« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月28日 (金)

マリにゃんラッピングバス運行セレモニーd゛

 3/28(金) マリにゃんラッピングバス運行セレモニーのテープカットをしました。東海バスのマリンタウン線や伊豆高原方面に一日6便が運行し、年間220万人が訪れる伊東マリンタウンのPRに寄与する事になります。

Dsc01396 Dsc01398 Dsc01403 Dsc01406 伊東温泉ゆるキャラ四天王と湯川幼稚園児共演の「恋チュン」が幕開けに色を添え、賑やかに運行を開始しました。

奥野ダム小水力発電完成式

 3/27(木)15時から奥野ダム小水力発電完成除幕式を行いました。約1億6千万円の発電装置の出力は110万キロワット時、一般家庭186世帯の一年分を電気をつくります。また、年間1900万円の売電を確保できるのですから強い味方です。

Dsc01388 Dsc01386 Dsc01390_2 同時に、子ども達234名が応募したダムキャラクター名は「おくのくん」に決定しました。余りに意表を突く単純明快さにどよめくが沸く面白さです。主催者は、副賞の手づくり「おくのくん」10数体の製作に大変だったことでしょう。エネルギーの地産地消推進は喫緊の課題です。

行政視察「岸和田市競輪事業」「奈良市観光戦略」・奈良市長&議長表敬訪問

 3/24(月)会派「正風改革クラブ」8名で岸和田市へ競輪事業を視察しました。昭和25年開設からの一般会計への繰入金は約600億円にも及ぶ貢献実績を誇る事業展開のレクチャーを受けました。敷地内にサイクルピア岸和田BMXコースを設け、青少年スポーツとして利用を促し、バンクを市民に貸し出して自転車に親しむイベントなど子供から高齢者までの幅広い楽しみ場所として競輪場環境を位置付けています。運営はNPOが行い、商店街など地域との連携の巧みさは収益の上がる経営に繋がっています。また、12月に開催するKEIRINグランプリ2014シリーズへの積極的なPR活動には、伊東競輪4月開催の共同通信杯や今後の事業展開にとって大変参考になるものでした。

Dsc01354 Dsc01340 Dsc01355 そして翌25日には、年間1300万人の観光客が訪れる奈良市の観光戦略について勉強しました。海外6都市との友好都市交流を活かしたインバウンド戦略、東京観光オフィス設置や西日本への修学旅行誘致訪問などよる積極的な教育旅行誘致事業、武雄市との連携誘客宣言など、38歳の若き市長のスピード感が職員のいしきを誘発している空気をひしひしと感じるものでした。
Dsc01357 Dsc01358_3 Dsc01360  また、伊東市が会長を務める国際特別都市の同士として、仲川市長と土田議長を表敬訪問し、国特建設連盟が推進する共通パンフレット作成へのホームページ付加をご理解頂き、協力をお願いしてきました。 

2014年3月22日 (土)

復活!湯の花春の輪投げ祭り

 3/21(金)&22(土)全国の商店が疲弊していると言われる中、元気印を貫き続ける湯の花商店街が十数年ぶりに「春の輪投げ祭り」を復活させました。お買い上げ200円毎に補助券一枚、5枚で一回輪投げができる仕組みです。特賞の沖縄ペア旅行券2本や伊東温泉宿泊券、家庭用品からお菓子まで多彩な景品が輪投げ会場を飾っています。

Dsc01332 Dsc01334 Dsc01330 また、ビァガーデンや湯の花おかみさん会などのフリマも加わって賑わいに大貢献です。まさに試行錯誤の積み重ね努力が活力となって評価をされる訳で、その情熱がお客様の購買行動に繋がるのです。個の頑張りは、団体の頑張りに連動し、地域の頑張りを誘発します。誰かのせいにしたり、誰かにやって貰おう・・・なんて考えから脱皮して創知共汗しましょう。

消防ポンプ自動車市長検収

 3/20(木)対島支署へ配備する消防ポンプ自動車の市長検収に議長として激励しました。2000㍑の水を積載した四輪駆動で、本市3台目の「泡消火システムCAFS」を搭載し、少量の水で高い消火能力と水損防止効果が得られる優れものです。また、最新型リモコン付きLED照明装置4灯に車輌両側面へのLED作業灯を装備したことで、夜間の消火活動に多大な効果を発揮することと期待をしています。

Dsc01317 Dsc01319 Dsc01327 新鋭車が着々と配備され、本市の消防救急力が強化され、関係各位の志気が高まることは、市民や観光客の安心安全に大きく寄与するものと思います。隊員各位には、健康に留意され、たゆまぬ鍛錬と職務への精励をお願いしました。 

2014年3月19日 (水)

全国絵画公募展第28回IZUBI

 3/16(日)伊豆高原の池田20世紀美術館で全国絵画公募展第28回IZUBIの表彰式に出席し祝辞を述べました。全国から397作品が応募され55点が入選し、その中から佳作5点、優秀賞2点、そして大賞は、茨城県つくば市の市村さんと言う女性で、水彩・鉛筆・紙によって描いた「白竜湖のほとり」でした。寂しげに憂いをおびた女性と、その心象を細密にカンバスの隅々まで心が配られた作品でした。後の解説の中で、東日本大震災への思いを表したものとうかがい、思わず頷いてしまいました。

Dsc01291 Dsc01292 Dsc01306 Dsc01308 Dsc01304 Dsc01315 上位の作品を巡りながら金澤審査委員長が解説されると、作者の心の中や人生観が垣間見えるようで興味深いひとときでした。私が、時に絵筆を持つ事を知る関係者の方から出品を促されましたが、感動的な展示作品を観るに付け、訴えかけの強い個性を持たないと応募の資格すらも無い自分を感じました。記念と思い、大賞作品の前で作者と写真を撮らせて頂きました。 

