« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

「富玖の会」区有地草刈り作業

9/29(日)8時半から玖須美区有地の草刈りと倒木の整理を行った。請け負ったのは「富玖の会」元区議のオールドパワーズです。私もその末席を汚しながら、様々な活動や楽しきことを共に過ごさせて戴いています。

Dscf7855 Dscf7856 Dscf7858 Dscf7865 Dscf7866 Dscf7862 今日は10人が参加しましたので、合計年齢は700歳から730歳の間と予想されます。それにしてもパワフルです。遊休の区有地は、荒れれば荒れるほど更なるゴミ捨て場となります。綺麗な所にはゴミは捨てられないのが心理のようです。カン、ビン、ペットボトル、金属、パイプ、木片、生活ゴミ等々雑多に捨てられていました。また、直径45センチはある倒木や枝類は無数です>無敵の六さんがチェーンソーで切り、電気釜で刈っていきます。私達はそれを米袋に入れて更に市指定ゴミ袋をかぶせます。

Dscf7850Dscf7867 Dscf7842Dscf7870 ピントが合っていませんが、こんなに綺麗になりました。地場産品の「地産地消」のように、地元の環境保全も「地働地快」が気持ち良いですね!!








 

 
















2013年9月28日 (土)

ミュージカル「青い目のサムライ」DVD

9/25(水)第67回按針祭協賛事業として公演したミュージカル「青い目のサムライ」のDVDが完成し市長にお届けした。伊東ミュージカル劇団創立10周年を祝う公演と位置付けて、寝食を忘れる程に尽力した上山劇団代表を同行しての訪問だった。

Dscf7840 今年は平戸にイギリス商館が創られて400年の節目であり、按針に所縁の深い伊東・臼杵・横須賀が平戸市の呼びかけで初の「ANJINサミット」を開催したことは既に周知の通りである。そこで、来年の開催市が伊東であることから、公演したミュージカルのDVDを伊東市から3市へ送って戴き、更なる友好を深めるよう役立てて戴きたいと考えたからである。市長は、公演を鑑賞した印象や市民活動意義などを話され、依頼への協力を快諾してくれた。私達の10周年事業は、これで一区切り!ホッとしています。あらためまして、公演に御協力戴きました多くの皆様方に感謝申し上げます。

消防フェスタ

9/23(月)7時半に家を出て多賀の富西寺へ彼岸の墓参りに行った。お寺との付き合いは実家がしてくれるので安心だが、母も90歳なので私も覚えておこうと思いながら、ついつい甘えてしまう。それでも、年間の行事や付き合い方の一つ一つをパソコンに残し始めた。墓参を済ませ実家の母と兄との近況報告、そして10時からの消防フェスタへ行った。

Dscf7831 Dscf7835 Dscf7837 毎年のことだが家族連れで大賑わいだ。市消防と消防団のコラボが様々な体験や情報提供を楽しく発信している光景が心地よい。昨夜消防本部前を通った折りも灯りが点いていたので遅くまで準備していたのだろう。本当にご苦労様です。いざという時の的確な行為行動は、日々の訓練や研鑽によって培われる。また、隊員や団員が活動できる裏側に家族の応援があることを見逃してはいけない。隊員の子供達は、さぞ父親の勇姿に誇りを持ったに違いない。







2013年9月21日 (土)

青い目のサムライ復刻版出版祝い

9/20(金)18時から青い目のサムライ復刻版出版祝いが開催された。故牧野正氏によって1984年初版の「青い目のサムライ」を復刻させたその立役者水口進吾御夫妻を囲んで伊東市の著名人およそ100名が参集した。

Dscf7816 Dscf7819 Dscf7821 Dscf7817 Dscf7825 伊東の徒然は、集まった諸先輩一人ひとりが語れば語るほど広がり深まる。その中でも按針との関わりは希少な歴史として語り継ぐものである。郷土を知る小学教育に活用したい解りやすい教本となるはずだ。掘り起こし・磨き上げは後の世代に引き継がれてこそ意味がある。











2013年9月20日 (金)

川奈区内国有農地原材料支給

9/20(金)路面の陥没や崩壊で人も車も通行に差し支えている川奈区内国有農地へ昨年に続く第2回目の原材料支給を行った。ボランティア支援団体「汗の会」会長であり、我が後援会の事務局長でもある片山智ちゃんと私で搬出搬入をした。日頃、ハサミより重い物は持たない私には一袋30㎏のアスファルトは重い!一方、片山智ちゃんはずば抜けた力持ちだ。20袋を現地に届けた。

