« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

松川せせらぎの夕べ「バンドフェスティバル」

 5/24(土)祐親まつりや薪能で使用した水上舞台を活用して様々な企画がなされています。日頃から親交の深い伊東のシンガーソングライター島田すがこさんの応援に行きました。今夜は、松川せせらぎの夕べ「バンドフェスティバル」です。

Dsc02096 Dsc02105 Dsc02114 藍色の空に東海館の望楼が浮かび上がる自然の演出です。また、伊東ミュージカル劇団演劇研究会「風」とのコラボが島田スガコバンドの力量を感じさせます。頼朝と八重姫の悲恋を譜面に落とした「日暮らし、音無」は、まるで源平の時代にタイムスリップしたようです。魅了されたひとときでした。

NPO法人まちこん伊東総会

 5/23(金)NPO法人まちこん伊東の総会に理事として出席しました。例年のことながら総会に先立ち、推進協議会専任研究員アビック氏による「伊豆を学ぶ 伊豆半島ジオパークを知る」ジオ講座を開催しました。会場は立錐の余地もなく、熱気で溢れました。

Dsc02088_2  ジオは地球からのプレゼントです。その保全と教育、防災や経済活用が 地域振興を促します。単なる地学だけでは無い事の共通意識を持つ市民づくりが大切です。講座後の総会で、企画立案事業の責任者として「東海館みがき隊」「地域エコ通貨温銭」の事業報告をし、承認されました。

2014年5月24日 (土)

川奈区内国有農地路面改修資材搬入

 5/23(金)川奈区内の国有農地の路面改修資材(アスファルト)660㎏を搬入しました。生活道路として使用しているのですが、登記上道路ではないために舗装ができません。熟考の末、原材料補給という行政支援を取り付け、今回で3回目の実働となりました。汗の会片山会長の協力を得ての運び込みです。

Dsc02087_2 Dsc02086 家業柄、重たいモノはハサミまでの私には一袋30㎏の資材は身に堪えます。大汗のなか終了しました。5/25に近隣の皆さんで路面整備をするそうです。人頼みではない共助の在り方です。知恵と汗!創知共汗です。

2014年5月23日 (金)

松川親水護岸景観検討現地調査&検討会

 5/22(木)国際交流協会総会での挨拶を済ませてなぎさ公園へ向かいました。今日は松川親水護岸景観検討現地調査&検討会です。県景観審議委員・県都市計画課・県熱海土木事務所・市建設部都市計画課に彫刻家の重岡健治氏・伊東按針会・松川漁協そして松川周辺地区まちづくり推進協議会を代表して私が出席しました。約25名で国際観光温泉文化都市として、防災の安全安心都市として、伊東市が伊東市らしく居るための松川河口と周辺の姿を構築する意見交換が目的です。先ずは街歩きで周辺の生活感、経済感、観光感、環境感、防災への安心感等を踏まえて自身の目で確かめます。その後、会議室に移り、それぞれの立場で意見を交換しました。県は、今日の成果を書面化して更なる検討会に進めていくことを確認し合いました。

Dsc02081 Dsc02084

2014年5月22日 (木)

第16回薪能&第39回伊東祐親まつり

 5/17(土)18(日)の両日にわたり、第16回薪能&第39回伊東祐親まつりが開催されました。夜の帳が降りはじめる頃、松川に建てられた水上舞台の観覧席に続々と人の列が続いています。先ずは子供能の演舞です。そして主催の伊東市文化史蹟保存会堀口理事長、佃伊東市長の挨拶の後、18時半、透きとおる笛の音が現実から幻想へと空間を展開すると、いよいよ薪能の幕開けです。

