« 第106回東海館みがき隊 | トップページ | 菊千代・えんぴつ寄席 »

2010年7月 9日 (金)

街の温泉情緒「お手湯」設置

 7/8(木)10時から今年度新規事業「お手湯」の設置場所について当局担当者と現地調査を実施した。中心市街地の散策ポイントに温泉情緒を醸し出すオブジェ的構築物を設置するのだ。予算が決定すると同時に担当課へ出向き事業の詳細を聞いた。600万円の予算は構築物と温泉引湯工事であるが故、温泉そのものは無償で確保することが原則であること。設置場所の確保は占用の確約を得ること等が主旨であった。私は即座に行動を開始し、引湯と場所占用の無償協力を取り付けた。今日は、その現場調査である。

Img_5204 Img_5200 Img_5201 Img_5203 Img_5202 湯の花通り松田椿油店前は、建物との調和が良い。椿をモチーフとしたデザインがフィットしそうだ。キネマ通りの中央四辻は、洋風でお洒落なデザインが良さそうだ。出来れば、東海館前にあと一つ設置すると回遊の後押しが出来る。伊東温泉は国内でも有数の湧出量を誇っているのだから、観光客が「さすが!伊東温泉だ」と感心するようなビジュアルを表現することが望ましいと思う。更に増やしていきたいと考えている。

« 第106回東海館みがき隊 | トップページ | 菊千代・えんぴつ寄席 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/35689210

この記事へのトラックバック一覧です: 街の温泉情緒「お手湯」設置:

« 第106回東海館みがき隊 | トップページ | 菊千代・えんぴつ寄席 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30