Dscf7811 Dscf7813 Dscf5654 後は近隣の皆さんが必要な場所にアスファルトを補い整備する。まさに地域市民と市所管との協働である。毎年積み重ねることが生活環境の改善になるのだから共助の模範だと思う。今後もそんなパイプ役を担っていく。







伊東RCファイアーサイドミーティング

9/17(火)18時からRCお月見例会別名「ファイアーサイドミーティング」を開催した。進行は我々親睦活動委員会の役目です。一週間前に下見と称して委員で食事をした。勿論、本番の料理&飲み物、時間、テーブルセッティング等の打ち合わせも綿密に行った。

Dscf7810 7名づつ5グループに分かれてテーマに添って意見交換する。そして食べる。呑む。チームリーダーと取りまとめて発表する者は前もって決めておくので落ち着かないようだ。私は全体進行が任務なので各テーブルを回って最終への体制を整えるよう要請する。そして、発表となった。詳細は割愛するが、家業を頑張ること、それが社会への貢献に繋がる。志や社会観を共有する仲間を増やすことが主旨であり纏めでもある。

 最後に、我々の意向を御理解戴き、協力下さった「NANKUL」のマスターと写真を撮ってお開きとした。

2013年9月18日 (水)

玖須美第5回敬老の集い「元気でありがとう」

 9/15(日)台風が気になって暗いうちから目が覚める。伊豆への上陸は明日なのだが、強い風に打ち付ける雨だ。8時半からの準備の頃には大分穏やかになった。9時15分開場だが、もう敬老者が集まり始めた。10時のオープニングはキヨミジャズダンススクールのキッズが華やかに飾ってくれた。阿部亨実行委員長、勝又孝明衆院議員、小野達也県会議員、稲葉秀一玖須美区長の挨拶が終わり、いよいよプログラムスタートである。今年も多彩に盛り込んだ。参加者の反応が気になるところだ。

Dscf7697 Dscf7712 Dscf7721 Dscf7725 Dscf7733 Dscf7748 ケンタローのジャグリング、ギブミーチョコレートの懐かしの歌謡曲、Leiマカロアの可愛いフラダンス、そして水戸黄門のテーマにのっての元気体操で一幕終了となる。舞台が何気に寂しいと思ったら吊り看板が着いていない!休憩中に対応してもらったが、公社の配慮は足りない。二日前には搬入しているのだ。うっかりしていたようだ。

Dscf7752 Dscf7762 Dscf7790 二幕はふしぎ屋のマジック、山本氏の腹話術、島田すがこバンド、キヨミジャズダンススクールと続く。

Dscf7780 Dscf7770 Dscf7786 子ども達のダンスが終わると手作りのレイが敬老者の首にかけられた。まるで孫からのプレゼントのようにもうニッコニコである。勿論私もニッコニコである。フィナーレは島田バンドにのって「蜜柑の花咲く丘」の大合唱となった。

Dscf7793 Dscf7797 私は最後に挨拶させていただいた。敬老会の無い地区の皆さんにも楽しんで貰える集いが出来ないだろうか?現実行委員長阿部氏と相談して始めたのが5年前、沢山の協力者のお陰様で200名の敬老者が楽しめる地域コミュニティ活動に広がった。出演の子ども達も5歳重ねて成長が実感できる。お爺ちゃん、お婆ちゃんも一年一年の楽しみと笑顔を重ねてくれている。老若男女、障がいの有る方も参加いただき、玖須美区会、町内会などお世話下さる皆さん総勢280人の大交流会となった嬉しさと感謝を申し上げた。



































2013年9月15日 (日)

おおむろ交流会

9/14(土)大室高原自治会の敬老の集い「おおむろ交流会」に出席した。今日明日の2日間でおよそ70名が参加する福祉事業である。佃市長、勝又衆院議員、小野県議、山木市社会福祉部長とともに席に着いた。今年も自治会食育の会調理のヘルシーな昼食に舌鼓を打った。

Dscf7691 Dscf7692 Dscf7696 敬老者といっても益々お元気で、その秘訣はを聞くと楽しく過ごす事だそうだ。趣味も玄人はだし!クオリティの高い作品の数々に秋の文化祭でお目にかかる。毎回出席させて戴き、今年で5回目になる。顔見知りが増え、親しさも増して楽しい一時を過ごさせてもらった。ご馳走様でした。





