« 猪戸通り道路改修 | トップページ | 大室高原自治会「春祭り」 »

2010年4月17日 (土)

案内サイン現場調査

 4/14(水)杢太郎記念館からオレンジビーチの杢太郎詩碑「海の入り日」へ誘導する案内サインを設置するために現地調査を行った。市観光課・都市計画課・松川周辺地区まちづくり推進協議会が導線を確認しながらサインの位置、目標地を実証実験である。この事業には既に100万円の市補助が決定し、目的に即した効率的な利用が求められる。

Img_2806 Img_2807 Img_2809 駅前銀杏通り旧駿河銀行交差点に設置してある案内サインはポールを含めて50万円だそうだ。何と高いことか!この規準で考えると2機のサインしか設置出来ないことになる。私は街灯や東電の電柱、使用を終わったポール等既存の設置物の利用を提案している。少なくても10箇所くらいの案内板を設置できるだろう。上限の決まっている予算を、いかに効果的に使うかは民間経営感覚で具体化することがホスピタリティに繋がる。

« 猪戸通り道路改修 | トップページ | 大室高原自治会「春祭り」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/34267050

この記事へのトラックバック一覧です: 案内サイン現場調査:

« 猪戸通り道路改修 | トップページ | 大室高原自治会「春祭り」 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30