2015年3月26日 (木)

「伊東アンテナショップ」in勝どき

 3/24(火)伊東市が企画しているアンテナショップの現場視察に会派有志で訪ねました。「フーダーズショップ勝どき」内の設置スペースを確認し、担当から施設のコンセプトと周辺状況、今後の展望に対する説明を頂きました。天にそびえる巨大なマンションが林立し、今も大きなクレーンが起動して建設の息吹が伝わって来ます。新世代富裕層が息づく勝どきから郷土伊東の発信が機能すれば、ひと・もの・しごとの伊東流入の大きな起爆剤になる筈です。斬新で興味をそそる運用の仕方に期待をするところです。

Dsc05168 Dsc05173 Dsc05176 Dsc05177  Dsc05172Dsc05191 Dsc05194 Dsc05204  Dsc05201

 次ぎに「築地にっぽん漁港市場・網代定置網」を訪ねました。網代水揚げの魚を早朝に運び込んでの販売宣伝拠点です。伊豆半島の魚介で東京や関東周辺住民の舌をうならせたいものです。更に有楽町の東京交通会館地階にある静岡県観光案内所です。県内各地のお茶をメインに東・中・西の観光商品や情報を配信する出城です。ここでは県内お好みのお茶とお菓子を選んで頂き、400円で提供しています。伊東のぐり茶とお菓子が無かったのは寂しい気がしました。改めて感じることは、市県の情報交換をもっともっと密にしなければ成果や効果は生まれません。出店するだけではもったいないことです。活用への創知協働が必要です。

2015年3月23日 (月)

国際交流フェス&伊東ジオセンターオープン

 3/22(日)市役所ロビーで国際交流フェスティバルが開催されました。国内外から多数の団体が参加して特徴のあるブースを展開しています。茶道やお琴、吹奏楽やバザーに沢山の人達が交流を楽しんでいました。
Dsc05151 私はお抹茶を戴いていたのですが、日本情緒に浸ってばかり居られません。12時からの伊東ジオパークビジターセンターオープンの為に伊豆高原駅へ大急ぎです。桜祭りの最中でコンサートも催され、多くの市民や観光客の注目の中ででテープカットとなりました。場所は、陶芸家辻照子さんの美術館だった所で、駅構内の大変良い立地です。
Dsc05153 Dsc05158 Dsc05165 ジオガイド協会田畑朝恵会長の案内で、丁寧な説明とジオ体験をさせて頂きました。今後は、内容の充実を図り、このビジターセンターを伊豆ジオの起点として、多くの方々に火山がつくった贈り物を堪能されることを期待しています。

2015年2月24日 (火)

静岡県市議会議長会より10年表彰 

 2/20(金) 静岡県市議会議長会から市議在任10年の表彰を賜りました。私自身の努力ではなく、応援して下さった皆様のお陰と感謝しています。まさに光陰矢の如し、あれこれ足りない事だらけで、あっと言う間の10年でした。本来なら、私の方から皆様に感謝状を差し上げるべきことと思っています。

Dsc05043 ありがとうございました。

2015年2月 1日 (日)

行政視察/高崎市&長野市

 1/27(火) 高崎市は、人口37.4万人、一般会計予算1552億円、何れも伊東市の約5~6倍の行政経営規模です。総理大臣が認定した中心市街地活性化基本計画による事業展開について視察しました。「まちなか商店リニューアル助成事業」は、伊東市が実施している店舗リフォーム事業(予算200万円)と同様ですが、年平均予算約4億円(何と!伊東市の200~400倍)、年800件からの申請を受けるその要因は、助成額が、改装費用の半額、上限100万円である事と思われます。事業者の希望と心を動かす金額は、街を元気にする結果が付いてきています。また、「まちなかオープンカフェ事業」や「まちなかコミュニティサイクル事業」も、市民&観光客の市街地回遊や利便性、そして人々が集うコミュニティを創出する取り組みとして、大いに参考になりました。

