« 国際交流フェスティバル2012 | トップページ | 第9回伊東温泉東海館まつり »

2012年2月29日 (水)

松原火産霊(ほむすび)神社例祭

 2/28(火)古くから松原で「お不動さん」と言われ崇敬されてきた火産霊(ほむすび)神社例祭が松原八幡神社社殿において執り行われた。私は、市議として松原御船歌保存会の一員として席に着いた。神事は修抜の儀から直会まで厳かに行われた。

Dscf1635 Dscf1636 火産霊神社の御祭神は、火牟須比尊(ホムスビノミコト 火之神)と阿夫利之神(アフリノカミ 水之神・雨降神)の二神であり、火災や水害からお守り戴くことを祈願している。もともとは、松原温泉会館の地に祀られていたのだが、同館建設の経緯によって今日に至っている。例年恒例の神事として、松原御船歌保存会が御船歌「八幡丸」を奉納した。




« 国際交流フェスティバル2012 | トップページ | 第9回伊東温泉東海館まつり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/44307158

この記事へのトラックバック一覧です: 松原火産霊(ほむすび)神社例祭:

« 国際交流フェスティバル2012 | トップページ | 第9回伊東温泉東海館まつり »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30