2014年8月 7日 (木)

ダンスFUN第12回ビートストリート

 8/3(日)  4歳児からアダルトまでダンスFUN約60名と多彩なゲストで繰り広げる第12回Beat Street が観光会館ホールで開催です。代表のMIHOさんのお父上とは、美容界の兄弟弟子の間柄で永い付き合いです。第1回発表会の際にお父上から応援を頼まれてから皆勤賞を続けているところです。今年も多彩なヒップホップがパフォーマンスされました。

Dsc02779 Dsc02781 Dsc02783 Dsc02814 Dsc02825 Dsc02823 流行とは流れ行くもの!ヒップホップの表現も多様に変化する中、時を追いかけ、時に追いつき、時を追い越すパフォーマーとしての成長を毎回見せてくれるダンスFANに期待をしています。

2014年7月 8日 (火)

七瀬けいこ七夕コンサート

 7/7(月)  観光会館ホールで開催された七夕コンサートへお招きを頂きました。伊東在住の歌手「七瀬けい子」さんの歌謡ショーです。数日前にご挨拶にお越しになり、私の住まいと徒歩1分のご近所さんとわかりました。ましてや息子さんご夫婦とは、ご支援くださる親しさなのです。七瀬さんは歌謡生活12年の地元のスターです。少々水臭い・・・とステージから、お祝いとともに御挨拶申し上げました。

Dsc02418_2  Dsc02409_2 Dsc02416_2 一部・七瀬けい子オンステージ、二部・ハン・ジナオンステージの構成で司会は、伊豆見 健さんの名調子です。いずれも演歌の心、日本人の心を音符と詞に載せて歌い上げてくれました。もともとは市長のピンチヒッターでしたが、ラッキーな一夜となりました。

2014年7月 1日 (火)

小山寿香芸能30周年記念公演

6/29(日) 日頃から来賓を迎える公的行事等で「おもてなし」を披露頂く小山寿香さんが、ひぐらし会館に満員の観客を迎えて「小山寿香芸能30周年記念公演」を開催しました。小山貢家元以下10名の津軽三味線にのせて「北海たらつり唄」の高音が響き渡ります。

Dsc02262 Dsc02272 Dsc02273  寿香師範の晴れの舞台に駆け付けたお仲間の若さと素敵さに驚きました。三味線と言うと、ついつい年季を重ねたイメージが浮かぶのですが、二十歳の歌姫には感動すら覚えるほどでした。また、上流から下流に紐解く寿香ヒストリーは、非凡な才能を育て続けている努力がずっしりと詰まっていました。30年は節目の一つです。これから始まる日々の積み重ねが更なる輝きを創り上げるに違いありません。

2013年12月26日 (木)

新ユニット誕生

12/24(火)私の親しい舞踊家岡崎先生と音楽家島田先生のジョイントプロデュースによる新ユニットを市長に紹介した。13名の中高生で編成したユニットが踊り歌うデモストに見入る市長の嬉しそうな表情が印象的だった。会場の市役所ロビーには通りがかった職員や来訪者が足を止めて見入っている。

Dsc00567 Dsc00570 Dsc00574 「オレンジビーチで待ってるわ」の刺し作曲は島田先生、振り付けは岡崎先生のオリジナルである。ユニット名はこれから募集とのことだが、様々なイベントへ協力したいとの思いから結成に至った。もう10年来の付き合いのなかで、子ども達の成長が目に見えて嬉しいかぎりである。伊東の元気づくりのために市民が創意工夫を凝らして活動することが素晴らしいと思う。







2011年4月 6日 (水)

歌と踊りの義援活動

 4/3(日)キヨミジャズダンススクールと島田すがこバンドによる東日本大震災義援コンサートが玖須美元和田のデュオで行われた。清美先生も島田さんも私の市民活動に精一杯の協力をしてくださる仲間なのだ。自分たちが出来る支援を子供達と一緒に表現したいとの思いを伝えてくれたのは二週間くらい前の夜でした。そして今日、50余名の子供達に島田スガコバンド、応援のご父兄と観客が見まもる中、清らかなコンサートが繰り広げられた。

4_022 4_012 4_016 4_004 自分の好きな分野で社会に貢献できる事を身を持って体感する子供達と、その気持ちを大切に見まもり、義援をしてくださる皆さんの暖かさが一体となった素晴らしいコンサートだった。今後も続けていきたい・・・と語ってくれた清美先生と島田さんに感謝である。

2010年12月30日 (木)

