« 絵画展 | トップページ | まつまち会定例会 »

2011年11月12日 (土)

音無神社尻つみ祭り

11/10(木)18時からおとなし神社の奇祭「尻つみ祭り」が行われた。社殿に入って真っ暗闇の中で神事を執り行う。何も見えないながらも祝詞をあげ、玉串を奉奠する。滞りなく終わった後のなおらいは大変だ。御神酒を杯に酌むのだが、杯の場所が特定出来ない。困ってしまう。やっとのことで呑み終えると、隣の人のお尻をつねって合図とし、御神酒を回すのだ。室町鎌倉の時代にこの神社で、頼朝が八重姫との逢瀬を人目を忍んで愛を紡いだとの伝説から、他の者に気づかれないよう声のない以心伝心を表したと伝わっている。

Dscf0816 Dscf0818 Dscf0820 Dscf0824 Dscf0826 Dscf0828 今は観光イベントとして「尻相撲」が恒例の行事だ。伊東囃子の太鼓演舞の後、先ずは伊東市のゆるキャラ「ミカリン」に函南の「ネコニャン」が挑戦した。結局ミカリンの圧勝で決着した。観光客や地元の有志達が次々と対戦して盛り上がった。あいにくの雨模様だったが、集う人達の熱気で楽しいお祭りとなった。













« 絵画展 | トップページ | まつまち会定例会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/42981277

この記事へのトラックバック一覧です: 音無神社尻つみ祭り:

« 絵画展 | トップページ | まつまち会定例会 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30