« 伊東建築業協同組合40周年祈念式典 | トップページ | 遠州横須賀三熊野神社大祭 »

2013年4月 2日 (火)

第139回東海館みがき隊

4/1(月)今日は、私が所属している橘俳句会の5月例会会場の登録のために8時半に「はばたき」へ行った。登録整理券を貰う人達が既に並んで待っている。私は10番目だった。券を貰っても登録手続きは9時半からなので、家内と朝マックをすることにした。遠くから見えている方は1時間待っているそうだ。それも大変だ・・・と思う。もっと合理的な方法はないものか?

 第139回東海館みがき隊は、福田隊長以下、竹内・鈴木・稲葉・海瀬・中村・手老・堀・小宮・山本・平田の各隊員に長谷川親娘3連隊そして私の15名が参集した。館長の話では清掃担当のスタッフが退職したので、掃除が行き届いていない・・・との言葉にムラムラ???(違うか)雑巾指数が高まってくる隊員達!長谷川ファミリーのチビッ娘隊も拍車がかかる!望楼は鈴木隊員の独壇場!ガラス磨きランキング1位を競う福田&竹内両隊員もヒートアップだ!各隊員それぞれに熱が入る。

Dscf5920 Dscf5922 Dscf5924 Dscf5925 Dscf5938 一階葵の間から松川を見ると一輪の椿が咲いていた。水面をバックに淡いピンクの八重が楚々として美しい。伝統建築にフィットして思わずシャッターをきった。

 終了後、山下館長に改修中の本館二階を見せて貰った。此処は、耐震補強工事によって部屋の意匠の全てが失われた所である。開館以来「開かずの間」となっていた所だ。当時のままの復旧はままならないことから、歴史文化の展示や集会などに活用できるコミュニティの場となる。市街地のランドマークとして多様な情報の発信基地となることが望ましい。










« 伊東建築業協同組合40周年祈念式典 | トップページ | 遠州横須賀三熊野神社大祭 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82325/51061344

この記事へのトラックバック一覧です: 第139回東海館みがき隊:

« 伊東建築業協同組合40周年祈念式典 | トップページ | 遠州横須賀三熊野神社大祭 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30