Dsc04868 Dsc04869 Dsc04879 1/28(水) 人口38.5万人、一般会計1710億円の長野市では「新1200万人観光交流推進プラン」についての視察です。今年3/14開業に向けた新幹線金沢延伸と善光寺観光に係る5ヶ年キャンペーンの詳細をレクチャー頂きました。何よりも一年度ごとの事業計画ではなく、5ヶ年を一括りとして、各年度を連携させた具体施策を相乗的に推進させる在り方が目指すまちづくりの基本に座っています。歴史ある善光寺を中心とした門前町と松代地区を核とした真田家城下町の礎が、新たな観光戦略に際立っています。しかし、計画立案のベースデータが推計であることの不合理は、観光戦略地として共通のテーマであることを実感しました。国も県も市も、本気で本当の入り込み客数、経済効果等が把握できる仕組みを、統一的に実践するフォーマットを義務づける必要があります。また、両市の商工会議所が、その組織を活用して徹底した周知を行うことで、市民との広聴広報を担っている実感を得たことは、今後の活性施策推進へのヒントとなりました。

2015年1月13日 (火)

伊東市成人式

 1/11(日)素晴らしい好天に恵まれ、伊東市成人式が開催されました。今年の新成人642人が、思い思いの晴れ着で装った華やかなひとときでした。実行委員となって準備に汗をかいた皆さんは大変な御苦労だったと思います。その分感動も一塩だったことと、御家族もお喜びのことでしょう。

Dsc04760 Dsc04766 Dsc04751 式典の最中でのヤジは相変わらずありましたが、相対的には穏やかに進行したものと思われます。私は美容師が生業なので、ついついこの日一番のもりもりヘアをチェックしました。後で聞いたのですが、会場に2台のリムジンを連ねて乗り付けた猛者?もいたそうです。成人式がコスプレ擬きのパフォーマンスにならない事を望むところです。新成人の皆さ~ん、おめでとうございま~す。

2015年1月 8日 (木)

27年度伊東市消防出初式

 1/6(火)そぼ降る雨の中、平成27年度伊東市消防出初式が行われ、年始め最初の公務として出席しました。市内4方面隊17分団団員の中から、消防庁長官表彰他各表彰が行われました。本来ならば伊東駅南口線で分列行進と消防車のパレードがあるのですが、雨のために中止となりました。また、藤の広場前松川河畔での一斉放水では、団員達の意気盛んな姿と日頃の訓練の成果が如実の表れたダイナミックさに感動しました。

Dsc04693 Dsc04717 Dsc04733 市民の日常の安全安心と命を守る消防団の方々は、仕事を持ちながらも献身的な貢献活動に努めています。あらためて敬意を表し心から感謝を申し上げます。また、支えて下さる御家族の皆様にも重ねて御礼申し上げます。

2014年12月19日 (金)

浜岡原子力発電所視察

 12/18(木)議員有志11名で中部電力浜岡原子力発電所の視察会を実施しました。その概要と組織図、設備と仕組み、安全向上に向けた取り組み等三時間にわたる濃い内容です。そのプログラムは、綿密勝つ効率的に組まれ、現場の実況の中で体感できるものでした。特に幾重にも仕組まれた安全確保の機能と物理的な現状は驚くばかりでした。しかし、五号機までの稼働が一切無い中で、その安全対策に3000億円が費やされていることの不合理も感じざろう得ませんが、あくまでも新たな規制基準への適合を目指して総力を挙げているとのことでした。

Dsc04481 Dsc04485 Dsc04484 Dsc04483 太陽光や風力などで全ての電力が賄えれば一番良いのでしょう・・・が、なかなかそうも行きません。中電では、原発停止前は、火力発電7割、原発2割だったが、停止後は火力で9割を補っているものの、その内の6割が政情不安定のカタールからのLNG輸入に頼っている。これに約3000億円が費やされ、私達の電気料負担に影響を与えています。原子力エネルギーを全て封印することは、電気を極力使わない生活を一人一人が心掛ける徹底無くしてあり得ないでしょう。エネルギーの選択とリスクについて、それぞれが考えなければなりません。安全、危険いずれにも絶対はありません。廃炉にしても使用済み燃料の処理が残ります。う~ん・・・困りました。

