« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月24日 (土)

第21回伊東温泉めちゃくちゃ市 

 1/24(土)25(日)第21回目の「めちゃくちゃ市」が盛大に開催されました。漁協、農協、菓子組合を始めとする市内各団体に近隣市町、諏訪市や広野町等の友好都市まで、藤の広場に勢揃いした物産市は、市民はもとより、観光客も入り乱れての大混雑に嬉しい悲鳴です。

Dsc04848 Dsc04853 Dsc04836 Dsc04840 Dsc04832 Dsc04856 諏訪市の方々と記念撮影して友好を深め、干物に舌鼓の方々に声を掛け、いよいよ餅まきタイムです。蜂の巣をつっついたような大騒ぎに一喜一憂でした。驚く程の大きな干物はオークション用です。そして干物ひらき大会も例年のバトルで活気ムンムンでした。気がつくとお団子にヤキソバ、わさび漬けと蜂蜜等々・・・幾つもの袋をぶら下げて帰路に着きました。

2015年1月23日 (金)

春野円座の会「俳句色紙短冊展」

 1/22(木) お世話になる春野円座の会の「俳句・色紙短冊展」が始まりました。この1年句会は休みましたが、この色紙短冊展だけは恒例ですので、出展することに致しました。皆さんの力作の数々に感嘆の声しきりです。今年の自作二句は、青竹に白絵の具で筆書きしてみました。「初髪に 入れし櫛目の 香り立ち」には、母が50年以上前に日本髪で使っていたツゲの櫛を、「テーブルに また一粒の 実千両」には、千両の一枝を置いて彩りとし、未の香合を置いてみました。

Dsc04825 Dsc04820 Dsc04822 Dsc04823 Dsc04826 Dsc04828 また、例年御協力くださる宮嶋さんの山野草と盆栽は、作品を引き立てて下さる応援団です。ふっくらと開いたネコヤナギが春の訪れを知らせているようです。当会は、黛執(マユズミ シュウ)主宰のもと、毎週の研鑽を重ねています(私を除いて)。年始めは、昨年中に詠んだ句からお気に入りの二点を選び、感性の趣くままに表現する色紙短冊展です。

第49回オレンジビーチマラソン 

 1/18(日) 暖かな日差しの中、第49回オレンジビーチマラソンが開催されました。私は走るわけではありませんが、駒澤大からのゲストランナーや知り合いのランナーを応援しようと出掛けたのですが、観光会館駐車場でお汁粉のサービスをしていた菓子組合の応援をすることになりました。

Dsc04790 Dsc04793 Dsc04794 Dsc04795 Dsc04786 ゴールしたランナーや応援で冷え切った皆さんへ温かいお汁粉をご馳走します。一人一人紙コップに注ぎ、差し上げるのですが、石油缶と同量のポリ容器6個分!!配り終わるまで休む暇もありません。ヘルプにお汁粉の温めとコップ出しをして貰い、私が注ぎ渡す工程は、まるでベルトコンベアー作業のようです。きっと1000杯位?は振る舞ったと思います。気がつくと衣服は、乾いた餡粉で全身水玉模様に変貌していました。結局、マラソンは見ず終いとなりましたが、とりあえず応援出来たのかな?と、思うことにしました。

2015年1月13日 (火)

松原どんど焼き 

 1/12(月)澄み渡る青空の下、松原どんど焼きが仲町青年部の主催で執り行われました。松の内までのお飾りを持ち寄って燃やし、輝かしい一年になることを祈念する新年恒例の行事です。区長の挨拶の後、私ども市議の挨拶とつづいて乾杯、そして点火です。

Dsc04771 Dsc04772 Dsc04777 Dsc04775 Dsc04782 Dsc04781 オレンジビーチは沢山の人々で溢れ、焼き干物、お汁粉、蟹の味噌汁、味噌おでん、そして御神酒と・・・嬉しい振る舞いに笑顔が溢れます。無病息災・家内安全・交通安全・商売繁盛・千客万来・謹賀新年伊東温泉!!!

