2014年11月29日 (土)

奥野はなのみち整備支援

11/23(日)奥野はなのみち整備の応援に、私の仲間である玖須美の区議OB等で構成している「富玖の会」とボランティア支援団体「汗の会」とともに支援活動をしました。過去数回の支援活動では、鹿害予防ネットの設置、植樹、枝切り、草刈り、ゴミ拾い等を行いましたが今回は、桜の植樹と植栽環境の整理が目的です。主体は伊東西RCの植松氏で、当日は約30名が参集しました。

Dsc04093 Dsc04098 Dsc04100 Dsc04101 Dsc04112 Dsc04114 Dsc04117 Dsc04120 Dsc04121 Dsc04116 Dsc04124 雨の後だったこともあり散策路はぬかっていたので作業の車も大変です。今回は散策する方々との出会いは殆ど無かったのですが、歩くにも大変です。市内の伐採整備で排出した枝をチップにして敷き詰めるのも一考と思いました。補修資材が土に帰るのですから自然の循環になります。枝をゴミとする場合は、経10㎝以内で50㎝位に切りそろえて排出するのが規則です。結局美化センターで燃やすのですから、チップロードは合理的活用だと思います。

2013年4月25日 (木)

「満開のつつじ」小室山ウォーク

 4/23(火)RCの例会はお昼から、久し振りの貴重な自由時間を小室山までウオーキングすることにした。我が家から家内とのんびり道草しながら40分で到着した。東屋に着いて見渡すと、先輩楠田議員の奥様が大パノラマを楽しんでいる。声を掛けて驚かせてしまった。先輩は?訪ねると、下方を指さして・・・「ほらっ、あそこにいるわ」右に左にカメラアングルを探している様子です。何度となく手をふったのだが・・・気づかない。

Dscf6193 Dscf6194 Dscf6195 Dscf6198 Dscf6202 Dscf6203 Dscf6197 Dscf6206 Dscf6200 楠田夫人と別れて小室山を見上げた。リフトから左側には市民活動としておよそ400本の伊東小室桜を植えた。10年経つと2月後半から3月は桜の花見、そして椿の花見、つつじの花見と5月まで続くことになる。小室桜は今年も100本の植栽を予定している。

Dscf6209 Dscf6212 Dscf6213 帰りがけに椿園を歩いてみた。咲いても落ちても鮮やかな椿色に感銘を受けながら135号線に出た。結局ガストで朝食となった。太り気味を気にしてのウォーキングだったのだが、いつもより多いモーニングとなってしまった。4/29~5/5が椿まつりなのだが、気候のせいで今が満開!予定を前倒して20日からライトアップを始めた。今度はナイトウォーキングをしよう!!!








 





2012年5月30日 (水)

伊豆ガーデニングクラブ花苗フリマ

5/27(日)ごみゼロ運動を終え、汗の会同志2名を伴って伊豆高原イトーピアへ向かった。10時からのフリマは、既に佳境を過ぎていたがまだお客さんが買い物を楽しんでいた。管理センター隣の芝生広場は、高原の風が清々しく爽やかである。

Dscf2302 Dscf2303 Dscf2304 私はガーデニングクラブに籍を置いているのだが花苗には目もくれず、小麦饅頭とお餅とネギに駆け寄り購入した。本当は黒米か五穀米を欲しかったのだが既に売り切れていた。残念だ!!歩き回る我々3名の背中には、大きく「汗」と書いてあるので、あちこちで質問をされる。その度に貢献活動団体の活動を支援する元気の良い仲間達だと説明する。我々でできるお手伝いがあれば申しつけて下さいと伝え、おいとました。 





2010年11月 3日 (水)

伊豆ガーデニングクラブ秋のフリーマーケット

 10/31(日)あいにくの雨模様だが、伊豆ガーデニングクラブ恒例の「秋のフリーマーケット」が開催された。私は当クラブの末席に置いて貰っている会員の一人として、このマーケットには出来るだけ伺う事にしている。10時前に到着すると、既に開店の準備完了のブースやこれから準備のブースが色々だ。来客も既に掘り出し物を物色している。10/30・31の大室高原自治会の文化祭が台風のために一週間延びたことで顔見知りの皆さんとお会いした。雨は次第に止んでくる。いつも頑張っている皆さんの熱気に押し返されたようだ。Img_6276 Img_6278 Img_6279 Img_6280 花や苗は勿論だが、お餅・ケーキ・梅干し・ラッキョウなどなど全て手作りだそうだ。すぐ今日の食卓に載るのだから楽しい。洋服屋さんも軒を連ねていた。森下会長にご挨拶申し上げて次の日程へ移動した。

