« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月26日 (木)

新井神社恵比寿神奉納奉告祭

12/24(火)伊東自然歴史案内人会の予てからの願望が叶った。七福神巡りのなか、唯一実像のない新井神社の恵比寿神が、株式会社石井石材様の御厚志によって寄贈され奉納奉告祭が行われた。市長をはじめ行政・地域・経済・市民が参集しての神事、除幕式は思いも格別である。

Dsc00552 Dsc00560 Dsc00426 この秋に案内人会の親しい友人から相談を受け、直ぐに石井石材様に協力を仰いだ。何と!即答で快い返事を戴く大感激の瞬間だった。380㎏の恵比寿神に480㎏の台座、更には設置に係る一切の施行まで全てを石井石材様の御寄付で建立できたことに唯唯感謝の一語に尽きるものである。また、井上宮司の協力があって神事も滞りなく終えることが出来た。お正月の七福神巡りは数段の充実がはかられること受け合いである。文化、観光、教育等々利用価値は計り知れない。民×民協働の成果である。







新ユニット誕生

12/24(火)私の親しい舞踊家岡崎先生と音楽家島田先生のジョイントプロデュースによる新ユニットを市長に紹介した。13名の中高生で編成したユニットが踊り歌うデモストに見入る市長の嬉しそうな表情が印象的だった。会場の市役所ロビーには通りがかった職員や来訪者が足を止めて見入っている。

Dsc00567 Dsc00570 Dsc00574 「オレンジビーチで待ってるわ」の刺し作曲は島田先生、振り付けは岡崎先生のオリジナルである。ユニット名はこれから募集とのことだが、様々なイベントへ協力したいとの思いから結成に至った。もう10年来の付き合いのなかで、子ども達の成長が目に見えて嬉しいかぎりである。伊東の元気づくりのために市民が創意工夫を凝らして活動することが素晴らしいと思う。







伊東温泉競輪開設63周年記念椿賞争奪戦

12/23(月)伊東温泉競輪開設63周年記念椿賞争奪戦の表彰式に出席した。15時半に競輪場へ入り、最終11レース椿賞の車券を買った。誕生日と七福神にちなんだ数字で5種類、各1000円づ買ってレースに注目すると、なんと!9-1で当選したのだ。約13000円になったので、資本金5000円を差し引いて8000円の臨時収入となった。

Dsc00537 Dsc00538 Dsc00544 勝者は福島の山崎選手で、大向こうからのかけ声がかかる人気選手だった。売り上げ目標63億円を4億上回る67億円の売り上げは全国競輪施行都市にとって大きな光となったはずだ。椿賞では一昨年も観光建設委員長として出席した際に30000円くらい勝ったこともあり、験が良いらしい。さて、来年はどうなるでしょうか?







第16回とっておき冬花火&よさこいソーズラ祭り

12/22(日)今年の最終イベント「第16回とっておき冬花火&よさこいソーズラ祭り」が開催された。過去には大雨や大風にさらされ、寒さに震えながらのあったが、心がけの良さが天に届いたのか絶好の好天に恵まれ、演舞者も観衆も笑顔のお楽しみである。市議会議長として出席したセレモニーでは、餅まきで蜂の巣を突いたような大騒ぎである。

Dsc00533 Dsc00534 Dsc00535 今回は伊東駅で「よさこいウェルカムステージ」としての演舞が観光客へのおもてなしとなり、夕方からは伊東囃子保存会の太鼓演奏が観客を魅了した。そして23のよさこいチームの白熱した演舞に拍手喝采とともに、冬花火で今年のイベントの幕が下ろされた。







2013年12月21日 (土)

伊豆フィル36回定期演奏会

12/15(日)14時開演に慌ただしく駆け込んだ。伊豆フィル36回定期演奏会はヴェルディ作曲歌劇「ナブッコ」序曲から始まった。受付で某市の市長と会い、席に着くと前席に座っていた。偶然とは言うものの何気に窮屈な感じである。一曲目が終わったタイミングでそっと抜け出した。3時から松原八幡神社の「年越の大祓式」が控えているので中途退席となったことが残念だ。クラッシック音楽はそれほど身近では無いが、伊豆フィルを育てる会の会員なので時間が折り合えば足を運んでいる。定期公演の半分位は体感していると思う。Dsc00520 いつも思うのは、小学生への体験コンサートをしてほしい。大勢の人の前で、触って、叩いて、吹いて、弾いて・・・子ども達の感性に響くに違いない。

2013年12月18日 (水)

クリスマス家族会

12/17(火)伊東RC恒例のクリスマス家族会が川奈ホテルで開催されました。会員と家族約90名の参加を戴き、美味しいディナーと楽しいゲームに幸せなひと時でした。私は親睦活動副委員長として総合進行が任務です。オープニングから閉宴に至るまでの進行を滞ることなく全うさせるディレクターです。

Dsc00525 Dsc00527 Dsc00531 伊東スパークスのスティールパンライブショー、伊東RC台北訪問ウクレレ合唱隊、サンタさんからのプレゼント、お子様奥様皆さんのゲーム大会、お楽しみ大抽選会と川奈ホテル提供のスイートルームとインペリアルスイートルーム無料宿泊券の大ジャンケン大会と盛り沢山のプログラムです。豪華なフレンチも進行の合間で口に放り込む慌ただしさでしたが、皆さんの笑顔が何よりです。親睦活動委員会のチームワークに万歳!!







