« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月24日 (水)

第15回よさこいソーズラ祭り

 12/22(月)フィナーレを打ち上げ花火で締めくくる「よさこいソーズラ祭り」が15回を迎えて会場の渚公園が大いに賑わいました。地元8チーム、近隣市町から東京、そして北海道千歳市までの12チーム、全20チームの熱気が、海風叫ぶ冬の夜空に情熱の炎を演舞に乗せての大音響です。

Dsc04553 Dsc04562 Dsc04576 Dsc04585 Dsc04594 Dsc04590 年の瀬を飾る観光イベントは、何と言っても「よさこいソーズラ祭り」です。寒さと戦う男&女の心意気が一挙手一投足にみなぎると、もうそこは総踊りの坩堝となって、身体から湯気が立ち上るほどです。熱き冬の終焉を告げた関係各位の情熱に心から感謝を申し上げます。

第9回伊東温泉紅白合戦

 12/21(日)伊東温泉年末の風物詩「第9回紅白合戦」が開催されました。審査委員長として取り組んで5年目を迎えました。特に今年は政界・商業界・観光経済界・文化界等から15名を選考し、より広い視点で紅白合戦を体感頂き、文化活動が発信する市民コミュニティと教育・障害学習・経済貢献の現実を実感して頂こうと準備を進めました。8団体のパフォーマンスは、大幅な成長を感じさせ、クオリティの高まりが伝わって来ました。

Dsc04490 Dsc04493 Dsc04498 Dsc04502 Dsc04512 Dsc04516 Dsc04525 Dsc04531 Dsc04535 よさこい「」いとう舞士童、Reiマカ・ロア、天城連峰太鼓、伊東温泉観光親善大使瀬生ひろ菜、伊東シティウインドオーケストラ、チァーズファクトリー、mika、ダンスFUNの出演8チームが紅白に分かれて競います。そして特別ステージは民謡「貢声会」が飾り、紅組勝利で今年の幕が下りました。来年は10年の記念開催となります。どんなステージが展開されるのか、今から楽しみです。

2014年12月19日 (金)

浜岡原子力発電所視察

 12/18(木)議員有志11名で中部電力浜岡原子力発電所の視察会を実施しました。その概要と組織図、設備と仕組み、安全向上に向けた取り組み等三時間にわたる濃い内容です。そのプログラムは、綿密勝つ効率的に組まれ、現場の実況の中で体感できるものでした。特に幾重にも仕組まれた安全確保の機能と物理的な現状は驚くばかりでした。しかし、五号機までの稼働が一切無い中で、その安全対策に3000億円が費やされていることの不合理も感じざろう得ませんが、あくまでも新たな規制基準への適合を目指して総力を挙げているとのことでした。

Dsc04481 Dsc04485 Dsc04484 Dsc04483 太陽光や風力などで全ての電力が賄えれば一番良いのでしょう・・・が、なかなかそうも行きません。中電では、原発停止前は、火力発電7割、原発2割だったが、停止後は火力で9割を補っているものの、その内の6割が政情不安定のカタールからのLNG輸入に頼っている。これに約3000億円が費やされ、私達の電気料負担に影響を与えています。原子力エネルギーを全て封印することは、電気を極力使わない生活を一人一人が心掛ける徹底無くしてあり得ないでしょう。エネルギーの選択とリスクについて、それぞれが考えなければなりません。安全、危険いずれにも絶対はありません。廃炉にしても使用済み燃料の処理が残ります。う~ん・・・困りました。

伊東RCクリスマス家族会

 12/16(火)伊東RCクリスマス家族会が川奈ホテルで行われました。去年は親睦活動委員会で、進行に大忙しでしたが、今年は会報委員なので少々気楽です・・・と思っていたのですが、写真撮影に飛び回りの一夜となりました。

Dsc04356 Dsc04353 Dsc04463 Dsc04464 Dsc04412 Dsc04473 美味しいディナーと素敵な音楽は、爆弾低気圧の厳寒をじわじわと温めてくれる心地良さです。サンタとトナカイさんからのプレゼントに子ども達も大喜びの家族会でした。

衆院選沼津駅北「安倍首相」街頭演説

 12/8(月)安倍首相がかつまた孝明衆院議員候補者の応援に来るというので沼津駅北口へ行きました。6区の市県国の議員関係者が勢揃いで首相の前座を務め、およそ五百人の聴衆は、今か今かと安倍首相を待っています。小野県議からの紹介でマイクを握った安倍晋三氏の生声に初めて触れた一瞬です。もう政治の話しは省きますが、立て板の水の如くに現状と課題、その対策と対応を説いて聞かせるような演説でした。

Dsc04281 Dsc04303 Dsc04314 Dsc04317 怒鳴りまくるだけが演説では無い事を改めて実感し、今後に活かしたいと思いました。私もいい年をして恥ずかしかったのですが、記念にハイタッチをして頂き、そして党車の前で記念写真を撮って伊東に戻りました。それにしても自民党の大物が押し寄せる重要選挙区での警備はさぞ大変だったことでしょう。さぁ、次は、統一地方選が待っています。

2014年12月11日 (木)

アロハフェスティバル2014

 11/7(日)第2回 「メレ カリキマカ 伊豆」 アロハフェスティバル2014が観光会館ホールで開催されました。Reiマカ・ロア代表の安齊’Alohiレイさんが主幹となり、近隣市と東京から11チーム、ゲストにマリヘイズさんを迎えた華やかなアロハフェスとなりました。

Dsc04220 Dsc04228 Dsc04232 Dsc04231 メレ カリキマカ とはハワイ語でメリークリスマスの事だそうです。師走の寒く冷え切った身体を、優雅なハワイの雰囲気が温めてくれました。安齊先生、素敵なクリスマスプレゼントでしたよ!!

玖須美南地区防災訓練

 12/7(日)朝8時半から富士見町会館駐車場で行われた玖須美南地区防災訓練に参加しました。中学生から高齢者まで110人が参集し、様々な実地訓練を通して、いざという時の心づもりととっさの行動を身に納めました。

Dsc04164 Dsc04176 Dsc04181 Dsc04186 Dsc04202 Dsc04208 この地区の熱心さと実行力は、15行政区内でもぴかいちです。それは、準備する防災会の方々の御苦労のたまものと常々感謝しています。

第4回コンビビアート展

 12/4(木)~7(日) 社会福祉法人城ヶ崎いこいの里・障害者支援施設碧の園が主催する福祉と美術が交差する場を目指した「第4回コンビビアート展」が開催されました。昨年観賞に伺った際に、大島賢一先生から「西島さんも出展してみない?」とのお声掛けを頂き、ついその気になって出展してしまいました。いざとなると気恥ずかしく、前日の搬入時にもコソコソと持ち込んだ次第です。初日に伺ったのですが、出展作品は斬新で気を惹かれるものが幾つもありました。その中から、手・きれいな私の手・好きな人・富士山大噴火をチョイスしてみました。真っ直ぐな心持ちが伝わってきました。ほとばしる熱い思いが色彩に表れていました。そして、9月に急逝された故竹安富治j前理事長の優しいお顔が浮かんできました。

Dsc04162 Dsc04153 Dsc04154 Dsc04155 Dsc04159 Dsc04161 また、私の作品はシンフォニーと題し、二枚の版画板に油彩をのせた小品です。プロの協力作家に混ぜて頂いたことは光栄ですが、果たしていかがなものか?・・・と独り言ブツブツです。後日、大島先生からお電話を頂戴し、次回も是非との嬉しいお言葉に、またその気になる私です。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30