« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月29日 (土)

第7回市政報告会

 11/23(日)西島あきら第7回市政報告会をひぐらし会館で行いました。報道にも通知せず、仲間の口コミだけでしたが120名が駆けつけて下さいました。特に21日の衆議院解散から間がないタイミングでしたので、私ごときの声掛けに足を運んで下さるのか・・・と心配しきりでしたからホッとしました。「議長席から見えたもの・・・」をテーマに、市民の姿が見えない議場、市政への興味を抱かせる議員活動、対外的議長公務の意義等をお話しさせて頂きました。また、「知っているようで知らない市政の数々・・・」と銘打ったQ&Aでは、ゴミ行政と市民のすべきこと、入湯税の仕組みと価値づくり、姉妹都市・友好都市の意味、空き家・空き地の活用と市営住宅の考え方、子育て世帯の誘致、リピーターが飽きない伊東の観光施策、市議会議員の報酬と評価、産業別人口の推移、行政区や町内会等住民組織の重要性と参加要請、伊東市財政の市民一人当たりの貯金と借金等々ざっくばらんな参加型報告会となりました。開催準備に奔走してくれた後援会有志の皆さん、そして御参加下さった皆様に心から感謝を申し上げます。

奥野はなのみち整備支援

11/23(日)奥野はなのみち整備の応援に、私の仲間である玖須美の区議OB等で構成している「富玖の会」とボランティア支援団体「汗の会」とともに支援活動をしました。過去数回の支援活動では、鹿害予防ネットの設置、植樹、枝切り、草刈り、ゴミ拾い等を行いましたが今回は、桜の植樹と植栽環境の整理が目的です。主体は伊東西RCの植松氏で、当日は約30名が参集しました。

Dsc04093 Dsc04098 Dsc04100 Dsc04101 Dsc04112 Dsc04114 Dsc04117 Dsc04120 Dsc04121 Dsc04116 Dsc04124 雨の後だったこともあり散策路はぬかっていたので作業の車も大変です。今回は散策する方々との出会いは殆ど無かったのですが、歩くにも大変です。市内の伐採整備で排出した枝をチップにして敷き詰めるのも一考と思いました。補修資材が土に帰るのですから自然の循環になります。枝をゴミとする場合は、経10㎝以内で50㎝位に切りそろえて排出するのが規則です。結局美化センターで燃やすのですから、チップロードは合理的活用だと思います。

2014年11月16日 (日)

第5回伊東温泉お座敷文化大学文化祭

 11/15(土) 東海館三階の大広間には沢山の人達が詰めかけています。今日はお座敷文化大学の5回目の文化祭です。伊東芸妓による祝の舞で幕が開きました。次に、芸者姿に変身した一般客のお座敷礼儀と手踊りの披露があり、卒業証書が副市長から渡されました。

Dsc04069 Dsc04070 Dsc04073 Dsc04077 Dsc04075_2 数年前、地域通貨活動を通して静岡県立大学国際関係学部の3泊4日ゼミをプロモートしたことがあり、30人の学生の中の一人が芸者文化を卒論にしたいとのことで、関係者へのインタビューを取りもったことがありました。後にその学生は、伊東温泉芸者を一年間研修し、その体験を通して論文の精度を高めたそうで・・・新人3人の手踊りを観ながら、ふと思い出しました。芸妓も少なくなり、その文化も先細りです。伝統文化として職業訓練校の課程に加え、職業としての確立を図り、奨学金を連動した教育制度を検討できないか・・・と考えましたが、どうですか?

