« 辰年ダイアリー | トップページ | ソウル探訪 »

2012年1月 5日 (木)

松原八幡神社越年祭

 12/31(土)23時を回って松原八幡神社へ向かった。年納めと年始めの行事「越年祭」である。私が会員に席を置く松原御船歌保存会の仕切りで様々なもてなしを用意して参拝の方々をお迎えすることを恒例としている。零時丁度に太鼓が鳴り響き緊張が流れる。神職の祝詞と鈴払いの後、御船歌「船ぞろい」を奉納した。

Dscf1219 Dscf1222 Dscf1225 Dscf1226 天空から見下ろせば、寒中の深夜に寺山の森だけが光々と輝いているのだろう。厳かな空気の中に旧年への御礼と新年への希望が交差する。3.11の天災が再び起こらない保証は何もない。災害が引き起こす人災を最小限に食い止める方策と復興新生へのプログラムを作らなければいけない。全て「人」がやることだ。その一翼を担う年としたい。










« 辰年ダイアリー | トップページ | ソウル探訪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/43628928

この記事へのトラックバック一覧です: 松原八幡神社越年祭:

« 辰年ダイアリー | トップページ | ソウル探訪 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30