2014年11月29日 (土)

第7回市政報告会

 11/23(日)西島あきら第7回市政報告会をひぐらし会館で行いました。報道にも通知せず、仲間の口コミだけでしたが120名が駆けつけて下さいました。特に21日の衆議院解散から間がないタイミングでしたので、私ごときの声掛けに足を運んで下さるのか・・・と心配しきりでしたからホッとしました。「議長席から見えたもの・・・」をテーマに、市民の姿が見えない議場、市政への興味を抱かせる議員活動、対外的議長公務の意義等をお話しさせて頂きました。また、「知っているようで知らない市政の数々・・・」と銘打ったQ&Aでは、ゴミ行政と市民のすべきこと、入湯税の仕組みと価値づくり、姉妹都市・友好都市の意味、空き家・空き地の活用と市営住宅の考え方、子育て世帯の誘致、リピーターが飽きない伊東の観光施策、市議会議員の報酬と評価、産業別人口の推移、行政区や町内会等住民組織の重要性と参加要請、伊東市財政の市民一人当たりの貯金と借金等々ざっくばらんな参加型報告会となりました。開催準備に奔走してくれた後援会有志の皆さん、そして御参加下さった皆様に心から感謝を申し上げます。

2014年11月15日 (土)

第4回富士山・駿河・伊豆交流会議 IN 下田

 11/12(水)下田で第4回富士山・駿河・伊豆交流会議を開催しました。県東部の各市議会議長へ呼びかけた情報交換交流会議です。今回は、沼津市・熱海市・御殿場市・裾野・伊豆市・伊東市そして下田市と7議長と3前議長が揃い、下田市の企画で有意義な一日となりました。先ずは、前田案内人のガイドでペリー上陸記念公園、開国記念碑の下田公園、下田市出身の写真家下岡蓮杖の碑、下田市指定歴史的建造物旧澤村邸、ペリーロード、そして了仙寺で松井大英住職による講話「鎖国と開国~日本の異文化交流について」を受講しました。その後、了仙寺宝物館で興味深い開国の歴史を目の当たりにして、改めて下田が担った日本とアメリカの架け橋として、その深さと凄さを痛感しました。

Dsc04001 Dsc04011 Dsc04015 Dsc04028 Dsc04030 Dsc04036 Dsc04039 Dsc04046 Dsc04047 会議では、当交流会議が県議長会へ挙げる意見書を伊豆市から提案することを確認し、「伊豆は一つ」の具現に向かって進化することを共有し、この連携を更に増幅する為の努力を誓い、次の第五回開催市を伊豆市に決定して終了しました。

伊東市消防総合訓練・第27回健康フェスタ

 11/9(土) 9時から伊東市消防総合訓練を視察しました。市庁舎からほど近い大原町の高台が訓練場所第1・第3方面隊が集結し、火災発生のスピーカーが鳴ると瞬時に機敏な消火作業が展開されました。高台の水利は水圧の関係で放水出来ないことが有るようです。過去に松原神社周辺の火災で民家が焼失したことから、神社境内に100㌧の防火水槽を提案し、もしもの準備は整っています。地域、地形、道路環境等々と多様な条件下でも消防機能が実行されるための訓練です。

Dsc03948 Dsc03949 Dsc03954 終了後、市役所ロビーで開催している第27回健康フェスタに移動しました。日頃の健康管理に対する啓蒙と警鐘のブースが並んでいます。一日に必要とする野菜の量350グラムを秤の上に目分量で載せてみました。私自身は野菜を食べるようにしていますが、結構な量に自信が揺らぎます。次にTANITAの測定器による全身チェックを恐る恐る受けると、体重、体脂肪率、筋肉量、推定骨量等々何とか標準範囲に入ってホッと一安心です。アスリート指数はスタンダードの上の方で、若い副議長に自慢をしてやりました。
Dsc03957 Dsc03965 Dsc03961 議長を退任して外食が随分減りました。家庭での食事では、野菜を特に多く取れるように家内が工夫してくれています。自分の身体は自分が、家族が気を付けることですね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30