« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月25日 (水)

MOA美術館「光琳アート」観賞

 2/24(火) MOAのI委員長からご案内を頂き、光琳アートを堪能しました。尾形光琳没300年を記念して「紅白梅図屏風」「燕子花(カキツバタ)図屏風」両国宝の揃い踏みです。光琳100年忌(1815年)には酒井抱一が遺墨展を、200年忌(1915年)には三越呉服店が光琳遺品展覧会を、そして今回の光琳アートとなりました。

Dsc05044_2 左面に白梅、右面に紅梅を配し、両面に跨る中央に現代アートのような水流を配したバランス対照の妙に引きつけられる紅白梅図、金地に群青と緑青で描かれた燕子花図は、シンプルの極みのような色彩・デザイン性とリズム感に光琳40代の息吹が迫って来るようでした。また、光琳から多大な影響を受けた巨匠や現代作家の作品の数々に感動し、至福のひとときとなりました。

2015年2月24日 (火)

静岡県市議会議長会より10年表彰 

 2/20(金) 静岡県市議会議長会から市議在任10年の表彰を賜りました。私自身の努力ではなく、応援して下さった皆様のお陰と感謝しています。まさに光陰矢の如し、あれこれ足りない事だらけで、あっと言う間の10年でした。本来なら、私の方から皆様に感謝状を差し上げるべきことと思っています。

Dsc05043 ありがとうございました。

2015年2月12日 (木)

第8回エコキャップ搬出 

 2/12(木) 昨夏の搬出から半年、我が家の駐車場に、また満杯のエコキャップが出番を待っています。親しい友人の計らいで、今回から沼津のM金属様へ搬入することになりました。大きなトラック満載に積み込んだのですが、まだ100キロほど積み切れませんでした。

Dsc05010 Dsc05012 Dsc05015 Dsc05021 Dsc05030 Dsc05038 計量の数字を見て驚きました。今までで一番多い712キロです。ワクチン356人分、累計1991人の子ども達を救うお手伝いができたことになります。嬉しいことです。昨今、あちこちでエコキャップの回収をする団体があるのですが、集めるだけで搬送納入を他人任せにしているケースが見受けられます。最後までの責任を果たし、収集に協力してくれた方々に、貢献の結果を知らせるところまでやってほしいものです。2000人まであと9人、どこまで行き着けるのか?一歩一歩進めて参ります。

2015年2月10日 (火)

菊と桜 

 2/8(日) つかの間の命の洗濯に、家業を早じまいして家内と修善寺へ出かけました。創業は明治からの「菊屋」さんです。渋くて落ち着いた、まさに純和風の佇まいにすっかりご満悦です。

Dsc05004 Dsc05001 Dsc05000 ご用意下さった「漱石の間」は、一間幅の広縁に挟まれた二間続きの和室で、ゆったりと心地良い風情です。あちこちに菊花が用いられた意匠は、時代を歩んできた温泉文化の香りが漂います。夕食では、和洋の懐石に堪能し、辛口の白ワインが更なるスローな時間を楽しませてくれました。
 一夜明けて9日(月)、空からふわふわと白い物です。中伊豆バイパスはチェーン着装寸前です。慌てて朝食を済ませ家路を急ぐのですが、冷川は雪景色・・・ハンドルを硬く握って超スロー運転で、やっと家に着きました。10時から伊東RCの桜植樹事業です。伊東小室桜40本を小室山山腹に植栽するのですが、山体はすっぽりと雪で覆われました。
Dsc05006 Dsc05007 伊東RCの社会貢献事業で、森のボランティアと伊東小室桜を育てる会の協力によって累計130本が植栽されたことになります。小室山には原木があり、NPOまちこん伊東の植栽活動分を含めると約500本にもなりました。2月下旬から3月中旬にかけて紅紫色の大輪が、観光客や市民を楽しませてくれます。特に、芝生広場周辺は見事に咲き誇りますので、是非お出かけください。

2015年2月 7日 (土)

伊東小室桜友好大使「横須賀浄土寺」植樹

 2/6(金) 今年開催の第3回按針サミット IN 横須賀に先駆けて、伊東小室桜友好大使として横須賀浄土寺(按針を奉っている)さんへ伊東小室桜の3年生を植樹しました。伊東市、横須賀市の応援のもと、伊東按針会の協力を得て「伊東小室桜を育てる会」が主幹しました。テーマは「按針が紡ぐ伊東・横須賀市民交流の樹」SINCE1605/日本初の洋式帆船建造410周年記念です。伊東を7時半に出発して10時半に浄土寺着、そして11時から植樹となりました。浄土寺様のご準備は万全で、2名の庭師さんまで待機していたのには驚きました。

Dsc04978 Dsc04980 Dsc04983 Dsc04989 Dsc04996 Dsc04999 先ずは、三浦按針かりんと饅頭でお茶を一服、続いて伊東小室桜ガイドブックに則りしっかりと植樹しました。そして、今日の証に自作の記念額の贈呈です。伊東小室桜を育てる会萩原会長から浄土寺逸見住職に手渡しました。丁度お昼時です。ご住職は、私どものために美味しいお弁当までご用意下さり、ホスピタリティの極みを感じた次第です。伊東小室桜の友好大使事業は駿府公園、富士宮浅間神社に続く3回目となりました。帰りの車中で萩原会長と「今回も良い所にお嫁入りできてよかったですね」と話しました。長き良きご縁を育みたいと思います。
 

2015年2月 5日 (木)