第16回MOA美術館伊東市児童画展

 11/15(土)10時からふれあいセンターで開催の第19回MOA美術館伊東市児童画展へ行きました。NPO伊豆の風の杉本さん、児童画展実行委員の山本さんや関係者皆さんが満面の笑顔で迎えてくれました。今回も絵画483点、書写586点、応募総数1069点の全てを展示しています。入賞するかしないかは決める方の評価で、モチーフをイメージして筆を持ち、一枚の紙に感性の全てを表現する心意気は1069点皆同じです。だから全作品を展示するのだろうと思っています。その主催の心意気にも感銘を受けるのです。入選、選外を問わず私が気に入った作品の幾つかを選んでみました。

Dsc04051 Dsc04052 Dsc04057 Dsc04059 Dsc04056 Dsc04054 Dsc04053 Dsc04055 Dsc04062 Dsc04065 Dsc04066 Dsc04067 Dsc04064 奔放に、計算をしない、行き届かない自由さが心地良さを感じさせてくれます。私も絵を描きますが、きっちり・かっちり描かないと気が済まない画風なので枠を外すことが出来ないのです。去年から見せてもらい、奔放な画風を盗もうとしているのですが・・・難しいですね!!
 

2014年11月15日 (土)

第4回富士山・駿河・伊豆交流会議 IN 下田

 11/12(水)下田で第4回富士山・駿河・伊豆交流会議を開催しました。県東部の各市議会議長へ呼びかけた情報交換交流会議です。今回は、沼津市・熱海市・御殿場市・裾野・伊豆市・伊東市そして下田市と7議長と3前議長が揃い、下田市の企画で有意義な一日となりました。先ずは、前田案内人のガイドでペリー上陸記念公園、開国記念碑の下田公園、下田市出身の写真家下岡蓮杖の碑、下田市指定歴史的建造物旧澤村邸、ペリーロード、そして了仙寺で松井大英住職による講話「鎖国と開国~日本の異文化交流について」を受講しました。その後、了仙寺宝物館で興味深い開国の歴史を目の当たりにして、改めて下田が担った日本とアメリカの架け橋として、その深さと凄さを痛感しました。

Dsc04001 Dsc04011 Dsc04015 Dsc04028 Dsc04030 Dsc04036 Dsc04039 Dsc04046 Dsc04047 会議では、当交流会議が県議長会へ挙げる意見書を伊豆市から提案することを確認し、「伊豆は一つ」の具現に向かって進化することを共有し、この連携を更に増幅する為の努力を誓い、次の第五回開催市を伊豆市に決定して終了しました。

音無神社「尻つみ祭り」と「尻相撲」

 11/10(月) 世界の奇祭!音無神社「尻つみ祭り」です。勢揃いした氏子と関係者は、真っ暗な社殿で神事となるのです。神主さんも大変です。進行係は神事の順番や拝礼者の氏名、役職のメモも見ることができません。手探り状況のなかで神事も滞りなく終了しました。次はなおらいです。暗闇で御神酒を杯に注ぎ、呑み終えて次の者に渡します。その時に合図としてお尻をつねるのです。

Dsc03966 Dsc03971 Dsc03978 尻つみの後は「尻相撲」でエキサイトです。個人戦、団体戦に市内外の猛者がエントリーして直径1㍍の土俵の上でお尻をぶつけ合い勝負をします。男も女も子供も大人も、コスプレもいればかぶり物も賑やかです。身体の大小もれれば、優しい顔も、もともと怖い顔も色々です。闇夜にそこだけにスポットがあてられたような鎮守の森のお祭りです。 

第4回伊東湯のまちバル

 11/8(土)9(日) 着々と実績を積み上げている「伊東湯のまちバル」の第4回目が実施され、仲間とワイワイ飲み歩きました。今回は、前売り3600円でハシゴ5軒分です。参加店からワンドリンク+フードが提供され、チケットが余っても「後バル」として一枚580円の金券として参加店で利用できます。フード&スウィーツ、スナック&バー、そしてその他を加えて183店の様々なバルメニューが楽しめるのです。その中には宇佐美エリアバル宿泊パックや共同浴場バル等ジャンルも増え、更には市内バルエリア循環無料バスの運行までの配慮が進化してきました。

