« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月26日 (水)

第15回とっておき冬花火&よさこいソーズラ

 12/22(土)伊東温泉今年最後のイベント「とっておき冬花火&よさこいソーズラ」へ常任観光建設委員長として席に着いた。所管最終公務である。伊東囃子のオープニングから市内外22のよさこいグループが劇的エンターテイメントを繰り広げた。

Dscf4944 Dscf4948 Dscf4952 Dscf4955 Dscf4961 Dscf4963 Dscf4964 Dscf4968 Dscf4969_2 Dscf4970_2 Dscf4973 Dscf4977 Dscf4978 Dscf4980 Dscf4990 遠くは北海道、山口県からの来訪はよさこいの絆あってのたまものと思う。幸いに風もなく、久方ぶりの好天に恵まれた。関係各位の御尽力に感謝である。


















 




























新伊東市民病院内覧視察

 12/20(木)市議会12月定例会を閉議閉会して13時から新市民病院の内覧視察会が行われた。来年3月1日開院向かって内外装を整え、医療機器の選定と外構工事が進んでいる。2F玄関を入ると明るいエントランスと長い真っ直ぐな廊下がスケールを感じさせる。見通しの良い喫茶室も備わっていた。

Dscf4922 Dscf4924 Dscf4923 廊下の壁には幾箇所も医療ガスアウトレットが完備されている。これは、私の希望として、設計前の段階から当局に提案していた設備で、サリン事件の時、聖路加病院が多くの負傷者に医療対応出来た設備で、廊下まで病室として活用するために酸素吸入の配管を施していたことからの情報なのだ。思わず嬉しくなった。

Dscf4928 Dscf4930 Dscf4931 Dscf4932 Dscf4934 Dscf4935 整った多目的トイレ、二カ所のお風呂は勿論温泉である。広い厨房の中にピンクの移動式保温器があった。はっと閃いた。小学校の給食室で中学校分までつくって、この保温器で搬入すれば新たな給食設備はいらないことになる。生徒が少なくなっている現状だからこそ可能なアイディアと思う。

Dscf4936 Dscf4938 Dscf4939 屋上のヘリポートは重篤患者を順天堂や浜松医大等への移送が可能となる。畳の助産室もきめが細かい配慮だ。4人部屋でもそれぞれのベッドサイドに窓を設け、閉塞感を和らげる設計もある。

Dscf4940_2 Dscf4941 Dscf4942 安全性・利便性にたけたシャワー設備や手術室からICU等への動線も効率的である。また、救急も一次、二次に即した動線も機能的だった。

Dscf4943_2 唯、余りに広くて迷子になりそうだ。数字での案内表示をしていたが、色で各科の動線をつなぐ提案をしてきた。また、デジタル機能の機器に対応しにくい年代への配慮として、コンシェルジュの設置をお願いした。病気にかかる安全安心は着々と進んでいる。また、病気にかからない予防と健康管理への対応も抜かりがないようだ。夜間までの健康診断のメニュー化や高機能医療機器の導入も決定を待つだけとなった。が、先ずは自分の健康管理は自分自身で・・・が先決である。









































クリスマス家族会

 12/18(火)伊東RCのクリスマス家族会が川奈ホテルで開催された。私は出席委員なので例会点鐘1時間前の5時入りした。今日の出席は90余名の大家族となった。親睦委員会の企画は盛り沢山でテノールの独唱や会員によるよさこい、婦人方のゲームと楽しい一時だった。勿論!川奈ホテル自慢のディナーとワインを堪能したことは言うまでもない。

Img_0001 お楽しみの抽選会で特賞のタラバガニが当たったことは、年の瀬のビッグニュースである。去年は酢蛸だったので格段のラッキーである。毎週の例会で顔合わせしているものの、家族一緒の言葉や所作は日頃に観られない光景がある。人柄が垣間見れて楽しいコミュニケーションとなる。私の来期は親睦委員会になるようだ。今から企画を考えておこう。

2012年12月19日 (水)

