« 松川沿いの伊東小室桜移植作業 | トップページ | 第6回秋のおさかな市&伊東湯めまちバル »

2012年10月30日 (火)

ツタンカーメン展&新東京駅

 10/26(金)ツタンカーメン展は朝から長蛇の列だ。9時半開館なのだが、ゆとりを持って8時半に行った。案の定だった。それでも思いの外早く館内に入る事ができ、ツタンカーメンと初対面するのだが、人の背中と頭で見にくいうえに、後続が押し寄せるのでゆっくり解説を読んだり観たり出来ない状況だった。500円で音声ガイドを借りたので何とか解ったような気がしたのだが、アッと言う間の出口となってしまった。

Dscf4215 Img

中の写真は撮ることが出来ないので並んでいるときの一枚と入場券である。古代エジプト第18王朝のファラオ「ツタンカーメン」は紀元前1333年~1324年の在位であったそうだ。黄金のマスクや眩い副葬品など興味は尽きない。ファラオの呪いにかからないようにそっと上野の森美術館を後にした。

 続いて東京駅へ向かった。1914年12月18日に竣工した「東京駅」は辰野金吾と葛西萬司の設計である。それから幾星霜!この度の復元を目の当たりにしたくて丸の内北口に下りた。高い天井を見上げる人と撮影している人だらけだった。そして自分もその一人となった。実は、辰野金吾氏のお孫さんと我が愚息が同じ中高に在校していたのだ。愚息の卓越した?スノーボードを指南したことから親交が深まったと聞いていたので、親子の会話に度々登場した金吾お爺ちゃんのことが記憶に残っていた。

Dscf4217 Dscf4220 Dscf4225 すっかりお上りさんを満喫して帰路についた。本当はもっとゆっくりしたかったのだが、仕方がない!18時からRCの合同例会が待っている。心残りの一日だった。





« 松川沿いの伊東小室桜移植作業 | トップページ | 第6回秋のおさかな市&伊東湯めまちバル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/47644351

この記事へのトラックバック一覧です: ツタンカーメン展&新東京駅:

« 松川沿いの伊東小室桜移植作業 | トップページ | 第6回秋のおさかな市&伊東湯めまちバル »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30