伊東温泉紅白合戦

 12/19(日)12時50分から観光会館大ホールで第5回伊東温泉紅白合戦が開催された。そもそもは、冬のよさこいソーズラとラスト花火に花を添えるイベントだったのだが、第3回開催から観光会館大ホールでの単独イベントとして位置づいた。昨年から審査委員長を依頼されたことから、今回の開催にあたって及ばずながら協力出来たことを嬉しく思っている。伊東は勿論だが、近隣や静岡、大阪、東京からもパフォーマーが駆けつけ、活気溢れる盛大な催しとなった。

Img_1731 Img_1742 Img_1745 Img_1750 Img_1751 Img_1760 Img_1763 Img_1782 Img_1785 Img_1793 Img_1803 Img_1812 Img_1818 Img_1821 Img_1837 Img_1840_3 Img_1848 Img_1849_3 Img_1855 Img_1860 Img_1867 Img_1869 Img_1872 Img_1876 歌・ダンス・津軽三味線・フラダンス・ヒップホップ・エイサー・和太鼓・よさこい等々ジャンルを超えた戦いは観客を大いに楽しませた。今年は白組が勝利して大トロフィーを手にしたが、甲乙付けがたいハイクオリティのパフォーマンスを堪能した。最優秀賞は沼津飛龍高校の和太鼓、審査委員長特別賞は熱海高校のエイサー、静岡のヒップホップ/スタジオアーツを選ばせていただいた。後日談だが、市観光課に℡があり、素晴らしいイベントだからもっと市が支援すべきだ!との要望があったそうだ。来年のことを言うと鬼が笑う?が、市長賞を創設して貰おうと思っている。一部の文化人がこのようなパフォーマンスを文化活動と区別をする声を聞くが、幼児から小中、高校生や大人まで、目標目的を持った個々が取り組むレッスンへの姿勢は、礼節を持った教育や自己自立の精神づくりに大いに貢献している。研鑽の成果が評価された涙を私はしっかり見取った。胸が熱くなった。素敵な子供達が歌い舞い演じた大舞台だった。感謝!!

2010年7月27日 (火)

ダンスFAN第8回発表会

7/25(日)ダンスFAN主催のビートストリートVOL8が観光会館で行われた。代表の坂下美帆さんのお父さんと生業を通じた親しい間柄から毎回応援をさせてもらっている。回を追う毎にスキルアップして構成演出も巧になっている。5歳から大人までの生徒達によって繰り広げられるステージは小気味よく熱い。家族や関係者の応援もヒートアップだ。

Img_5380 Img_5387 Img_5391 汗を吹き飛ばして躍動する姿には、好きな事への執着が迫ってくる。日頃のレッスンもかなりなものだろう。ステージ上のパフォーマンスを見ながら、考えさせられた。目的もなく、やりたいことも無い若者のエネルギーが、学校や友達関係での悪しき行為やいじめに偏向している現状と比べて見てしまう。親も学校も、何をしたらいけない・・・教育よりも、何をしたいのかを導く教育を進めるべきと思う。伊東市で中学浪人なんて聞いたこともない。学校へ行かなくても卒業できるのならば、その子にとって興味深く楽しみが得られる道行きを導いていくことも教育なのでは・・・と思っている。

2009年8月 2日 (日)

DANZE SCHOOL FUN BEAT STREET vol.7

 8/2(日)14時から、友人が主催するダンススクールの発表会に挨拶に伺った。観光会館大ホールには沢山の観客が溢れ、若者の熱気が伝わってきた。昨年から縁の下のお手伝いを始めたのだが、今回は私が進めている市民活動「地域エコ通貨温銭」運営委員会が協力態勢をとって、及ばずながらバックアップさせてもらった。Img_2356 Img_2349

Img_2340  開会に先立って、温銭の主旨と仕組みを紹介させてもらい、いよいよ緞帳があがる。舞台の袖には、日頃のレッスンの成果を見せようと生徒達がひしめいている。親も大変である。

Img_2343 Img_2348真上からおろすサスライトと サイドと正面からのスポットに照らされたダンスシーンはメリハリの利いたストリートパフォーマンスだ。幾つかのステージに割り振られた年齢別チームが自分たちらしい振り付けでストーリーを表現していた。

Img_2355_2 Img_2352_2Img_2358 Img_2361 Img_2372実は、ダンススクールFUN代表の父親と美容の兄弟弟子になるのだ。今日もお父さんは出演者のヘアを作り、大きな汗をかいている。地元のヘアサロンも応援してくれた。様々な人達に支えられてフィナーレが迎えられるのだ。主催者の感慨は一塩だろうが、出演した生徒達の感激も人生の嬉しい一ページになる。自分以外の人に良いことをしてあげたり、時には自分もしてもらったり・・・こんな為人(ひととなり)を循環して心地良い関係と環境をつくる活動が「温銭」である。もっともっと理解を広げられるように取り組みに力を入れる。

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30