伊東観光協会女性部会&資源開発委員会との懇談会

 12/17(月)私が預かる常任観光建設委員会と観光協会女性部&資源開発委員会との懇談会を行った。厳しい観光経済の現状を踏まえて、議会と観光現場との現況共有と情報交換をすることとした。常任委員会7名に観協資源開発委員会6名、女性部会8名そして事務局2名の大人数となった。2時間はあっと言う間だった。具体的な事業や実行への方法論を交換できなかったが、思いや姿勢は相互に感ずるものがあったと思う。按針祭の今後やジオパークの活用など考えを聞きたかった。ただ、ジオパークの活用として教育旅行の取り組み強化を発言した女性部会に共感したのだが、ジオパークは「地学」と位置づけ、活用を視野に入れないような観協の発言は頷けなかった。いずれにしても、それぞれの方向性を見いだす機会となったことは意義深かった。今後も方法を変えて、よりフランクに発言・提案できる場として続けたいと考えている。

Img

2012年12月13日 (木)

大室高原自治会駐車場整備

 12/11(火)親しくお付き合い下さる大室高原自治会の駐車場整備の進捗状況を確認した。遠笠道路に面した県有地を県熱海土木との協議で、防災の一次避難所としての機能強化としてスペースの拡大を図った。地内の雨水処理の水路があることから第一次の取り組みとなる。整備前と後の状況である。

Dscf0865 Dscf0866  整備前の状況 

整備後の現状は Dscf4907 Dscf4908 このように整然となりました。今後は雨水路の補修と路面整備となる。











勤労者共済会ビンゴ大会

 12/4(火)年末恒例の伊東市 勤労者共済会主催の大ビンゴ大会が行われた。会場の観光会館別館にはおよそ150名が参加して盛り上がった。お目当ての商品をゲットしようと品定めにおこたりない。西島家の昨年は豪華すき焼き肉1.5㎏だった。夢再びともくろんだのだが???

Dscf4859 Dscf4861 Dscf4865 Dscf4867 Dscf4869 パキラの鉢植えとお餅券を手にすることができた。この会場は2年使ったが、準備する関係者は大変な労力となる。一作昨年までのようにホテル開催を望む声は多い。一考の必要がありそうだ。










ミュージカル伊豆元気サミット公演

 12/9(日)とうとう公演当日を迎えた。朝8時半に舞台関係者専用駐車場の鍵を開ける。ぞくぞくと出演者や下を支えるメンバーが集まってくる。冷たい空気のせいか緊張した面持ちだ。それぞれの役務に分かれて準備が進んでいく。ステージでは通しのリハーサルが繰り返されている。昨夜のゲネプロ後の楽屋では、主役のメイクの最終仕上げに立ち会うことができた。遠目に映えるメイクは通常のものとは別物でインパクトが大事である。

Dscf4876 Dscf4882 Dscf4888 Dscf4890 Dscf4889 Dscf4891 Dscf4893 Dscf4894 Dscf4895 Dscf4896 Dscf4898 Dscf4899 Dscf4900 Dscf4902 Dscf4905 心配した来場は徒労に終わる大盛況だ。800~900人の入場者でごった返した。ステージの熱演は言うまでもない。積み重ねた成果が随所に発揮され、皆さんを大いに楽しませてくれたと思う。私は何より子供達の成長が嬉しかった。ミュージカル活動に関わらせてもらい約10年になる。お遊戯や学芸会の発表会のような状況から見続けているから、その進化は実態として確認できる。素晴らしいクオリティとなって表現されていた。指導者・支援者あってこそ成し得たことと思う。子供達の成長はステージの技術ばかりでなく、身体、所作、挨拶等々精神の成長にも表れている。「ありがとうございました」・・・この言葉が自然に交わされていることが証明していた。大成功!!!おめでとう!!!!!!!

 公演中の撮影は出来ないので、用意ができ次第あらためてお知らせします。














































2012年12月 4日 (火)

第135回東海館みがき隊+西小6年生17人+教諭1人

 12/3(月)第135回東海館みがき隊は13名の隊員に西小6年生17名と教諭1名の31名の大みがき隊となった。私の親しい商工会議所職員からの照会を戴き、受け入れることにした。実はその商議所職員の従兄弟さんが引率してきたH教諭なのである。10時15分前の入館を約束していたので玄関で待っていると、姿は見えないが声高のざわめきが伝わって来た。にぎやかに6年生達が顔を見せた。二階30畳の中広間に集合して朝の挨拶となる。生徒3名に2名の隊員が貼り付き6チームで掃除箇所を分担して磨き始めた。