2008年10月26日 (日)

秋のフリーマーケット

Img_0513 10/26(日)10時から伊豆ガーデニングクラブ主催の秋のフリーマーケットがイトーピア管理センター隣苑で行われた。あいにくの雨模様に出店者もお客様もゆったりした楽しみ方が出来ないようだ。私も当会会員の一人として、荒天時の対応をテーマとして検討とたいと会長に伝えた。

Img_0514 Img_0515 Img_0516 Img_0518 Img_0519

花、苗、色々な手作り品も多彩である。初めて眼にした「黒米」が大変珍しい!食べたことはあるのだが・・・インテリアとして飾れそうである。今回は近隣市外からツアーを組んで約80人が参加とのことだった。私は次の日程があり来場前においとましたのだが、益々盛んな伊豆ガーデニングクラブの今後に大いに期待をしている。

2008年7月19日 (土)

伊豆ガーデニングクラブ

 7/16(水)伊豆ガーデニングクラブ箱根バスツアーに参加させていただいた。

Img_2442 Img_2441 Img_2439 Img_2440 Img_2438

 伊豆高原駅から順次乗り合わせて、私は9時10分に伊東駅から同乗した。総勢32名のガーデナーが参集したことになる。十国峠を過ぎ芦ノ湖が眼下に開けた。最初の見学は箱根芦ノ湖野草公園である。到底数え切れない程の山野草が彩りを競っている。あるがままの自然ではあるものの、もう少し手を入れて欲しいと感じたのは、私だけではなかったようだ。

Img_2444 Img_2443 Img_2445 Img_2447 Img_2449 Img_2448 Img_2451 Img_2452 Img_2454

 箱根プリンスでの昼食バイキングの中、新会員11名が合流した。仙石原を中心とした箱根の地区会員が伊豆ガーデニングクラブに参加して、様々な交流を進めていくとのことだった。花、庭、人の繋がりが地域を越えて培われていく活動に感銘をおぼえた。

 2番目の見学場所、箱根湿性花園は手入れも行き届き、爽やかな空気と晴れ晴れとした視界が心和ませてくれた。記念に「箱根こめつつじ」と「うめもどき」のミニ盆栽を購入した。ツツジの種類は沢山あろうが、高山・気候・地質などで、その地のみの植生が生まれののだろう。小さな葉で、地に這う様に枝を伸ばしDNAを伝え永らえる箱根こめツツジに心奪われた。Img_2459 Img_2458

 帰路は、小田原から熱海、そして伊東に到着した。ご準備から取りまとめ、行程でのお世話と大変なご苦労をお掛けした幹事の皆様には心から感謝を申し上げる。今年からの新人会員として参加させていただいた私は、これからの活動に何が出来るのかを思量しながら楽しみたいと考えている。

2008年6月 1日 (日)

花の苗フリーマーケット

 6/1(日)伊豆ガーデニングクラブ主催の「花の苗フリーマーケット」をのぞいてみた。

Img_2251 Img_2252

 一碧湖を右に見てケヤキ坂を走る。20世紀美術館を過ぎ左にバターノート、その先右側のテニスコート下の広場には沢山の花大好き人間が集まっていた。出店者の多くは会員の皆さんである。自宅の庭で丹精した花々が格安の値段で提供されている。私も今年から会員の一人に加えていただいたのだが、思わずあれこれと買ってしまった。

Img_2253 Img_2255 Img_2256 Img_2257 Img_2258 Img_2254

 色とりどりの草花に混じって椎茸の菌を打ち込んだ木を見つけた。実は1年前にも2本買って家の裏に立てかけてある。早く椎茸が生えて来ないかと・・・ヨダレを我慢して待っているのだが一向に変化がない。聞いてみると1年半しないと出てこないそうだ。どうも口に入るのは来年のようだ。そこで、もう1本買うことにした。また楽しみが増えた。

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30