Dsc03930_2 Dsc03935 Dsc03938 Dsc03941 私達はオープニングライブを応援した後、和食の魚酔、干物の杉国商店、そして鎌田の中華料理桂林とはしご酒です。一軒約700円で1フード&1ドリンクですが、充分過ぎるサービスメニューに大満足です。後バルもお菓子の一進堂、パンの江戸屋で利用しました。たまたまこの日に伊東に来られた観光客に声を掛けると、楽しくて嬉しいバルの企画に飛びついたと言っていました。バルの日の私達の乾杯の発声は、「バル~」と決めています。廻りの方達は一斉に目を向けますが、みんなにも「バル~」と乾杯してほしいと思っています。しっかり楽しみました。実行委員会皆様の頑張りには心から敬意と感謝を申し上げます。

伊東市消防総合訓練・第27回健康フェスタ

 11/9(土) 9時から伊東市消防総合訓練を視察しました。市庁舎からほど近い大原町の高台が訓練場所第1・第3方面隊が集結し、火災発生のスピーカーが鳴ると瞬時に機敏な消火作業が展開されました。高台の水利は水圧の関係で放水出来ないことが有るようです。過去に松原神社周辺の火災で民家が焼失したことから、神社境内に100㌧の防火水槽を提案し、もしもの準備は整っています。地域、地形、道路環境等々と多様な条件下でも消防機能が実行されるための訓練です。

Dsc03948 Dsc03949 Dsc03954 終了後、市役所ロビーで開催している第27回健康フェスタに移動しました。日頃の健康管理に対する啓蒙と警鐘のブースが並んでいます。一日に必要とする野菜の量350グラムを秤の上に目分量で載せてみました。私自身は野菜を食べるようにしていますが、結構な量に自信が揺らぎます。次にTANITAの測定器による全身チェックを恐る恐る受けると、体重、体脂肪率、筋肉量、推定骨量等々何とか標準範囲に入ってホッと一安心です。アスリート指数はスタンダードの上の方で、若い副議長に自慢をしてやりました。
Dsc03957 Dsc03965 Dsc03961 議長を退任して外食が随分減りました。家庭での食事では、野菜を特に多く取れるように家内が工夫してくれています。自分の身体は自分が、家族が気を付けることですね。

2014年11月14日 (金)

常任総務委員会行政視察

  11/6(木)三重県亀山市「市民参画・協働と地域づくりの推進に係る取り組み」について視察しました。市が地区コミュニティに一枚100円の「市民活動応援券」を発行し、登録団体の活動原資として位置付け、様々な事業の参加者や支援者に活動の対価として支払います。貰った市民は、活動が顕著で共鳴できる団体に寄付をし、年度末に貯まった市民活動応援券を市が現金に交換する仕組みです。従来は、市の補助制度に応募して、市に認められた団体が補助金を受けることが通常ですが、この制度は、市民が認めて支援する団体への支援金を市が対価として換金する仕組みです。

Dsc03867 Dsc04050 私は10年ほど前からエコマネーや地域通貨の地域活動をしているので、最終的に市がお金で応援することで、活性活動が更に推進するのでは・・・と期待をするところです。まさに官民協働による進化と感じました。今年度から始まった新規事業なので推移を見守り、今後の参考にいたします。
 
 11/7(金)伊勢市「定住自立圏構想の取り組み」について視察をしました。朝7時に伊勢神宮外宮にお参りして参道周辺の商業エリアを散策しました。
Dsc03871 Dsc03876 Dsc03883 Dsc03868 清々しい朝の空気をめいっぱい吸って心癒されたひとときでした。朝食後伊勢市役所へ向かい視察です。定住自立圏構想は、人口減少と急速な少子高齢化対策として、地方の人口流出を食い止め、地方への人の流れを創出する施策です。伊勢市を中心市として鳥羽市、志摩市、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、明和町の3市8町が伊勢志摩圏域となり、医療福祉、産業振興、公共交通、人材育成等々各ジャンル毎に必要で可能な協定を結び互恵し、相互の地域の自力を付けることによって安全で安心な居住地となろうという仕組みです。「伊豆は一つ」と言いながら、その具体が進まない中、各市町が出来る連携から一つづつ進めることが大切と実感する視察となりました。その後、伊勢神宮の内宮、おかげ横町 を御案内頂きました。
Dsc03902 Dsc03903 Dsc03923_2 年間の参拝者1400万人、平日でもひっきりなしに大型観光バスが出入りしています。古より、日本人の心の故郷として人々に親しまれている「お伊勢さん」の心意気に刺激を頂きました。 
 

