動からは野村代表理事とそれぞれ異なる視点から意見が飛び交った。裏方は意見を要約してA3版へ記入しボードへ貼り付ける。ぬかりなく進行するところは協働の底力組の底力なのだ。官×民・民×民・官×官それぞれの協働と官・民・産・学の連携交流の進化を少しだけ感じた。しかし5年の歳月としての成果は薄いのではないか?良いことしてる自己満足では進化しないと思う。更なる継続が底力を育てるに違いない。ご準備下さった皆様に敬意と御礼を申し上げます。

« まつまち会・松川の親水計画第3回勉強会&EM培養液散布 | トップページ | 伊東小室桜初咲き/プレスリリース »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/33347967

この記事へのトラックバック一覧です: 第6回協働事例発表会:

« まつまち会・松川の親水計画第3回勉強会&EM培養液散布 | トップページ | 伊東小室桜初咲き/プレスリリース »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30