越年の大祓式

12/15(日)松原八幡神社「越年の大祓式」に出席しました。拝殿には氏子や多くの関係各位が席を埋めています。島田宮司による神事の中、自祓いは「人形ヒトガタ」を自身の気になる部位に擦りつけ、切麻散米して清めます。その後、松原御船歌の「舟ぞろい」が境内に響き渡りました。

Dsc00523 越年の大祓式は、夏越しの大祓式と一対の年間行事で、一年を締めくくり、新たな年を健康で家内安全に過ごせるよう、改めて心掛けようとの意味が込められた行事です。

伊東市手をつなぐ育成会クリスマス会

12/15(日)安全・安心フェアいとうを後にして伊東市手をつなぐ育成会クリスマス会へ向かいました。会場は例年協力して下さるラヴィエ川良さんです。身体に御不自由のある皆さん方が待ち望む一大イベントです。この日の嬉しさや楽しさが皆さんの活力を育む大切な時間だととうかがいました。私がサンタクロースになってプレゼントを手渡すと、万感の笑顔で握手を求められ、私は余りに嬉しくて皆と握手をしてしまいました。

Dsc00508 Dsc00512 Dsc00514 三歳違いの弟も同様に障がいを持つ身ですが、父母の発案で彼のクラスの皆を蜜柑狩りに招待したことを思い出しました。弟が来宮の小学校へ通っている頃です。もう50年以上前のことですが、蜜柑を取った彼たちの満面の笑みが浮かんで来ました。彼たちが心地よく日々を過ごせる社会福祉の充実を推進することは私達の課題です。







 

安全・安心フェアいとう

12/15(日)年末の交通安全県民運動と年末特別警戒が行われる中、市役所ロビーで「安全・安心フェアいとう」が初開催されました。関係各位の参加と共に多くの市民が訪れ、各ブースの啓蒙活動を興味深く見学していました。

Dsc00502 Dsc00505 Dsc00500 レースカー仕様のゴーカートが3台用意され、駐車場はコーンで仕切られたサーキットに早変わりです。子ども達は開始時間を待ちわびています。伊東少年少女合唱団のオープニングに続いて伊東市生活安全推進協議会佃弘巳会長の挨拶、そして副会長を仰せつかる私が御挨拶を申し上げました。気ぜわしい年末は交通安全や防犯意識が薄れる時です。一人一人が充分に注意を払い、そして周辺に目を配り、気を配って安全安心を確保したいものです。

2013年12月16日 (月)

伊東温泉紅白合戦2013

12/8(日)伊東温泉紅白合戦2013が観光会館ホールで開催されました。今回で8回目になります。カテゴリーを越えたパフォーマンスの団体戦で、私は今年も審査委員長の大役を担わさせて頂きました。スティールパンの伊東スパークス・吹奏楽の伊東シティウインドオーケストラ・フラダンスのReiマカロア・ゴスペルのNO BORDER’IZU・道越裕海・ダンスト歌のパドリスタ・ダンススクールFUN・よさこいのいとう武士道の8チームに応援団として富士市からチアーズファクトリー、天城から天城連峰太鼓が駆けつけました。

Dsc00431 Dsc00432 Dsc00437 Dsc00441 Dsc00447 Dsc00452 Dsc00456 Dsc00461 Dsc00466 Dsc00467 Dsc00468 Dsc00483 Dsc00485 Dsc00487 Dsc00492 教育長賞はゴスペルのNO BORDER’IZU、審査委員長賞はよさこいのいとう武士道、市長賞はダンススクールFUNへ贈られました。そして団体戦は紅組の勝利で幕を閉じました。どんどん増していくクオリティに、来年が楽しみです。











































富士見町防災訓練

12/8(日)玖須美区富士見町の防災訓練が会館前で行われ参加した。120名以上の参加は住民意識の高さからのたまものと思う。また、活動にご準備下さる防災会や関係各位の御尽力と心から感謝するものです。

Dsc00401 Dsc00405 Dsc00410 いざの時には先ず自助、そして共助となる前に「近助」です。目の届く、声が聞こえる近所に意識を置きましょうと挨拶させて頂きました。私が若い頃には「向こう三軒両隣」の言葉はお付き合いの象徴でした。個人-家族-向こう三軒両隣-共助-公助です。そして自治防災が地域の要になります。