2014年11月10日 (月)

第157回東海館みがき隊

 11/3(月) 先月のみがき隊は18号台風で、活動始まって以来の中止となりました。出向いてくれた隊員にはお詫び致します。第157回東海館みがき隊は福田隊長以下、竹内・仲田・稲葉・戸塚・堀・手老・平田・里見・佐藤・猪爪・杉山・石井の各隊員に長谷川ファミリー3人隊・更に汗の会片山・原・角田夫妻に私の21名が文化の日に伝統文化を磨きました。二階で開催中の彫刻展では、重岡健治先生直々の解説を聞く幸運に恵まれ、来館者も満面の笑顔です。その感動は、東海館の風情と重岡芸術との調和が織りなす空間故に湧き起こるものと思っています。是非常設にしたいものです。

Dsc03849 Dsc03850 Dsc03852 Dsc03856 Dsc03863 Dsc03864 言うまでもなく木造三階建旅館東海館は市指定文化財です。郷土の歴史と温泉文化、建築美や細やかな意匠等、先人が培った有形の宝物と融合する相乗的な活用が望まれます。過日、大室高原のT氏から保全活動への御寄付を戴きました。掃除用具の購入費として使わせて頂きます。感謝です。また、手老隊員のエコキャップ支援は2ヶ月分で車満載でした。これも感謝です。終了後希望者6名でイタリアンランチを堪能しました。様々な情報交換と世間話しに花が咲く楽しいひとときでした。

2014ごみフェスティバルin伊東

 11/2(日)伊東市役所1階ホールで2014ごみフェスティバルin伊東が開催され常任総務委員として出席しました。会場にはリサイクル品の販売コーナー、空き缶・牛乳パック・トレー・古紙・ペットボトル等を持参すると粗品進呈と再生利用品が当たる抽選券進呈の企画に多くの市民が参加しました。また、携帯電話・ビデオカメラ・デジタルカメラ・電子辞書等々小型家電回収の新企画も興味をそそりました。

Dsc03826 Dsc03827 Dsc03830 Dsc03833 Dsc03839 Dsc03841 また、市内小学4年生が描いた清掃児童画の優秀作品の表彰が行わ
れ、40名が受賞されました。本人の誉れは勿論ですが、親御さんの喜びはシャッター音の多さで充分に伝わってきます。さて、市民は地球環境に何をするのか?①リデュース(ごみになる物を減らそう)②リユース(物を大切に、くり返し使おう)③リサイクル(再資源として利用しよう)この「3つのR」をあらためて肝に銘じ、実践することです。私も頑張ります!

2014年11月 1日 (土)

第9回神保京夸絵画教室発表会

 11/1(土) 親しい人生の先輩SR氏が所属する絵画展「第9回神保京夸絵画教室発表会」に伺いました。あいにくの雨にもかかわらず、愛好の方々が沢山訪れています。先生と20名の出展作品を拝見しますと、自由なテーマでのびのびと描かれている心地良さが伝わって来ます。

Dsc03824 Dsc03814 Dsc03822 Dsc03810 私は、久しく油絵と御無沙汰しているので 、うずうずとするのですが、筆に手が届くまでの決断力が無いようです。きっと気持ちにゆとりが無いのでしょうね・・・。先日、素人の私に第4回コンビビアート展出展へのお声掛けを頂き戸惑いましたが、手元の作品の中から一点掲示して頂くことと致しました。これを機会に絵筆を手にするきっかけになればと思ったからです。やっぱり芸術の秋ですね!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30