« 2015年7月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年8月 9日 (日)

第165回東海館みがき隊

 8/3(月) 朝からの厳しい暑さにもかかわらず、福田隊長以下、竹内、仲田、稲葉、堀、手老、佐藤、里見、杉山、横尾、渡辺の各隊員に伊東高校定時制青野教諭、県立特別支援学校伊豆高原分校バレー部生徒6名、教諭3名、そして私と私の後継者青木の23名が集結し、第165回東海館みがき隊の始まりです。生徒それぞれに複数の隊員が指導係を受け持つのですが、あれこれ面倒をみる隊員達の笑顔は孫を見る爺婆の眼差しそのものです。丁寧で一所懸命な生徒達の玉の汗が、故郷の宝物を輝かせます。特に今回は授業としてではなく、自主参加による有志でもあり、取り組みへの意欲がひしひしと伝わってきました。また、伊高定時制の青野教諭は、数ある貢献活動の中から東海館みがき隊を選んでの参加とのこと、嬉しいかぎりです。地域活動に対する学校の方針とのことですが、伊東を知る・人を知る課外授業として素晴らしいことです。これもまた感動ものです。更には、23名の熱中症対策に冷たいお水を御用意下さった東海館のホスピタリティにも大いに感謝するところです。

Dsc05454  Dsc05455  Dsc05456  Dsc05457  Dsc05458  Dsc05465  Dsc05462  Dsc05466  Dsc05472  観光も教育も、表舞台の裏側にある地道な下支えの精神と行動があってこそ、次世代へ繋ぐ架け橋になるのです。終礼は恒例の感想発表です。純真な生徒達が伝える身振り手振りの言葉は、今日を共有した23名の心に響く感動の時間となりました。次回は9/7まだ暑いぞ!

« 2015年7月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30