« 古地図展・まちこん懐古映画鑑賞講座 | トップページ | ゴミ有料化から1年 »

2010年3月26日 (金)

農業委員会視察

 3/24(水)あいにくの雨の中、伊東市農業委員会の先進地視察を実施した。榛原郡吉田町の市民農園による耕作放棄地解消事例の研修と確認である。

Img_4760 Img_4758 Img_4765 Img_4764 Img_4768 先ずは町役場での座学である。パワーポイントで説明を受けQ&Aの後、現地へ向かった。日の出農園は一区画20㎡で年使用料は3000円、20区画満杯である。地下水が浅いそうで懐かしいくみ上げポンプが大活躍だそうだ。駐車場が無いことから徒歩又は自転車で来られることが条件の一つとなっている。成果として判断していることから今後も拡大するとのことである。伊東市に於いてはNPO郷組が運営する市民農園が既に稼働している。これからは、生産者と加工者との連携で新たな流通循環が出来そうな気がしている。

Img_4769 続いて静岡市清水区の農林技術研究所果樹研究センターを視察した。雨で足下が滑り畑に行くことができなかったが、県立農業短大として1学年定員10名を受け入れていることを初めて知ることができた。希望すれば後2年研修して4大資格にもなるそうだ。東部・中部・西部に各分研所があり、生徒一人当たりにするとなかなかの費用をかけていると思う。静岡県はお茶・みかん・メロンなどは全国でも屈指の生産地である。この研究所の価値も高いのだと思った。

 農業委員になって初めての視察研修だったが、私にとっては異分野の見聞である。しかしながら、その世界の方々からではない視点が求められているように感じている。実は、そう思っていないのは専門家の皆さんなのではないだろうか?

« 古地図展・まちこん懐古映画鑑賞講座 | トップページ | ゴミ有料化から1年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/33943492

この記事へのトラックバック一覧です: 農業委員会視察:

« 古地図展・まちこん懐古映画鑑賞講座 | トップページ | ゴミ有料化から1年 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30