伊東市成人式

 1/11(日)素晴らしい好天に恵まれ、伊東市成人式が開催されました。今年の新成人642人が、思い思いの晴れ着で装った華やかなひとときでした。実行委員となって準備に汗をかいた皆さんは大変な御苦労だったと思います。その分感動も一塩だったことと、御家族もお喜びのことでしょう。

Dsc04760 Dsc04766 Dsc04751 式典の最中でのヤジは相変わらずありましたが、相対的には穏やかに進行したものと思われます。私は美容師が生業なので、ついついこの日一番のもりもりヘアをチェックしました。後で聞いたのですが、会場に2台のリムジンを連ねて乗り付けた猛者?もいたそうです。成人式がコスプレ擬きのパフォーマンスにならない事を望むところです。新成人の皆さ~ん、おめでとうございま~す。

第2回伊東温泉つな引き合戦

 1/10(土)第2回伊東温泉つな引き合戦が開催されました。新たな競技要項のなか、無差別の部10チーム、女性の部5チーム、小中学生の部5チームがエントリーして熱戦を繰り広げ、牧ノ原市から参戦したファイティーンMNB49が、前回優勝のストロンガーを下し、見事栄光を勝ち取りました。昨年の優勝賞金は110万円でしたが、今年賞金は11万円に縮小されたものの、ぶつかり合う情熱の炎は燃えさかっていました。

Dsc04734 Dsc04735 Dsc04740 Dsc04741 Dsc04742 Dsc04747 1月10日「伊東の日」にちなみ、11人でのエントリーです。ファイティーンMNB49の戦い振りを見ながら、綱引きは技術の勝負と痛感しました。やみくもな力尽くでは太刀打ち出来ないのです。11人の重力と力を一挙に集中し、相手の一瞬の隙に乗じて一気に引き抜くテクニックには感動すら覚えました。イベントとしての価値観も、育てることで培われるものと期待しています。

2015年1月 8日 (木)

27年度伊東市消防出初式

 1/6(火)そぼ降る雨の中、平成27年度伊東市消防出初式が行われ、年始め最初の公務として出席しました。市内4方面隊17分団団員の中から、消防庁長官表彰他各表彰が行われました。本来ならば伊東駅南口線で分列行進と消防車のパレードがあるのですが、雨のために中止となりました。また、藤の広場前松川河畔での一斉放水では、団員達の意気盛んな姿と日頃の訓練の成果が如実の表れたダイナミックさに感動しました。

Dsc04693 Dsc04717 Dsc04733 市民の日常の安全安心と命を守る消防団の方々は、仕事を持ちながらも献身的な貢献活動に努めています。あらためて敬意を表し心から感謝を申し上げます。また、支えて下さる御家族の皆様にも重ねて御礼申し上げます。

2015年1月 7日 (水)

第158回東海館みがき隊

 1/5(月)今年のみがき始め、第158回東海館みがき隊は、福田隊長以下、竹内、仲田、稲葉、戸塚、鈴木、堀、手老、平田、里見、佐藤、猪爪、渋谷の各隊員に汗の会から片山、布施父娘、田村さん達、そして初参加の菊間さんに久し振りの愚妻参上で19名が揃いました。松の内にも拘わらず沢山の参加に感謝感謝です。私は市役所の仕事始めを済ませてから急いで隊員皆さんへの新年挨拶に慌ただしい顔見せです。続いて自民党の賀詞交換と新年日程が目白押しです。さて、母の同級生の佃さんから雑巾40枚の御寄付を戴きました。改めて記録を紐解くと、平成23年9月に70枚の御寄付を戴いてから今回で8回目、累計665枚が正しいことに気がつきました。謹んで訂正させて頂きます。佃さんは92歳!その元気さに比べ、私の頭も随分衰えたものだと情けないことしきりです。

