« 地域の交通安全対策 | トップページ | 菓子まつりメイドイン伊東 »

2010年5月11日 (火)

祐親まつり奉納舞台&華舞台稽古

 5/29・30に開催される「祐親まつり/奉納舞台&華舞台」へ向かって、松原御船歌保存会の稽古に力が入ってきた。定例稽古は5が付く日なのだが、そのほかに10・20・29の特別稽古が加わり、菊間会長以下、上げ歌・側歌は万全の準備を整えている。

Img Img_2915 5/29(土)、今年度で13回を迎える伊東温泉薪能は野村萬斎氏を迎え狂言「呼声」を舞う。翌30日昼には伊東温泉奉納舞台、夜には華舞台が開演し、伊東の古典芸能・伝統芸能・芸妓など歴史文化やお座敷文化を松川上の舞台で披露する。我が松原御船歌保存会は、昼/初春・船ぞろい、夜/皇帝を朗唱するのだ。

 水上舞台の設置は河川を管理する県土木事務所としては画期的な許可事業である。災害時の安全確保から人口構築物設置は望ましくないとの考えである。地域活性とのせめぎ合いでは微妙な判断なのだろう。しかし、疲弊したまちづくりの打開に大きな楔を打ち込んだ英断だ。当日、県の土木関係者と協働のまちづくりの仲間を7名を泊める伊東合宿を企画している。地域人の心意気を「祐親まつり」を通して目の当たりにして貰いたいからだ。そこから生まれる「何か」を探すグッドチャンスである。

« 地域の交通安全対策 | トップページ | 菓子まつりメイドイン伊東 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/34640044

この記事へのトラックバック一覧です: 祐親まつり奉納舞台&華舞台稽古:

« 地域の交通安全対策 | トップページ | 菓子まつりメイドイン伊東 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30