勝手に感謝状

12/4(水)松川周辺地区まちづくり推進協議会の特徴的事業「勝手に感謝状」が湯の花通りのワサビ屋さん「山城屋」さんに手渡された。素朴で清楚な佇まいに季節の花が飾られ、和文化の「おもてなし」を心掛けています。地味ですが、渋いわびさび風情が私の一押しです。

Dsc00365 Dsc00368 Dscf2323 御主人は目立つのが苦手で、選考時に躊躇されたようですが、快く受け取って頂きました。伊東温泉に相応しい一店だと思います。 







伊東市勤労者共済会ビンゴ大会

12/4(水)伊東市勤労者共済会恒例のビンゴ大会がホテル聚楽で開催され参加した。120名の会員とその家族で会場は熱気満々です。多彩なバイキング料理に舌鼓を打ち、特賞3万円やお値打ちの景品をビンゴで決定します。

Dsc00373 Dsc00382 Dsc00396 零細の我々事業者にとって従業者への福利厚生や共済金制度は大変有り難いものです。また、事業所相互に支え合う割引制度も大きな魅力です。近年従事者の減少が顕著なことから会員の増強も厳しい状況ですが、良い制度なので御理解頂きご参加を周知しているところです。興味のある方はご連絡下さい。







2013年12月 5日 (木)

第5回秋の小室山俳句大会・第30回小室山観光リフトまつり写生大会表彰式

12/1(日)東海自動車が主体となる第5回秋の小室山俳句大会・第30回小室山観光リフトまつり写生大会表彰式に議長賞のプレゼンターとして出席した。大人も子供も小室山にちなんだ絵や句を応募し、厳正な審査で受賞した皆さんとご家族が席を埋めた。

Dsc00329 Dsc00333 Dsc00336 Dsc00337 Dsc00338 Dsc00341 子や孫の晴れ姿を写真に撮ろうと、ご家族の喜びが目の当たりだ。私も同様の気持ちだったのは50年以上も前のことになる。思いがオーバーラップして自分の事のように嬉しい気分になった。
















2013年12月 4日 (水)

第4回お座敷文化大学文化祭

11/30(土)第4回お座敷文化大学文化祭が伊東市観光・文化施設「東海館」で開催された。私は市議会議長として開会式に出席した。

Dsc00282 Dsc00287 Dsc00288 Dsc00292 Dsc00302 Dsc00312 お座敷文化大学を卒業した2名の女性が芸妓姿に飾って、都々逸、手踊り、所作等を披露して無事の卒業認定を受けた。伊東温泉の芸妓衆も50人足らずで少々寂しい限りである。「少妓高齢化」では先細りばかりだ。アイドルづくりや憧れるパフォーマンスやクオリティを高めることも一つの切り口かも知れない。もっと積極的なアピールが必要だ。文化は生活に溶け込んでこそ文化であるのだから、お座敷がかかりやすい仕組みや売り込みも大切と思う。観光関係者でじっくりと考えてみたい。
















2013年12月 1日 (日)

まちこん伊東第10回福祉寄席

11/30(土)まちこん伊東福祉寄席も第10回となりました・・・が、この事業は今回を以て最終回となりました。「古今亭菊千代独演会」は手話を交えた一題と普通?のと一題、計二題の古典落語を楽しんで頂く福祉事業です。当然、木戸銭の一部を福祉基金に寄付させて頂いてきました。今回は、「芝浜」と「初天神」でした。

Dsc00313 Dsc00325 Dsc00324 菊千代師匠は、落語会初の女性真打ちで、本来の落語に手話や外国語等を付加価値とした独自の古典を目指し取り組んでいる頑張り屋さんです。私達は、その思いを応援したくて「菊千代☆伊東会」を立ち上げ4年半になりました。私が事務局長を仰せつかっておりますので、落語大好き人間の方には御連絡を頂ければ幸いです。年会費は3千円です。毎年5月か6月に、旅館山喜で「伊東温泉寄席」を定期開催しています。会員になると御招待が特典です。是非ご連絡ください。





第3回コンビビアート展

12/1(日)10月に入って直ぐに議長室を訪ねて下さった画家の大島先生が御案内下さった「第3回コンビビアート展」を観賞しました。静岡県立東部特別支援学校・特定非営利活動法人クープおおはら・障害者支援施設碧の園がアートで結びつき、更に協力作家の方々の参考出品と合わせた展覧会です。障がいを持ちながらも素直で自由な感性で描く絵からにじみ出る清々しさは、公務が重なり気が張る私にとって一服の清涼剤になりました。

Dsc00360 Dsc00349 Dsc00354 Dsc00351 Dsc00352 Dsc00353 Dsc00357 Dsc00358 展示28作品それぞれに「気」を感じたのですが、その中で興味を引かれた数点を紹介しました。色使いが素晴らしく綺麗です。また、表現が斬新です。次回は私も出品したいと思いました。






















« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30