Dscf4847 Dscf4819 Dscf4830 Dscf4837 Dscf4840 Dscf4841 雑巾を持ったことも無ければ絞った事もない子供達には掃除機と違う掃除をどのように感じたのだろうか?が、若さは素早い順応を果たす。スピードの速さには目を見張った。通常の3分の2で滞りなく磨き終わった。生徒達が社会勉強として地域の様々な所や活動に参加して視野を広めていく授業である。先月は宇佐美中学校1年生を受け入れたが、落ち着き具合の違いは1学年の差として納得できた。終礼の際、一人一人の感想を貰ったが、最初に述べた言葉が全員に伝染するのか?リピート感想が気になった。個々の個性を感じさせて欲しかった。

Dscf4846 Dscf4858 Dscf4852 その後2班に分かれ、案内人会のおじさん(みがき隊員)に東海館の歴史や建築文化のガイドをしてもらた。私達は、子供の感性で郷土の歴史や文化を体感してほしいと考えている。孫やそれ以下年代の子供達と話しをしながら、過去と現在と未来への思いを紐解き、繋ぎ、楽しむ時間を共に過ごすことが大好きなおじさんやおばさん達なのだ。また、遊びに来てほしい。























ミュージカル伊豆元気サミット稽古

 本番を一週間後に控え、仕上げに入ったミュージカル伊豆元気サミットの衣装を着けた通し稽古が行われた。ヒロ先生の厳しい指導に出演者の緊張が伝わってくる。

Dscf4800 Dscf4803 Dscf4805 Dscf4808 Dscf4809 Dscf4812 この活動にかかわっておよそ10年になるが、子供たちの成長は著しいものがある。歌・踊り・演技は勿論だが挨拶から始まる人間同士のコミュニケーションの成長には驚くばかりだ。教えていただくことへの感謝と、支えたり支えられたりの思いやりがそうさせるものと確信している。させられる挨拶運動が形骸化していることがうなずける。打ち込める目標に、チームや団体の一員としての自覚が芽生え、相互活動となっている。12月9日午後1時半からの舞台を心待ちにしている。
















富士見町防災訓練

 12/2(日)市内各町内一斉の防災訓練が行われた。私は居住地区である富士見町に参加した。

Dscf4780 Dscf4785_2 Dscf4789 富士見町は床の町内より取り組みが深く、会長を始めとする役員各位に敬意を感じている。今回も100名以上の町民が参加して様々な取り組みを共有した。







2012年12月 3日 (月)

常任観光建設委員会特別研修会

 11/28(水)今日は私が委員長を仰せつかる伊東市議会常任観光建設委員会の特別研修会の日だ。東京お台場に本社を置く株式会社乃村工藝社様の事業開発本部長とマーケティング部長を招聘して「人の集まる空間づくりと観光施設の指定管理について」をテーマとしたセミナーである。10時44分伊東着を出迎えて観光文化施設東海館へご案内した。開設の経緯から市指定文化財としての活用、そしてその実態についてつぶさに観察して頂いた。

Img Img_0001_2 Dscf4778
 昼食を済ませて13時半から7名の委員会委員+数名の議員、そして観光経済部&建設部から課長以下約10名が興味深く、且つ熱心に聞き入った。乃村工藝社が関わる指定管理は14カ所に及ぶ。一流企業のノウハウは鋼入りだった。スカイツリーの真下ソラマチのプロデュースでは新・下町力をテーマに地域の歴史をとことん掘り下げてアイデンティティを創り上げる。行政感覚ではおぼつかないプロの集客策は、これでもかの連続企画をくり出していた。赤字になったらお終いなのだから、利益が出るための努力は当たり前だ。官が経営する生ぬるさを改めて思い知らされた。

Img_0001 80分のプレゼンの後、質疑応答となった。一人一人がどのように感じ、どのように活かしていくかは今後の活動に表れると思う。今までの常任委員会は議会に折れる当局からの案件や委員会、協議会での議論が当たり前のことである。が、積極的に外に出てこの目で、この手で確認し感じる。そして広げ深めて具体を探求する!そんな改革を進めている。議員の仕事を「見える化」していくことが大切だと考え実働している。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30