大室高原チェリーロード草刈り整備

 2/4(水) 伊東小室桜を育てる会を主幹として、平成20年度からの3ヶ年で整備した大室高原チェリーロードの草刈り整備を行いました。今回も大室高原自治会・伊豆総合産業KK・NPO森のボランティアの協力のもと、心地良い(高齢者には少々きついのですが)汗をかきました。6年生から8年生に成長した小室桜は、花芽をしっかりと膨らませ、既にチラホラ咲いています。3月初旬には満開になって散策する皆さんに、春の息吹を奏でることでしょう。
Dsc04945 Dsc04974 Dsc04961 今回の草刈りは、700㍍区間に55本の伊東小室桜が際立つように、樹間の雑木と草を刈る作業です。
Dsc04940 Dsc04966 整備前と後では雲泥の差です。素敵なチェリーロードが再生できました。皆さん、お疲れ様でした。 

2015年2月 4日 (水)

第159回東海館みがき隊&第8回県特別支援学校伊豆高原分校コラボ

 2/2(月) 松川沿いの寒桜が咲く中、福田隊長以下、竹内、仲田、稲葉、戸塚、堀、長谷川、平田、里見、佐藤、猪爪、渋谷、杉山の各隊員に二回目の菊間隊員、NPO伊豆の風から城間&杉本さんの初参加と私の17名が、8年目を迎える静岡県特別支援学校伊豆高原分校生徒15名+教諭8名とコラボした総勢40名の第159回東海館みがき隊です。

Dsc04914 Dsc04932 Dsc04937 文化と教育、福祉と観光が複合した有意義な一日になりました。家庭と学校以外で、社会人(大人)と触れあう初めての場所がみがき隊です。雑巾を通して郷土の宝物と接する素直な取り組みが、私達の煤けた心(私だけです)を清々しく洗い直してくれます。畳の部屋が少なくなった建築状況の昨今、生徒達にとって初めての雑巾掛け体験らしく新鮮に感じたようです。終礼の際、家や学校、社会でも、この経験を活かしたい・・なんて嬉しい感想を貰い、思わず泣きそうになりました。さて、みがき隊活動時の駐車場ですが、伊東商工会議所の御協力により、使用させて頂くことになりました。感謝です!次回は3/2春の訪れとともに・・。

2015年2月 1日 (日)

ロック!ダンス!コメディ!JOKER

 1/31(土) 構成・演出/岡崎きよみ、脚本/島田須賀子と15人の仲間達によるエンターテーメント「ジョーカー」を観賞しました。日頃から舞台やイベントへの文化パフォーマンスを展開しているグループを影ながら応援している一人として嬉しさも格別です。

Dsc04900 Dsc04888 Dsc04911 市民自らが、自身の潜在力を集結させ、一つの舞台に仕上げる喜びは一塩であり、終わった後にこみ上げてくる達成感が、次の舞台へのエネルギーになるのです。また、舞台上を支える縁の下の裏方力が有ってこそ、上下一体の心意気が素敵なパフォーマンスを引き出します。そんなステージになりました。

上山レディスクリニック内覧会

 1/31(土) 新たな上山レディスクリニックの開設を前に内覧会に伺いました。上山家とは日頃、NPOや文化振興活動で親しくさせて頂いていますし、新院長は我が愚息の中高の後輩でもあることから喜びも一塩です。

Dsc04882 早速、和也院長が御案内くださり、診察室、分娩室や健康に配慮された入院環境と共に、最新機器を備えた施設は、地元で周産期医療に貢献したいとの熱い思いが伝わってきました。また、腹くう鏡技術認定医の奥様との安全安心体制は、市民が望んでいた地域医療の姿として心強いものです。少子高齢化の現状において、子供を産みやすい「まちづくり」に大きな貢献となるものと期待するところです。

行政視察/高崎市&長野市

 1/27(火) 高崎市は、人口37.4万人、一般会計予算1552億円、何れも伊東市の約5~6倍の行政経営規模です。総理大臣が認定した中心市街地活性化基本計画による事業展開について視察しました。「まちなか商店リニューアル助成事業」は、伊東市が実施している店舗リフォーム事業(予算200万円)と同様ですが、年平均予算約4億円(何と!伊東市の200~400倍)、年800件からの申請を受けるその要因は、助成額が、改装費用の半額、上限100万円である事と思われます。事業者の希望と心を動かす金額は、街を元気にする結果が付いてきています。また、「まちなかオープンカフェ事業」や「まちなかコミュニティサイクル事業」も、市民&観光客の市街地回遊や利便性、そして人々が集うコミュニティを創出する取り組みとして、大いに参考になりました。

Dsc04868 Dsc04869 Dsc04879 1/28(水) 人口38.5万人、一般会計1710億円の長野市では「新1200万人観光交流推進プラン」についての視察です。今年3/14開業に向けた新幹線金沢延伸と善光寺観光に係る5ヶ年キャンペーンの詳細をレクチャー頂きました。何よりも一年度ごとの事業計画ではなく、5ヶ年を一括りとして、各年度を連携させた具体施策を相乗的に推進させる在り方が目指すまちづくりの基本に座っています。歴史ある善光寺を中心とした門前町と松代地区を核とした真田家城下町の礎が、新たな観光戦略に際立っています。しかし、計画立案のベースデータが推計であることの不合理は、観光戦略地として共通のテーマであることを実感しました。国も県も市も、本気で本当の入り込み客数、経済効果等が把握できる仕組みを、統一的に実践するフォーマットを義務づける必要があります。また、両市の商工会議所が、その組織を活用して徹底した周知を行うことで、市民との広聴広報を担っている実感を得たことは、今後の活性施策推進へのヒントとなりました。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30