2014年10月12日 (日)

「伊東の海岸を守る会」清掃活動 

 10/9(木) 秋祭りも近いこの時節恒例の海岸清掃に参加しました。湯川から松原に至る海岸を、地域や各団体の皆さんによってゴミが拾われて行きます。観光協会から渡された大きなビニール袋がみるみる膨らみます。台風の影響もあって漂着ゴミは仕方ないにしても、タバコの吸い殻や花火の残がいがことのほか目に着きます。毎回参加される団体の中で、タバコ組合が一際多人数でゴミ拾いに精を出しているのは、その責任感からでしょうか?私は、松まち会の一員として年2回の松川清掃を行っていますが、捨てられたゴミに多くのポットボトルがあることから「お茶の伊藤園」さんに協力を要請してみました。もう4年に渡って毎回4ケースのお茶の提供とともに社員さんが清掃活動に汗をかいてくれています。売った後のことにも目と気を配ることは大切ですね。拾う前に先ず捨てないモラルです。

2014年9月21日 (日)

玖須美敬老の集い第6回「元気でありがとう」

 9/14(日) すっかりお馴染みとなった玖須美敬老の集い第6回「元気でありがとう」が観光会館別館で開催されました。阿部実行委員長から相談を受けて企画構成、会場設定、出演者手配、市補助金手続き等々をお手伝いして6年目を迎えました。勿論、玖須美区の関係各位の協力が有ってこその継続と感謝をしています。今年も173名の敬老者に御参加頂き、温かくて楽しい2時間を過ごすことができました。

Dsc03413 Dsc03429 Dsc03433 Dsc03440_2 Dsc03447 Dsc03443 Dsc03456 Dsc03462 Dsc03468 Dsc03481 Dsc03483 Dsc03491 協力下さった皆さんを含めると総参加者275名の一大イベントです。その総費用約60万円ですが、市地域敬老事業としての補助金約40万円が交付されるので、地域の高齢者お元気コミュニティが充実することや、準備やパフォーマンスする「労?若男女」との交流が、次世代づくりへの意識共有になることの意義は大きいはずです。これからも工夫を凝らして盛り上げていきたいと思います。
 

2014年8月28日 (木)

ライフケア大山の里第4回納涼祭

 8/23(土) 南玖須美の丘にあるライフケア大山の里の第4回納涼祭が開催されました。施設長との友好の中で、4年前からお楽しみのパフォーマンスをコーディネートしています。今回は、フラダンスのLeiマカロア、島田スガコバンドをプログラムに組み込み、歌と踊りでお楽しみ頂きました。

Dsc03209_2 Dsc03212_2 Dsc03217_2 朝からの雨も5時の開始にはすっかり上がり、芝生が張られたフリースペースには施設利用者とご家族の皆さんが陣取っています。繰り広げられるパフォーマンスに手拍子したり、合唱したりの笑顔を見ながら、これからも地域支援活動として磨きをかけようと思いました。

2014年7月22日 (火)

音無神社第3回「愛染祭」

 7/21(日) 一昨年立ち上げた音無神社「愛染祭」が第3回目を迎え、初の夜開催です。まだ明るい午後4時、下田宮司による神事から御来賓各位のご祝辞、そして明神会による神楽の奉納です。式典はここで一息、今回初企画の夜店コーナーが賑わいます。焼そば・フランク・ビール・オモチャ・かき氷などが会話を誘い交流が深まります。

Img_8707 Img_5217 Img_9750 さぁ!ここからアトラクション開始です。創作太鼓「和楽」、島田すがこバンド、キヨミジャズダンススクールが時を忘れさせるパフォーマンスを繰り広げます。マリにゃんの飛び入りサプライズには老若男女大喜びです。夜の帳が降りるにつれ、境内の提灯が光りを増してきます。夏祭りの風情が絶好調となって大ジャンケン大会が始まりました。全員参加の勝ち抜き戦です。最優秀者には扇風機、末当を含めて50点の景品が飛び交います。昔から鎮守の森はコミュニティの場所でした。あらためて地域の元気づくりにはお祭りが最適と実感しました。

2014年6月17日 (火)

碧の園ボランティア「ほたるの会」湯の花通りフリマ

6/15(日)商店街の賑わいづくりとボランティア活動をリンクしたフリーマーケットが湯の花通りで行われました。主体は碧の園ボランティア「ほたるの会」と場所を提供した湯の花通り共栄会との協働です。ほたるの会の執行部と私は様々な地域活動で汗をかく仲間です。今まで出店していた場所の利用ができなくなり、相談されたことから湯の花通りに繋いで実働となり、今回で2回目です。人通りが多いことから成果も上がって笑顔が増えたと報告を頂いています。