2014年3月 9日 (日)

第7回伊東小室桜母樹お花見会

 3/9(日)温暖の地「伊東」では予想も出来ない豪雪によって延期となっていた「第7回伊東小室桜母樹お花見会」を開催しました。伊東市長初め、富士宮前市長の小室直義御夫妻、ブラジルへお嫁入りした伊東小室桜の仲人役の日大国際関係学部福井千鶴教授、ロータリークラブ、NPO団体、地元行政区関係者に親しい友人達約50人が淡い紅紫色の大輪を愛でながら親交を深めました。

Dsc01241 Dsc01261 Dsc01271 Dsc01258 Dsc01282 Dsc01272 伊東小室桜を育てる会萩原会長のご家族縁者の皆さんがおもてなしチームを結成し、富士宮焼きそば、猪鍋、鹿肉のバーベキュー&刺身、五目寿司、味噌おでん、おはぎ等々盛り沢山のご馳走に舌鼓を打っての野外宴席となりました。言わずと知れた元祖B級グルメの焼きそばは、富士宮前市長小室氏の差し入れです。例年のことながら、今宴席には無くてはならないアイテムになっています。
Dsc01243 爽やかな青空をカンバスに、咲き誇るピンクの桜花!母の樹のスタイルと器量の良さは、日本一です。これからも郷土伊東のアイデンティティとして地域間都市連携の架け橋となり、友好大使の大役を果たしてまいります。 

2014年3月 6日 (木)

国際交流フェスタ in ITO 2014&「未来協知」書き初め展表彰式

3/2(日)市役所ロビーを会場に国際交流フェスタ in ITO 2014が開催され、開会セレモニーで議長としての挨拶をしました。グローカル社会が叫ばれている昨今、地球的・世界的視野に立って見つめ直す地方の在り方が問われています。日本人市民と外国人市民が相互の文化を通じて親善と友好を深める!そんな場所がこのフェスタであることの意義をお伝えし、ご準備下さった関係各位に感謝と御礼を申し上げました。

Dsc01200 Dsc01239_2 Dsc01240 イギリス、イタリアなど多くの国のブースが並ぶ中、昨年友好交流都市提携したアゼルバイジャン・イスマイリ州もワインや蜂蜜、ナッツなどをお披露目していました。そしてイスマイリザード日本大使 とも半年ぶりの旧交を深めました。

 また、市長の行政経営理念である「未来協知」の書き初め展の表彰式も行われ、議長賞を授与しました。小学生の子ども達とは思えないほどの力強さと達筆さに驚かされます。

Dsc01210 Dsc01223 何故か?受賞者中男子はだだ一人でした。男女共同参画社会のなかで、ここでは逆転現象のようです。皆さんの家庭ではいかがな現象が起こっていますか?

第11回東海館まつり

 3/2(日)観光・文化施設「東海館」で第11回東海館祭りが開催されオープニングに出席しました。芸妓衆の祝いの舞から二人の市民による芸妓体験が披露され、観客でぎっしりの大広間は和風文化に溢れました。

Dsc01178 Dsc01181_2 Dsc01180 芸妓体験は既に3000人以上の方々が体験されているそうですが、今日のお二人は、化粧、着物、日本髪と支度がすすむにつれ、胸湧き心躍る女性ならではの幸せがこみ上げるとの感想でした。畳の部屋も少なくなった昨今では、おしとやかな所作も忘れがちですが、そんな気分を思い起こしてくれた東海館でした。 

ジォ・ジォ・ジォ!!甘ちゃん祭り

 3/2(日)9時から伊東お菓子ぃ共和国が主催する新作発表会「ジォ・ジォ・ジォ!!”甘ちゃん”祭り」が開催されました。世界認定を目指す伊豆半島ジオパークを応援するもので、薄緑色のマカロンで表現した「大室山」と伊東市の花「椿」をイメージしたジオ菓子でした。

Dsc01175 Dsc01177  伊東お菓子ぃ共和国の青木大統領の挨拶では、人口1000人当たりの菓子店数は京都や金沢を凌いで伊東が日本一との発表もあり、ジオを象徴するお菓子を創意工夫し、発信していくとの心強いものでした。他の業種でもジオからの視点でイメージを膨らませ、商品化や特徴付けすることが官民協働の経済活用に繋がります。そんな民間活力も世界認定の大きな採点基準になっています。  

2014年3月 1日 (土)

松原八幡神社「誕辰祭」

 3/1(土)午後3時から松原八幡神社で「誕辰祭」が執り行われました。当神社の奉賛会会員への神事として、各月に誕生した者の無病息災、家内安全、交通安全などを祈願して下さる行事です。私は3月5日の誕生者として、島田宮司による祝詞、お祓いをいただき、玉串の奉奠をしました。なぜか?肩の力が抜けて清々しい気分になったのが不思議です。

Dsc01172 Dsc01170 Dsc01169 松原八幡神社の紐解きは諸説ある中、伊東の地頭伊東祐継が、大治年中(1130年頃)文武の神である第15代応神天皇(誉田別命ホンダワケノミコト)を奉る為に大川河口松原長田の地に建立したとされています。現在地の寺山に遷宮されたのは昭和22年ですが、38年に類焼し、40年2月1日に社殿を造営して今日に至っています。例年の秋期例祭に海上渡御する御神輿は、本殿内に奉られています。 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30