Dsc01999_2 Dsc02003_2 Dsc02005_2 Dsc02011_2 Dsc02017_2 Dsc02021_2 狂言「棒縛」のシテは野村萬斎、能「葵上」のシテは本田光洋でお二人とも重要無形文化財総合指定保持者です。篝火が映る松川の水面、ほのかな光に浮き立つ東海館のノスタルジーが幽玄の世界にいざないます。 が、水上での鑑賞は、ことのほか冷えるのです。事前のトイレと防寒着は必須の準備が必要であることを申し添えます。
 そして、翌日は第39回伊東祐親まつりです。式典に続いて多様な保存会による奉納舞台が繰り広げられました。
Dsc02029 Dsc02031_2 Dsc02040_2 Dsc02047_2 Dsc02055 Dsc02070_2 和太鼓、明神会神楽、剣舞、しゃぎり等々地域の伝統文化が織りなす歴史の徒然を感じるものでした。前日の黒船祭と祐親まつりの式典ともども炎天下の試練です。私の顔は真っ黒に日焼けしました。   

2014年5月19日 (月)

第75回黒船祭in下田

5/17(土)第75回黒船祭にお招きを頂き出席しました。ペリー提督の黒船艦隊の来航によって1854年に日米和親条約が結ばれ、今日まで160年にも及ぶ友好の絆が築かれています。そして約100年前の1912年、日本は3000本の桜をワシントンDCに寄贈しました。その友好の返礼として3000本のハナミズキを戴き、その内の100本が下田市に届きました。市内小中学校や公園に99本を植栽し、残る1本を今式典の中で日米手を携えての植樹となりました。

Dsc01974_5 Dsc01978 Dsc01983 Dsc01985 Dsc01986 Dsc01993 炎天下の式典はさすがに厳しく、終了時にはすっかり日焼け顔になりました。帰りにペリーロードを散策すると二人の女性竜馬と行き会い、記念写真となり、和洋折衷の雰囲気が漂う時空を超えたワンシーンとなりました。

 

2014年5月16日 (金)

古今亭菊千代第5回伊東温泉寄席

 5/11(日)菊千代☆伊東会が主催する第5回伊東温泉寄席を、懐古情緒あふれる旅館「山喜」で開催しました。勿論、日本初の女流真打「古今亭菊千代」独演会です。大広間には50人の落語ファンがお待ちかねです。青木会長の挨拶ののち、ご当地歌謡曲「伊東で逢いましょう」の出囃子で登場です。

Dsc01939_2 Dsc01947_2 Dsc01944_2 最初は私のリクエストで「ふぐ鍋」です。外は暑かったのですが、テトロドトキシン(ふぐ毒)で痺れようかと考えた次第です。もう一題は「小言念仏」です。木行のように、扇子で舞台を叩きながらの小言三昧には大笑いで、あっと言う間の一時間でした。次のお座敷は、菊千代師匠を囲んで29名が 膝を交えての懇親会です。
Dsc01953_2 Dsc01950_2 美味しいお食事と美味しいお酒、おしゃべりに花が咲き、時を忘れる宴となりました。また、今回の舞台は、親しい友人である土屋装飾さんの御厚意で立派な高座が整いました。私も座らせて頂きワンショットです。。

「沖縄美ら海水族館物語」講演会

 5/11(日)富士見町のソフトボール大会に顔出しすると、我が隣組チームは8対8の同点だったそうですが、不運にも抽選で負けてしまいました。2時から「沖縄美ら海水族館物語」講演会の日程だったので、勝ち続けていたら・・・と思うと良かったような? 気もします。講演者の4a内田詮三氏は伊東高校4期生で、私の大先輩です。元市会議員の増田先輩が同級生ということで、早速にロビーで名刺交換をさせて頂きました。

Dsc01933 Dsc01934 Dsc01937 昭和30年代にあった伊東水族館からの夢を大きく花開かせ、沖縄美ら海にマンタやジンベイザメを自然観照できる水族館を創ったイノべーターです。更なる夢は、ザトウクジラの水槽づくりだ・・・と目を輝かせる少年のような心に、これからの人生を教えて頂いた気がしました。

自民党伊東市支部大会

 5/9(金)平成26年度自民党伊東市支部大会が佃伊東市長、かつまた代議士、岩井参院議員の来賓を迎え開催されました。

Dsc01927 Dsc01931 Dsc01932 会場には、市内各分会の会員が参集し事業報告や決算報告、人事案など円滑な審議を経て全議案が可決されました。閉会にあたっての小野支部長の挨拶で、国県との綿密なる連携を基とする地域政党として、常に地域の要望を取り上げ、郷土の経済と社会福祉の発展に邁進していく意気込みが述べられました。私は組織委員長として再任されたことから、党員増員のミッションを請け負ったことになります。心して取り組む所存です。