Dsc02172_2 Dsc02178 Dsc02184_2 ほたるの会は、傷がい者支援施設「緑の園」のボランティア団体で、日頃から入所者とのふれあいを密にコミュニィを築き、多様な活動で日常生活を下支えしています。商品の手配について質問すると、仲間での供出とともに、御寄附くださる方々の協力に感謝しているとのことでした。様々な支援が新たな支援を生む良循環が人と人を繋ぎ賑わいづくりに貢献するものと考えています。更なる輪をひろげてまいります。

2014年6月 2日 (月)

ごみゼロ運動クリーン作戦

 5/25(日)消防ポンプ操法競技会で挨拶を済ませ、市長車に同乗させて頂き大急ぎでごみゼロ運動クリーン作戦へ向かいました。45団体1440人の一大ミッションです。私は「ゴミは一つ拾えば一つ減る、一つ捨てれば一つ増える。美しい街を創ろうとする一人一人の気持ちで国際観光温泉文化都市として恥ずかしくない伊東をつくろう」と挨拶しました。

Dsc02127_2 

2014年2月 8日 (土)

第59回伊豆大島椿まつり・伊東市民号

 2/2(日)第59回伊豆大島椿まつり・伊東市民号に参加しました。先の台風災害復興支援として東海汽船(株)による企画です。伊東&熱海からおよそ180人が高速ジェット船に乗り込み、バス3台に分乗して被災状況を踏まえての島巡りをしました。あいにくの雨と霧で視界が極限に悪く、諸処の確認は出来ませんでしたが、大島を訪れることが復興支援であるものと考えることと致しました。特別料金の上に東京都の補助事業として3000円のキャッシュバックというラッキーにも恵まれ、参加された方々との交流も意義有るものとなりました。

Dsc00943_3 Dsc00951 Dsc00956 Dsc00960 Dsc00970 Dsc00976 帰り際の時間を活用して近くの売店&食堂にお願いして「くさや」を焼いて貰って食べました。なんてったって強烈な臭いです。でも味は絶品でした。伊豆の仲間としてお互い支え合って頑張りましょう。
















2013年12月26日 (木)

新井神社恵比寿神奉納奉告祭

12/24(火)伊東自然歴史案内人会の予てからの願望が叶った。七福神巡りのなか、唯一実像のない新井神社の恵比寿神が、株式会社石井石材様の御厚志によって寄贈され奉納奉告祭が行われた。市長をはじめ行政・地域・経済・市民が参集しての神事、除幕式は思いも格別である。

Dsc00552 Dsc00560 Dsc00426 この秋に案内人会の親しい友人から相談を受け、直ぐに石井石材様に協力を仰いだ。何と!即答で快い返事を戴く大感激の瞬間だった。380㎏の恵比寿神に480㎏の台座、更には設置に係る一切の施行まで全てを石井石材様の御寄付で建立できたことに唯唯感謝の一語に尽きるものである。また、井上宮司の協力があって神事も滞りなく終えることが出来た。お正月の七福神巡りは数段の充実がはかられること受け合いである。文化、観光、教育等々利用価値は計り知れない。民×民協働の成果である。







2013年11月25日 (月)

奥野はなのみち整備作業

 11/17(日)9時から奥野はなのみち整備作業の応援活動を行った。伊東西RCのメンバーである植松氏からの要請で、私が関わる「富玖の会」と「汗の会」の有志が駆けつけた。桜と紫陽花を植栽しながら、既植の樹木の整備や陽を遮る樹木の伐採等に汗を流した。

Dsc00069 Dsc00060 Dsc00066 Dsc00061 Dsc00063 Dsc00073 何気に咲いている野花に癒されながらの作業もまた楽しいものだが、道脇の藪に捨ててあるゴミには腹立たし思いだ。ウォーキングの方々と随分出会ったが、残念ながら心無い誰かが居るに違いない。お昼頃に終わり、東屋でのお弁当はまた格別だった。
















2013年9月29日 (日)

「富玖の会」区有地草刈り作業

9/29(日)8時半から玖須美区有地の草刈りと倒木の整理を行った。請け負ったのは「富玖の会」元区議のオールドパワーズです。私もその末席を汚しながら、様々な活動や楽しきことを共に過ごさせて戴いています。

Dscf7855 Dscf7856 Dscf7858 Dscf7865 Dscf7866 Dscf7862 今日は10人が参加しましたので、合計年齢は700歳から730歳の間と予想されます。それにしてもパワフルです。遊休の区有地は、荒れれば荒れるほど更なるゴミ捨て場となります。綺麗な所にはゴミは捨てられないのが心理のようです。カン、ビン、ペットボトル、金属、パイプ、木片、生活ゴミ等々雑多に捨てられていました。また、直径45センチはある倒木や枝類は無数です>無敵の六さんがチェーンソーで切り、電気釜で刈っていきます。私達はそれを米袋に入れて更に市指定ゴミ袋をかぶせます。

Dscf7850Dscf7867 Dscf7842Dscf7870 ピントが合っていませんが、こんなに綺麗になりました。地場産品の「地産地消」のように、地元の環境保全も「地働地快」が気持ち良いですね!!








 

 
















最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30