Dsc04663 Dsc04653 Dsc04662 Dsc04668 Dsc04664 三階「鶴の間」の修復が済んだ。充実度が一つづつ増すことが嬉しい・・・が、部屋の修復と共に窓の立て付けの傷みがひどい!昭和3年から積み重ねた歪みが引き戸の開閉を妨げている。三階「孔雀の間」の窓は開ける事すら出来ない。是非専門家に診断を頼み、対応を検討してほしい。さて、次回は特別支援校とのコラボみがき隊となる。子ども達が、学校以外で社会人と接する初めての場所が「東海館みがき隊」なのだ。教える事で教わる事も多いといつも感じている。羊は穏やかだが視野が広く、粛々と自身の仕事に専念するそうだ。私もあやかろうと思う。  

未新年&旅 

 

Dsc04600 1/1(木)~4(日) 今年の干支は「未」、家内の「羊」と私の「馬」コレクションからセレクトして年賀状をつくりました。そして一句 「初茜(ハツアカネ) 午と未が すれちがい」 大晦日から元旦へ、行く馬のおぼろげを背に、来たる羊の姿が初茜に浮き立ちながら近づいて来ます。

 恒例の墓参の後、実家で母、兄、弟、そして愚息夫婦との顔合わせで始まった元旦の清々しい朝です。9時から神楽保存会明神会の年賀行事で、ホテルニュー岡部様と遊季亭様へ神楽の初舞いに立ち合い、松原八幡神社と松原出来湯権現の元旦祭に出席です。
Dsc04614 Dsc04627 Dsc04631 例年出席している天照皇大神社の元旦祭への欠席は残念だったのですが、15時の踊子で品川に向かいました。途中、俄に空が暗くなり、辻堂あたりに差し掛かると雪の原です。お正月の晴天は当たり前と思っていたのですが、好天に好転することを願い、19時45分のフライトで機上の人となりました。恒例の完全休養ソウルの旅です。お隣同志は、啀み合わず仲良くすることが大切です・・・なんて難しく考えずに仕事を忘れ、ゆっくり寝て、グルメを味わい、その地の文化や経済に触れることを楽しむのです。ファッションや食の変化、外交による精神的変化、円安によるショッピングへの影響や賑わいの変化等々、その時を体感する臨場感が毎回の興味です。
Dsc04642 Dsc04645 Dsc04652 ティーマネーカードで、何処まで乗っても一律料金の明洞の地下鉄はとても便利です。ホームにはテロ対策防毒マスクが設置されています。朝の寒々しい街を歩くと、昼夜の活況が想像できませんが、静と動が極端にくり返されるコントラストが面白い、そんな所です。店舗の入れ替わりも頻繁で、営業の厳しさを見取ることが出来ます。また、聞こえてくる声は圧倒的に中国語です。3,4年前までは日本語が飛び交っていたことを懐かしく感じます。
Dsc04641 Dsc04648 Dsc04650 元祖「プロカンジャンケジャン」では、カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬)とアンコウの辛子炒めを堪能し、滞在中は、タコのポックンパや鍋物、焼物、蒸物、等々韓国料理を賞味しました。また、明洞、カルロスキルでは洋服やメイク、仁寺洞では骨董や書材等々が目の肥やしですが、特に毎回の楽しみは落款づくりです。明洞にお気に入りの印鑑屋さんがあったのですが、残念ながら一昨年に亡くなられ、それから仁寺洞で作っています。今回は別のお店を見つけての新作となりました。
Dsc04678 下段右から二つめが今回の落款です。東海館のスケッチや俳句の署名印に大活躍の印達です。4日の14時にフライトして伊東に着いたのが17時20分でした。一年を通じての完全休養はお正月だけですので、唯一の長い楽しみです。 鋭気を養ったので、この一年精一杯頑張ります。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30