1981年のカレンダー

 9/6(金)私の美容室のお客様が珍しいカレンダーを持ってきてくれた。1981年の観光協会発行のもので、歴史や昔話をちりばめた貴重なものだった。

Dscf7668 Dscf7672 Dscf7673 Dscf7676 Dscf7677 Dscf7681 Dscf7683 Dscf7682 Dscf7678 早速観光課へ持ち込むと、課長や補佐に囲まれて、ああだこうだの憶測合戦となり大騒ぎだ。私は、名刺大の蛇腹仕様のカレンダーに各月の観光イベント、地域のお祭り、旬の山海の幸、季節のグルメ、散策スポット、季節の遊び、ウォーキングコース等々を盛り込み、ホテル旅館、観光施設、駅頭などでお客様に配布したら・・・と思いついた。観光協会や観光課を口説いてみるつもりだ。























2013年9月 5日 (木)

挨拶運動 in 伊東駅

 9/4(水)第一水曜日の朝7時は、伊東駅での挨拶運動です。高越安全母の会と市生涯学習、生活防災の職員が幟を持って「おはようございま~す」「いってらっしゃ~い」と爽やかに声掛けをする。私も参加してもう7年くらいになった。

Dscf7664 Dscf7666 顔見知りの皆さんと会うことも多い。また、朝食に訪れる方も少なくない。様々な顔と出会い、挨拶を交わすのだが、大方目を合わせることを嫌われてしまう。体育系高校生の反応はすこぶる良い!朝の9文字「おはようございま~す」で一日の幕開けに心地よさを感じて欲しいと思う。




2013年9月 3日 (火)

第144回東海館みがき隊

 9/2(月)第144回東海館みがき隊は、福田隊長以下、竹内、仲田、鈴木、稲葉、堀、手老、長谷川の各隊員の8名が炎暑の中を駆けつけてくれた。私は市議会9月定例会の一般質問に登壇することから質問概要の通告をしてから合流したものの、既に終わりに近く、何の役にも立たなかった。酷暑と降らない雨のせいか?廊下も畳も汚れるのだろう。雑巾が真っ黒になっている。

Dscf7652 Dscf7649 Dscf7655 Dscf7641 Dscf7643 館内を回ると新設した「按針の小部屋」に来館者が興味深く見入っていた。今後、伊東祐親さんと東郷平八郎さんの小部屋も併設する予定と聞くところだ。・・・が、伊東市指定有形文化財木造三階建て旅館「東海館」は、建物そのものと佇まい、意匠や旅館文化の歴史観がえもいわれぬ情緒と風情を醸し出していると思う。東海館は東海館としてその魅力を魅せたいと思う。按針顕彰は日本の歴史に大きな方向を示した「羅針盤」であり、小部屋に押し込んでしまうものか?と少々疑問でもある。小部屋づくりに御尽力された皆さんの労には充分に感謝なのだが、その皆さんにとっても按針の足跡は大きいと思っている筈だ。我が郷土ならばこその誇りは「日本初の様式帆船建造の地」である。他の観光地との差別化を表す絶好のアイデンティティと思うのだが・・・。もっとアカデミックに、海洋文化の歴史と共に徳川300年のスタート地点で出会った按針の影響が、後の日本にどのように位置付いたのか・・・なぜ、伊東だったのか・・・等々、本格的な情報集積と発信の拠点施設を作りたいと考えている。既存の市有施設の活用も出来る筈だ。







玖須美南地区防災訓練

 9/1(日)私は、住まいのある玖須美南地区防災訓練に出席し、家内は事業所のある松原湯端町に参加した。玖須美南地区は、何事においても地域活動に熱心で、各町内役員総出で責任任務を果たし、特に防災への意識は高く、毎年の訓練には500人から600人の動員を示している。

Dscf7611 Dscf7619 Dscf7623 Dscf7633 Dscf7634 9月に入ったものの灼熱の太陽が襲いかかる。会場である南中学校の校庭は、三角巾、担架、消化器消化、放水と各メニューを体感する地域住民の真剣さが伝わってくる。「自分の命は自分で守る」。被害者にならない!傍観者にならない!それぞれの心に響いたことと思う。













2013年9月 1日 (日)

伊東ロータリークラブ納涼家族会

 8/27(火)伊東RC親睦活動委員会の大きな年間行事の一つに位置付く納涼家族会をサザンクロスリゾートで開催しました。日頃支えて戴く奥様や御家族に感謝と労をねぎらい、美味しいお食事をロマンティックなガーデンで楽しんでもらう企画です。紅に染まり行く天城の稜線が絶景のバックボードになるといよいよ宴の始まりです。

Dscf7593 Dscf7597 Dscf7600 Dscf7609 今回は、料理もショーもテーマは地産地消!地元の食材、地元のアーティストのパフォーマンスに大満足です。そして奥様方のパターゴルフとジャンケン大会でクライマックスを迎えます。私は親睦活動委員会の副委員長として司会の大役を仰せつかりましたが、皆様の御協力で大過なく閉宴になりましたことの胸を撫で下ろしています。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30