2014年5月 9日 (金)

日本ユニシスエグゼクティブセンターからエコキャップ協力

 5/9(金)エコキャップ事業やオレンジビーチの清掃活動でコラボくださる日本ユニシスエグゼクティブセンターの所長が、袴田氏から石黒氏にバトンタッチしたことから、ご挨拶かたがたエコキャップの回収にうかがいました。

Dsc01925_2 なんと、70リットルの大袋が4個の大量協力です。今後の連携を更に深め、引き続きのコラボを約束しました。伊東市街とベイサイドを一望に見下ろす絶景に建つ センターへ向かう道すがら、多くの社員さんが沿道の掃除に汗を流していました。環境維持は、日頃の「汗」のたまものですね ! 

2014年5月 6日 (火)

第152回東海館みがき隊

 5/5(月)お節句のみがき隊は大所帯です。福田隊長を筆頭に竹内、仲田、鈴木、稲葉、堀、手老、山本、横尾、渡邊、長谷川親子3人隊、初参加の武内、里見、猪爪、石井の皆さんにNPO伊豆の風の山本さん、そして汗の会片山会長以下角田夫妻、坂田、田村、三浦の有志と私の25名を威風堂々の節句飾りが大広間でお出迎えです。さぁ、大掃除のような第152回みがき隊の開始です。

Dsc01894  Dsc01904  Dsc01920  Dsc01892  Dsc01903  Dsc01923  ゴールデンウィーク真っ最中の東海館は来館者で大にぎわいです。3日には400人余の入館者だったと山下館長の顔もほころびます。案内人会のガイドに乗り遅れたお客様には、雑巾片手の語り隊の出番到来!!積み重ねの中で培った知識がお役に立つのですから大張り切りです。長谷川さんちのチビッコ隊は掃除も挨拶もしっかり出来ます。子供の成長は早いものだと思いつつ・・・我が手の甲に目をやると老人性のシミが目立つ昨今、時計の針がもう少しゆっくりと回って欲しいとつくづく思うのです。伊豆の風の山本さんは福田隊長とペアでガラス拭きに、汗の会はエネルギッシュに動き回っています。終っての感想は「温泉文化の象徴と対面し、磨きあげた心地さ」を異口同音に言ってくれました。第一月曜日と祭日が重なった日にまた会いましょう。

2014年5月 3日 (土)

小室山つつじ園ライトアップ

 4/25~5/6まで実施している小室山つつじ園のライトアップへ出掛けました。もう8時に近かったこともあり来園者は少なかったものの、まるで幽玄の世界に迷い込んだと錯覚するような幻想的な空間に感動しました。

Dsc01872 Dsc01880 Dsc01884 漆黒の空には眉のような三日月が見守っています。照らされる光に赤から白に彩度が移ろうツツジのグラデーションが見事です。また、ツツジのトンネルはバージンロードを歩く幸せを感じさせるようで、とてもロマンチックでした。もっとPRして体感してほしいですね!! 

松まち会第11回総会

 5/1(木)松川周辺地区まちづくり推進協議会第11回総会を開催しました。官民協働のトップランナーを自負する我々の事業実績は周知の通りですが、国交省くらしのみちゾーンでは、東海館前松川通り・杢太郎館へ続く松原の小径・松原温泉会館前の大黒天通りそして、今年度は東郷小路へと安全安心の道づくりが進んでいます。また、案内サインや歴史所縁の説明看板の設置や勝手に感謝状事業等々休むことのない活動を展開しています。

Dsc01859  Dsc01862  Dsc01866  また、松川の親水計画策定と事業化にともなう松川お掃除大合戦や寺田川取り合いの修景など、観光地の景観保全活動も進化しています。私は、次世代への架け橋として、閉会の挨拶で会員増強を呼びかけました。活動の幅と視野を広げる為にも若者や女性の参加が必要です。ご興味のある方は是非お声がけ下さい。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30